Merida 台湾の世界第二位の自転車メーカー 通販OKコスパよし


Meirda、美利達、メリダインダストリーは自転車王国台湾の総合チャリブランドです。実質的に最大手のGIANTに次ぐ業界第二位の自転車メーカーです。

 

ちなみに三位はどこでしょう? はい、中国本土のXDSです。日本ではウルトラマイナーです。一応、あさひやワイズロードが正規取扱店です。

 

メリダの製造拠点はアジア、デザイン部門はドイツのシュトゥットガルトにあります。典型的なユーラシアン・シルクロード・バイクブランドです。ドイツブランドのセンチュリオンはメリダの傘下です。

 

メリダの創業は1972年です。同年にGIANTもスタートします。いずれがOEMや下請けからスタートして、業界の1位2位になりました。

 

いまや自転車は台湾の主要産業の一つです。GiantとMeridaは台湾の顔です。げにチャリのフレームとPCのマザーボードは台湾ですー。うちのパソコンのビデオカードはASUSだし、フレームはこうだし、ははは。

 

世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム

世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム

 

スペシャライズドの大株主でアンカーのOEMを手がける

 

業界的にメリダのイメージ=オフロードバイクです。MTBは最強クラスです。なぜなら、北米で圧倒的な人気を誇るスペシャラズドのバイクがメリダ製です。

 

てか、スペシャラの株式の49%はメリダのものです。そして、創業以来、スペシャラは自社工場を持ちません。『外見はスペシャラ、中身はメリダ』てのはチャリギョーカイでは有名なはなしです。

 

また、ほかの北米系古参ブランド、シュウイン、キャノンデール、GTなどなどのいずれがメリダと何らかのコネを持ちます。けっこうな数のチャリがGIANT、MERIDA、KINESISです。

 

日本の代表的自転車ブランドのブリジストンアンカーもメリダ製です。オーダーのクロモリ以外はチャイナ製です。むしろ、台湾・中国製以外のフレームがレアケースです。

 

イタリア製、フランス製、ドイツ製、USA製、ファンタジープライスです。

 

そう思うと、日本製のパナソニックのフルオーダーフレームの良心的な価格設定にほっこりします。そこそこのボリュームを作れるのはもうブリジとパナソくらいでしょう。あとは個人のビルダーになっちゃう。中小企業の中がありません、フレーム屋さんには。

 

で、メリダは北米のMTBの草創期から初期ブームの屋台骨をがっちん支えた縁の下の力持ちですから、基礎のスピリットはMTB屋さんです。ロードバイクの印象はすこし薄れます。

 

ことさらに日本での知名度は数年前までマイナー中のマイナーでした。台湾=自転車=GIANTがほぼ方程式です。

 

しかも、先進国ではスペシャライズドのバイクがぽんぽこ売れます。DEMO8、ENDURO、TARMAC、VENGE、オン・オフロードのハイエンドは名作揃いです。逆にエントリークロスやハイブリ系はいまいちです。キャノンデが勝ちます。

 

そのおかげでメリダ名義のオリジナルロードを無理に売らずとも、スペシャラの売り上げでビジネスをできます。さらにメリダの国内代理店のやる気が低空飛行でした。

 

実際問題、売り手にメリダのプロモーションはけっこうな難題でしょう。性能は最強クラスですが、知名度は最低クラスで、ブランド力は???です。

 

コスパでアピールしようにも、知名度で勝るGINATに引けを取りますし。こんなGIANTストアをずどーんと建てられたらねえ・・・

 

GIANTストア箕面

GIANTストア箕面

 

この箕面のコンセプトストアにはGIANTのオンロード・オフロード、シティバイクからキッズモデルまで全モデルがあります。アジア最大のGIANTストアの面目躍如です。威容は完全に基地です。

 

うらはらに心斎橋のど真ん中の女性向けのLIVはおしゃれですしね。囲い込みがえげつないレベです、ははは。

 

代理店変更で通販解禁に

 

つい最近までメリダの販売方式は他の人気ブランドみたいに通販NGでした。おなじみの店頭訪問、対面販売です。なんで購入ハードルを上げちゃいますか~。店頭に行ったら、キャノンデとかスペシャラとかに目移りしちゃいますのに~。

 

そんな状況ががらっと一転します。代理店が変わったか、営業方針が変わったか、ネット通販がOKになりました。魅力的な通販商材の誕生です。コーダーブルームに頼らずとも!

 

あさひ、ワイズ、ムーンバイクス、カンザキ、ウエムラのネットストアから買えます。さらに20-30%オフのお勉強価格がひんぱんにあります。

 

ライバルのGIANTが上記のようにコンセプトストアで囲い込みを強化します。意外にもGIANTの自転車の通販NGです。Gaint jpはネットより実店舗回帰に力を入れます。そろそろ直販をしないかな~。

 

グッドコスパの高性能なバイクを手軽に買うし! て人にメリダの正規取扱店の通販はベターなチョイスです。

 

とはいえ、30%以上の割引はそんなに見ません。シマノパーツみたいに正規取り扱い小売店の値引率の上限が横並びです。30%前後が目安のようです。型落ちの車両がそんなにないかな?

 

実際にメリダの2016モデルは良く見ますが、それ以前の年式のセールがほぼありません。じゃあ、2015年がメリダの国内販売のターニングポイントのようです。

 

ワイズロードはわりにメリダ推しです。この前、初心者の一見さんぽいお客にスタッフがメリダを勧めましたわ。「初心者には真っ先にメリダを勧めよう!」てメリダ強化月間でしょうか。

 

メリダ→GIANT→ビアンキ→お客任せ、みたいな販売店向けの接客フローチャートがありそう。たしかにぼくがチャリ屋であれば、そんな風にします。

 

販路を拡大したいメリダとネット流通込みでさばきやすいバイクを仕入れたい小売の思惑が一致するように思えます。Giantよりメリダの営業のが融通利きそうやし。

 

めりだ「GIANTさんは自分のとこの直営でどしどし売りまくりますやんか~。うちのバイクをすこし多めに置いてもらえませんか~。あんじょうしますから~。アラシロくんの販促イベとか企画しますから~。よろしゅう頼んますわ~。」

 

小売「しゃーないなー」

 

完全なぼくの想像ですが、ははは。

 

あと、淀川や武庫川のサイクリングロードでちらほらメリダのロードが目に付きます。学生が多めですかね。近頃の堅実志向のヤングとはマッチしますわ、メリダ。GAINTほどの売れすぎやっかみはないし。

 

チャリにステータスを求める人には向きません。そんな人は倍額を出して、スペシャライズドを買います。でも、これもメリダですけどねー。

 

スペシャライズド ルーべコンプ

スペシャライズド ルーべコンプ

 

ちなみにスペシャラの販売規制は最強クラスです。通販はザ・むりゲーです。海外ストアはおま国するし。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share