ママチャリにピストホイールを、固定ギアを、チューブラーを


夏休みの大人の自由研究と称したママチャリ改造が夏の盛りを越えて、秋口に入っちゃいました。が、大学生はまだ夏休みの最中ですね。GOOD!

 

前々回の1インチフォーク前回のシングルクランクで骨組みを完成させました。栄光の乗り出しまでのラストピースはホイールですね。ウィィィーッッッル!!

 

「今度のチャリは変速機なしだ」

 

てのは最初の最初に決定しました。そして、固定orフリーギアの論争は固定派の勝利に落ち着きます。

 

シングルのフリーギアのママチャリや軽快車の乗り味はこれまでの半生で十二分に経験済みです。てか、自転車体験の大半がそれでしょうよ。デジャデジャデジャデジャブ級の既知さですね。

 

パースセキネ

シングルギアの実用車

 

じゃあ、ギアは固定ですね。そう、ピストです、Fixed Gearです。ついにこいつへ手を出しちゃいます。チャリ好きとして見過ごせませんね。

 

日本のピスト文化、トラックバイクのメインストリームは競輪ですね。で、競輪のホイールはほぼ手組みです。ARAYA、デュラ、マビック、グランコンペ、サンシン、SUNTOUR、カンパetcetc

 

でも、そんな競輪チックなふんいきはぼくの好みでありません。ハンドメイド・ハンドビルドの丸出し感が好印象じゃない。このバイクブーム下ではNJS印がややチャリオタくぽく見えちゃいます。

 

じゃあ、通販から中古屋からこまめにチェックしますが、ベターなやつをゲットできません。ひとおもいに中華カーボンの固定ギアをふんぱつしちゃうかあ?!

 

中華通販のAliexpressの工場直販完組のカーボンホイールはオーダーから二週間コースです。季節がまた進んじゃいます。

 

1600g台のチューブレスの固定ギアのカーボンホイールてゆう未知のアイテムに心がゆれますが、期間と予算で自制心が働きますね。

 

そんなこんなで8月の終わりが過ぎまして、9月が始まりまして、下半期の自転車シーズンがまっさかりになりますね。

 

じゃあ、ついにめぼしいホイールがヤフオクで出てきましたね。トラック系の完組の手頃なホイールです。しかも、自転車屋の出品物です。タイヤ付き、ギア付き、振れ取り済みの美品です。

 

「これや!」

 

て即決で買っちゃいました。

 

ホイール梱包 でかい

ホイール梱包 でかい

 

ところで、配送サービスは西濃運輸でしたが、よぼよぼのおじいさんがひとりで届けに来ました。西濃、人手不足でしょうか?

 

 

トラックホイールをゲット!

 

さて、でかぶつの購入後の最初の仕事はなんでしょう?

 

はい、証拠隠滅ですね。

 

ダンボールをクラッシュ

ダンボールをクラッシュ

 

有機物、無機物を問わず、このように小さくバラして捨てましょう。証拠隠滅の基礎の基礎ですね、ははは。

 

かんじんの中身はこんなですね。

 

miche pistard

miche pistard

 

ムキムキ無機物のMiche Pistardトラックホイールです。イタリア~ンです。

 

最後の最後までおフラン~スのMavic ellipceと迷いますが、予算とデザインとお買い得度でこっちを選びますね。

 

Mavic Ellipseは5万、このミケの中古は送料込みで23600円です。ホイールの重量差は200g前後ですね。Ellipseは1800g、Pistardは2000gです。

 

ところで、トラックホイールのカタログ値は重く思えますが、たいがいシャフトと固定ナット込みの重量ですね。

 

EllipseのルックスはもろMavicですね。黄色と黒のデカデカステッカーです。完全にホイールが浮きますね。

 

 

他方、このミケピスタードのブラックリム、シルバースポークはパナのシルバーマットなUタイプのフレームとSurlyのブラックなクロモリフレームにマッチしますね。さらにクランクとおそろいのペアだ。

 

ママチャリけ?

ママチャリけ?

