ついに来たか! MAVIC Exalith UST 黒リムのチューブレスホイール


フランスのリヨンのリム屋のMAVICは自転車産業の重要な企業のひとつです。レース会場の黄色と黒のマビックカーはチャリ界の赤十字のレッドクロスのようなものです。

 

2018モデルのマビックのトピックスは再起のチューブレスモデルUSTの大量投入です。そして、手組ファンに歓喜のOPEN PROリムのフルモデルチェンジです。

 

しかし、初夏のアナウンスではプラズマ酸化被膜のザリザリの黒リム”Exalith”のUST版がちらと顔見せしましたが、そのあとにすっかり鳴りをひそめて、手組派に一抹の不安を投げかけました。

 

「大幅遅れ?」

「お蔵入り?」

 

実際、Mavic.comのロードホイールのリストにはUSTモデルやExalithモデルはありますが、Exalith USTがいまだにありません。とうぜん、リムのOPNE PRO Exalith USTもない。2019モデルになってしまう~。

 

て、この期になんと海外自転車通販ストアがしれっとMavic Ksyrium PRO Exalith USTの予約販売を開始しました。

 

海外ストアにExalith USTが!

 

ところは台湾、ストア名はサイクリング・エクスプレスです。貴重なアジアの自転車通販ストアです。アクセスの大半がfrom Japan、利用者の大方が日本人です。外部データとレビューから分かります。

 

通販最大手の英国CRC=Wiggleはマヴィクの取り扱いをやめました。Mavicを買えるのはこのサイエク、Merlin Cycles、Pro Bike Kitなどです。→今日の特価マビックホイール

 

カンパニョーロの2018モデルとシマノの2018モデルは各ストアにはやばや並びますけども、マビックの2018モデルの入荷はごくごく最近のことです。

 

4大ホイールブランドの最後の一角、フルクラムのオフィシャルは現時点で2017モデルのままです。これは2016年10月にUP、2016モデルのカタログは2016年2月にUP・・・まちまちです、ははは。

 

では、主役のMavic Ksyrium Exalith USTをじっくり見ましょう。

 

Mavic Ksyrium Pro Exalith UST Clincher Tubeless Road Wheelset 2018
Mavic Ksyrium Pro Exalith UST Clincher Tubeless Road Wheelset 2018
定価 190300円
割引 22% = ¥43336円
特価 146964円
VIP特価 129999円

※2017/11/07 11:14:38のcyclingexpressの価格。※VIP特価はVIP会員限定

 

はい、Exalith USTです。Clincher Tubelessて記載が続きます。型番の記入間違いじゃない。多分、画像はノーマルのKsyrium PRO Exalithです。見た目でノーマルかUSTかは分かりません。

 

ぼくの記憶ではExalith USTの完組ホイールの現物はお初ファーストです。マビックの公式ページを日、英、仏と切り替えますが、このモデルを見つけられません。

 

このサイエクのksyrium PRO Exalith USTの先行予約受付の締め切りが11月13日です。マビック公式発表はその前後でしょうか?

 

Ksyrium PRO Exalithのチューブレス版

 

USTはMAVICのチューブレスホイールの技術です。チューブレスイージー、チューブレスコンパチブルでなく、ピュアチューブレスです。シーラントなしでチューブレス化できます。

 

でも、パンク予防や減圧対策に少量のシーラントを入れるのは定番の手法です。ワイドリム化以降の25c~のチューブレスタイヤはそうそうパンクしませんけど。

 

USTのチューブレスキットはホイールの付属品です。サイエクの商品説明に”Comes with Mavic BR601 quick releases, Maivc tyres, UST valve and accessories”てあります。

 

もっとも、マビックのホイールは純正タイヤ装着済みのパッケージで手元に来ます。チューブレスバルブを拝むのはつぎのタイヤ交換のときですね。

 

Ksyrium PROシリーズの比較

 

以下にカタログと過去のリストからKsyrium Proシリーズを抜粋しました。

 

