USTチューブレスとTLC、TLR、TCSなどのちがい


先日、Mavicが2018モデルのロードホイールを発表しました。注目はロード用のUSTの一斉投入です。エアロ、ディープ、エンデュランスの各ジャンルにUSTモデルが加わります。

 

WTS=Wheel Tyre Systemはすでにおなじみです。ホイールとタイヤをセットで考えるマビックのテクノロジー、てかスタイルです。

 

出荷の段階でマビックの純正タイヤがホイールにバンドルします。マビック店長のオススメセットメニューてとこです。

 

反面、好みのタイヤを使えないのがCONSになります。ホイール単品の販売はマビック的にイレギュラーです。ホイールとタイヤのセット販売です。ちなみにタイヤはフランスのHUTCHINSONです。

 

で、マビックのつぎのイチオシスタイルがUSTです。Universal-System-Tubelessの略称です。チューブレスシステムの一種です。

 

USTはマビックの専売特許です。よその技術ではTLR、Tubless easy、TCS、TLC、2wayfitなどなどがあります。名前は違えど、チューブレスはチューブレスです。

 

ロード用の変速レバーは3大変速メーカーでSTI、Doubletap、Ergopowerと別々に呼ばれます。呼び名は違えど、変速機は変速機です。

 


USTはチューブレス専用

 

USTのスタートは2000年ごろです。その後、MTBではチューブレスがメインになりますが、ロードでは旧来のクリンチャーが主役の座を譲りません。

 

ロードのチューブレスはMTBより神経質です。理由はリムの細さと空気圧の高さです。15cや13cのリムはチューブレス化にはちとハードです。

 

実際、ぼくは以前にキットを使って、13c内径のミニベロホイールとタイヤをなんちゃってチューブレス化しました。

 

シーラントを入れる

 

バルブ付近のリムウォールとタイヤビードの関係性がよろしくありません。各部が寄り合って、ぎゅうぎゅう詰めになります。2時間前後で空気がへこへこになるし。

 

ロードのホイールとタイヤでも同じ問題が起きました。結局、メンテ性の悪さがあだとなって、ロードのUSTもそのほかのチューブレスも歴史の日陰に追いやられましたね。

 

しかし、2015年以降にワイドリム化のながれがどどっと来て、カーボンクリンチャー、ディスクロードがあれよあれよと普及します。

 

ことさらに17cのワイドリム化はチューブレスには最高の後押しです。ロードバイクのホイールの2mmの差は大です。服のSサイズがMサイズになるようなものだ。

 

ぼくはウェスト32インチのリーバイスを履けますが、31インチを履けません。腹より腿がきつきつになります。げにワンサイズアップで履き心地は天地の差です。

 

で、マビックのロードのUSTがひさびさに表舞台に出てきました。初登場でなく、復活祭です。かつてのユーザーの不満を払拭するように「嵌めやすさ」や「取り付けのしやすさ」を全面にアピールします。

 

ぼくは最新モデルのシュワルベのTLE=Tubeless easy、WTBのTCS=Tubeless Compatibel system、パナレーサーのTLC=Tubeless Compatibleしか使いませんが、取り付けにはぜんぜん苦労しません。

 

しかし、ほんまににたりよったりのネーミングですー。コンチ、ミシュラン、ヴィットリアが本格的にチューブレス系をし始めたら、ますますややこしいネーミングや略称が増えるぜ~。

 

で、携帯ポンプの使い勝手を試すのに野外でわざとチューブレス”互換”タイヤを外して、付け直しをしてみますが、ふつうにビードを上げられますし。タイヤはPanaracer Gravelking SK 40c TLCです。

 

5分でふつ空気圧

 

ぼくのスポバイ暦がちょうど2年ですから、以前のチューブレスやチューブレスイージーの使い勝手がなぞです。先人の苦労は分かりません。

 

リムは中華カーボンのテープレスのチューブレス用です。おそらくチューブレス”コンパチ”です。

 

ニップル穴なしでテープレスリム

 

チューブレス専用とチューブレス互換

 

じゃあ、マビックのUSTの再登場でロードのチューブレス化の注目が急浮上します。しろうとにややこしいのはチューブレス専用とチューブレス互換のちがいです。

 

USTはチューブレス専用です。ノットコンパチブル、チューブレスオンリー、TLOですか。USTモデルのタイヤにUSTモデルのホイールが正解です。

 

それ以外の組み合わせ、USTホイール+TLCタイヤ、TLRホイール+USTタイヤなどはマビック的にはイレギュラーです。マビックがうたうUSTの最大の性能は出ません。

 

「大将はこのてんぷらを塩で食えと言うが、おれはタレにべチャ付けして食っちゃうぜ!」

 

てルーズな人はマビックに煙たがられますね、きっと。

 

チューブレス専用とチューブレス互換の最大のちがいはキットの有無です。上のようなパンク防止剤やシーラントを使う=チューブレス互換です。キットは必須です。

 

一方のUST=チューブレス専用にはシーラントは不要です。しかし、チューブレス専用に少量のシーラントを入れるのはパンク防止や空気漏れに有効な手立てです。

 

セミファットや2.35インチは50-100mlのシーラントが必要ですが、ロードタイヤではたかが知れます。重量とメンテ製のバランスを取って、30ml前後のシーラントを注入すれば、ピンホールパンク、リム打ちパンクとおさらばグッバイできます。

 

このようにUSTにシーラントを入れるのはありですが、クリンチャーチューブを入れるのはなしです。チューブレス専用とチューブレス互換はぎりセーフ、チューブレス専用とクリンチャーはぎりアウトです。

 

TLC、TCS、TLR、2way-fit、Tubless easy系のホイールやタイヤはクリンチャーとコンパチブルです。タイヤ屋のチューブレス、ホイール屋のチューブレスが混在します。

 

むしろ、チューブレス専用のMavic USTみたいなのが少数派です。Mavic、HUTCHINSON、Maxxisぐらいだあ?

 

もしか、互換系のなみに押されて、日の目を見ないか。現実問題、USTをホイールからリムからタイヤから完全に具現できるのはMavicだけですしね。

 

げに自転車のチューブレス規格は例のごとくごたごたです。