 

ギアは固定の厚歯の16T

 

そして、タイヤとギア付きです。もちろん、ギアは固定ですね。16Tの厚歯です。男気があふれますね~。まさにトラックホイールの顔です。

 

16T固定ギア

16T固定ギア

 

クランクのリングは47Tです。47/16≒3がギア比ですね。メインのKONAのグラベルクロスが前34の10=3.4です。これの2速~3速の重さに相当しますね。

 

ノーマルなママチャリのギア比は2.5前後です。ママチャリ的にはやや重めのギア比ですね。ピスト的にはふつうです。

 

タイヤはSchawalbe Oneのチューブラー!

 

タイヤはほぼ未使用のミントコンディションなSchwalbe ONEの24cです。このタイヤの特徴的なつぶれ方が目に入りますか? そして、バルブエクステンダーが?

 

schwalbe one チューブラー24c

schwalbe one チューブラー24c

 

そう、これはチューブラータイヤですね。ちまたでは消え去りつつも、レースではしぶとく生き残る自転車タイヤのオリジンです。

 

『性能は折り紙つき、使い勝手はイマイチ』てのがチューブラーの特徴です。パンク=終了の公式が現実的だ。遠出やサイクリングには予備タイヤやリムテープがなかば必須ですね。

 

でも、この使い勝手の悪さはママチャリの弱点にはなりません。ママチャリの活動範囲は近所です。片道はせいぜい5kmだ。じゃあ、出先でトラブッても、歩きでてくてく帰れます。

 

げんにこのママチャリの用途はお買い物ですね。目的地はスーパー、コンビニ、ごはん屋、郵便局とかです。ママチャリですから。遠出にはハードテイルのMTBを使いますね。

 

さいわいバルブコアはセパレートタイプですね。パンク対策にチューブレス用のシーラントを入れましょう。30ml弱ですね。

 

チューブラーにシーラント

チューブラーにシーラント

 

チューブレス化のマストアイテムのシーラントはもともとパンク防止剤です。ピンホールには無敵の威力を発揮しますね。画鋲や押しピンくらいには対処できます。サイドカットが強敵ですね。

 

この一工夫で日常的なパンクの可能性は激減します。使い勝手のイマイチなチューブラーがそこらのママチャリやクリンチャーのロードよりコンフォートなタイヤになりますね~。

 

ホイールをナット締め

 

いよいよホイールを組み付けます。Surlyの1インチフォークはエンド幅はQR用の100mm、パナソニックのUタイプフレームの正爪用のエンド幅は126mmですね。

 

で、Miche Pistardは前100mm、リア120mmですね。ザ・トラック仕様。リアの6mのギャップがイレギュラーだ・・・

 

でも、こんな数値上のギャップはささいなことです。DIYには現物あわせが最強ですね。勇気で補いましょう。

 

フロントホイールのシャフトはフォークにすぽっと入ります。ヤッタネ! ナットをモンキーレンチで締めますね。

 

クイックリリース用フォークにナット締めでセット

クイックリリース用フォークにナット締めでセット

 

トルクはひさびさのMBT、マイベストトルクです。きつめ、からもう一押ししました。そして、さすがのイタリアブランド、スポークがタリアテッレ型のブレードスポークですね。

 

フロントのビジュアルが完全にメッセンジャー系のフィックスバイクになりました。Surlyのロゴが良い味だア!

 

メッセンジャー系のピスト?

メッセンジャー系のピスト?

 

フロントのエンドは問題なしです。うしろはどうでしょう? ホイールは120mm、エンド幅は126mmです。

 

安全策で3mmのワッシャを左右に挟もうかと思いますが、ジャストのワッシャを工具箱から見つけられません。じゃあ、強めに締め付けて、むりくり合わせましょう。

 

ママチャリエンド上のトラックホイール

ママチャリエンド上のトラックホイール

 

はい、100点! 片側3mmはぎりOKですね。130mmのロードホイールもOKぽく思えます。ボーラを入れちゃう?!

 

厚歯チェーンをカットしてセット

 

チェーンの出番が来ました。右下のやつですね。厚歯のシングルスピード用、KMC製です。1000円。チープ!

 

あさひサイクル通販お買い物

あさひサイクル通販お買い物

 

クランクとギアに通して、テキトーな長さにカットして、ホイールをぐいぐい引っ張って、たるみを取ります。

 

この張り代はチェーンリンク半コマ分ですね。ホイールのシャフトがフレームのエンドの根元からだいたい半コマ分くらい後ろに下がりますね。

 

チェーンのたるみ取り

チェーンのたるみ取り

 

チェーン引きがあれば、調製はもっと楽ちんですね。このホイールには付属しなかった。見た目はすっきりします。GOOD!!