モデル名 重量 タイヤ種 タイヤ幅 素材 価格(ユーロ) 備考
Ksyrium PRO 1475g CL 25-32 アルミ ~2017
Ksyrium PRO SL 1395g CL 21-30 アルミ ~2017
Ksyrium PRO UST 1420g UST 25-32 アルミ 949 チューブレス
Ksyrium PRO Exalith 1475g CL 25-32 アルミ 1149 ~2017
Ksyrium PRO Exalith UST 1420g? UST 25-32 アルミ ? チューブレス

 

KsyriumはPROとSLとExalithモデルが混在します。いちばん上のKysrium PROはすでにカタログ落ちしました。UST発表後の末尾Cのクリンチャーモデルは軒並みカタログ落ちの憂き目にあいます。

 

そして、2018モデルのKsyrium PRO USTのが軽量です。55gの差は大です。取り付けの手間の他に型落ちのピュアクリンチャーモデルを選ぶ理由が見当たりません。

 

2017モデルはすでにC17ワイドリムですし。622x15cのクリンチャーは超軽量アルミホイールのR-SYS SLRばかりです。メーカー視点では23cクリンチャーがほんとのアナクロイレギュラーになりました。

 

UST化の55gのダイエットの内訳はなぞです。リム? ハブ? スポーク? 基本的にチューブレスリムはクリンチャーリムより重くなります。維持がいっぱいでしょう。じゃあ、ハブだあ?

 

はたまた、SLモデルの技術をUSTに反映したか。クリンチャーのKsyrium PRO SLは1395gです。+25gでUST化は妥当な数値です。

 

それとも、あとからKsyrium PRO SL USTやKsyrium PRO Exalith SL USTが出るか。型番が冗長だあ!

 

サイクリングエクスプレスのKsyrium Pro Exalith USTの商品ページにはかんじんの重量がありません。が、旧PROとPRO Exalithの重量が同じ1475gです。

 

ここからPRO Exalith USTはPRO USTと同じ1420gでしょう、おそらく。

 

実売の価格差は

 

キシプロ=8万

キシプロSL=10万

キシプロUST=10万?

キシプロExa=10万

キシプロExa SL=12万

キシプロExa UST=13万

キシプロExa SL UST=15万?

 

です。現行モデルはExalith、SLできれいに+2万円刻みでプライスアップします。新作のキシプロExa USTは割高になります。キシプロUSTの実売レンジは8-10万円でしょう。

 

単純な最軽量はksyrium Pro Exalith SLです。1300g台です。

 


Mavic Ksyrium Pro Exalith SL Clincher Wheelset 2017
定価 174800円
割引 32%
通常 119015円
特価 113015円

※2017/11/07 12:12:45 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

あいにくとカンパフリー版の在庫ばかりが売れ残ります。これもExalith SL USTまでの命です。

 

R-SYSはUST化しない?

 

気がかりは超軽量ホイールのR-SYSです。R-SYSはアルミホイール最軽量クラスのナローリムです。23cタイヤ派の最後のとりでです。

 

ところで、23cの細リムはチューブレス化にはすこし不利です。バルブ付近の構造がタイトになりすぎます。前回のロードのUST化の大きな要因です。

 

てことは、RSYSはUST化しない? はたまた、ワイドリム化してしまう? じゃあ、ヒルクライム用最強アルミクリンチャーホイールの座があやうくなります。アルクリの危機!

 

やはり、メーカーの新作の傾向ではロードバイクのヒルクライムの地盤沈下が浮き彫りになります。トレンドは転がり抵抗、グリップ、エンデュランス、エアロですね。

 

「23cタイヤと軽量アルミクリンチャーホイールで近所の山道をえっちらおっちら上る」

 

て、自転車シーンが急速に遠のいていきます。ヒルクライムからスポーツバイクに入ったチャリダーには最近の自転車のトレンドはさびしいところでしょう。

 

嗚呼、坂バカよ、永遠なれ、forever

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share