 

直引き調製ではホイールとフレームのセンターを合わせるのがワンポイントですね。テキトーに力任せにひっぱると、たいていホイールが左側によります。真ん中をあわせながら、すばやくナットで固定しましょう。

 

チェーンラインが心配ですが、干渉は起こりません。最後大物パーツはすなおな良いやつです。真夏の1インチヘッドセットのやんちゃぶりが懐かしく思えますね。

 

しめにドッペルのデカサドル

 

実際に外で走れるように仕上げの小物をさくさく付けます。ブレーキレバー、ケーブル、ペダル装着はおなじみですね。ミニベロのおさがりがいろいろあります。

 

カーボンライザーバーにセット

カーボンライザーバーにセット

 

サドルはこんなですね。ドッペルのデカサドルです。いや、形と大きさはママチャリライクでけっこうですけど、サイドのオレンジがぜんぜんマッチしない~、うえーん。

 

ドッペルギャンガーふかふかサドル

ドッペルギャンガーふかふかサドル

 

 

ママチャリらしくサドルポジションをベリーローハイトにします。クランプはTHOMSONですね。ママチャリにはTHOMSONだ!

 

THOMSON シートクランプ

THOMSON シートクランプ

 

実のところ、それよりなによりリアステー共締めでないのふつうタイプのポストクランプがポイントですね。そして、溶接もりもりです。

 

こっちはいかにもポンコツですね。溶接がないし。

 

ママチャリステー

ママチャリステー

 

さあ、走れるようになりました! ちょっと出かけましょう。テストライド!

 

アヘッドの固定ギアのチューブラーのママチャリが完成

 

固定ギアのバイクはおはつですね。いきなりの本番決勝戦にデビューせず、近所の神崎川で試走しましょう。リハーサルですね。

 

て、最初のひと漕ぎからあたふたしますね。けんけん乗りがめっちゃテクニカル! ペダルがつねに動きます。めぼしい位置で足を置けません。乗り手がペダルに合わろ、てことか?

 

そして、ブレーキングがめっちゃテクニカル! 油圧ブレーキみたいに指一本で停まれない。100円の安キャリパーと踏ん張りが頼みですね。

 

この新しい感覚にとまどいながら、河川敷へ着きます。幼稚園児のチャリンコか高校生の原付なみに練習して、ピストの停まり方の感覚を掴みますね。

 

じゃあ、慣れたところで記念のショットをぱちりしました。

 

ピストチューブラーアヘッドママチャリ バハムート号

ピストチューブラーアヘッドママチャリ シルバーサーファー号

 

マイニューチャリ、シルバーサーファー号ですね。乗り手にトラックバイクのテクニカルさを求めつつ、ママチャリのフェミニンさを与えるアンビバレントな一台です。

 

このUタイプフレームベースのママチャリ改造機は意外とありませんね。ミキスト風のフレームがレストア・改造ベースではメジャーです。

 

は? チューブラーの乗り心地? うーん、ふつうですね、タイヤ味の乗り味だ。正味、よー分からん。てか、固定ギアの操作でいっぱいいっぱいです。まあ、タイヤはタイヤですわ。

 

やけくそで12barまで入れちゃう?!

 

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

 

て、プロさえが7-8barで使います。高い空気圧=固いタイヤ=速いタイヤ、て公式はぜんぜんまちがいですね。10bar以上はノイズゼロのトラックや屋内コース用ですね。

 

ちなみにこのシルバーサーファー号さんは帰宅後の体重測定では9.1kgをたたき出しました。スタンド、カゴ込みの10kgアンダーが視野に入りますね。

 

じゃあ、本番にチャレンジしましょう。ママチャリにおいての決勝戦、そう、それはスーパーのセールですね!

 

ママチャリの面目躍如

ママチャリの面目躍如

 

米ゲット! 優勝ウィィーッルッ! ビバ・ピスト! ママチャ界の狂一点だゼ!

 

ママチャリ改造、次回は最終回です。各部の微調整と仕上げです。そして、サドルだ。ドペレンジめ!

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share