ルイヴィトンのLVMHが系列のL Catterton経由でピナレロを買収完了


LOUIS VUITTON,ルイヴィトンはファッション音痴にも有名な超ウルトラブランドですね。親会社のLVMHグループは酒から鞄から香水から時計から扱う一大総合企業です。

 

服飾のプッチ、ロエベ、フェンディ、ジバンシィ、高級酒のモエ、ドンペリ、へネシー、時計のタグホイヤー、ウブロ、香水のディオール、靴のベルルッティなどなどの超高級ブランドがこのLVMHにてんこ盛りです。

 

ここのCEOはベルナール・アルノーてゆう世界ベスト5くらいの大富豪ですね。まさにファッション界の皇帝です。

 

ルイヴィトンはLVMHの売り上げの主翼を担う大事な大事な稼ぎ頭です。鞄屋さんから始まって、1867年のパリ万博で銅メダルを得て、世界的な名声を得ました。

 

ちなみにこの1867年の万博には日本が初参加しました。当時の情勢から江戸幕府と薩摩藩と佐賀藩が別々に派遣団を送って、水面下で欧州の列強といろんな取引をしました。

 

ヴィトンの代名詞のモノグラム、市松模様のダミエとかのデザインは普遍的な人気を誇ります。こだわり派はノマドとかスハリとかの超高級素材のクラフトマン系にいっちゃいますね。しにせチャリ屋のチタンフレームみたいなもんですか。

 

定番ラインのモノグラムやダミエは世界三大コットンのひとつ、エジプシャンコットンのキャンパス地を塩ヴィでコーティングしたハイブリッドなアイテムです。本皮でも合皮でもありません。

 

モノグラムやダミエの財布がやたらと長持ちするのはこのためです。水にも経年にも強くて、長期的には本皮製より良コスパ品です。チャらいブランドもんの典型のように見えて、わりに質実剛健な小物ですね。

 

なので、

 

「芯材を入れ替え修理するときにばらしと縫い直しが革小物より大変やねんて!」

 

てことです、by 修理屋。

 

一方のピナレロはイタリアチャリブランドですね。プロチャリチームのTEAM SKYの近年の華々しい活躍で人気が現在進行形で沸騰中です。

 

このチームに所属する炎のランナークリフルさん、クリス・フルームはさきのツールドフランスで連覇を果たしました。30勝台に達したDimension Data所属のマーク・カベンディッシュと共に今日のロード界の顔ですね。

 

じゃあ、猫も杓子もピナレロ、サーヴェロです。まんまヴィトンのモノグラムとダミエです、はい。

 

さて、LVMH社は企業買収で大きくなりました。CEOのアルノーが超やり手です。だいたいぼくのスカウターでソフトバンクの孫社長の3倍くらいの経営パワーです。

 

ただ、LVMHは高級ブランドにしか興味を持ちません。儲かれば何でもいいってわけじゃない。高級路線を貫きます。

 

エグゼクティブなフィットネスなジャンルの拡充のために注目するのが高級自転車です。自転車の最高級クラスは100万前後です。庶民の高嶺の花、金持ちの所有欲をきちんと満足させます。これや!

 

じゃあ、人気のピナレロを買収しましょう、そうしましょう。GIANTやMERIDAのブランド力はLVMHの柄じゃありません。やっぱし、ヨーロッパ系の高級路線が有力です。

 

デローザ、コルナゴでなく、ピナレロは非常に妥当な選択でしょうね。

 

コルナゴはやや地味、デローザは最近の実績不足、ヴィリエール、サーヴェロはややレーシー過ぎ、アメリカ系はヒャッハー、ドイツ系はブランド不足、TIME、LOOK、BMCはくろうと過ぎ・・・うーん

 

やっぱし、ピナレロ! きみにきめた!

 

てゆうことでしょう、おそらく。

 

出るか、ドグマ・モノグラム?

 

ピナレロは破竹のクリフルさんのおかげでロードバイクのイメージですが、キッズ用やシティチャリもする総合自転車屋です。

 

これはイタリアの人気アパレルのディーゼルとのコラボのシングルスピードバイクですね。

 

Pinarello Diesel Only the Brave Urban Bike 2014
Pinarello Diesel Only the Brave Urban Bike 2014
定価 210193円
割引 66% = ¥140194円
特価 69999円

※2016/10/22 23:18:42のcyclingexpressの価格

 

ザ・ちょいチャラバイク!

 

リアステーとトップチューブがピナってますね。このぐねぐねがピナレロのアイコンです。客観的に見るとそんなにかっこよく思えませんが、TEAM SKYの無敵の大活躍を知るとふしぎとクールに見えます

 

で、このピナレロの高級路線がドグマシリーズですね。こちらは最高級でいちばん人気です。普及帯でいちばん人気のモノグラムやダミエとは違いますね。

 

もちろん、LVMHが求めるのは最高級のラインでしょう。キッズやシティチャリはおまけですね。

 

ヴィトンとのコラボがあるなら、ドグマが対象になります。つまり、ドグマ・モノグラム、ダミエ・ドグマ、ドグマLVの誕生は予定運命ですね。

 

「モノグラム・ドグマ、ダミエ・ドグマの世界限定100セットが500万円 ヴィトンのアイウェア付き!」

 

あー、売れます。中国のお金持ちがきっと買います。脂ギッシュなでっぷり太ったアナクロの社長さんとかは買いません。20代、30代のしゅっとした新興IT企業の若手のCEOとかが買って、SNSで自慢しますね、きっと。

 

チャイニーズはジャパニーズなみにヴィトン好きですので。で、たぶんピナレロも好きでしょう。同じくらいにミーハーですので。

 

ほかにボトル、バッグ、メット、手袋、いろいろコラボれますで~。サドルやバッグ系のヴィトンコラボはぜんぜんありありですね。まじめコラボでしょうよ。タイガのサドルバッグとかはそんなにチャラくないし。

 

少なくとも、このディーゼルコラボのアーバン系バイクより上位のものを出しますね。だって、世界最強のラグジュアリーブランドのルイヴィトンですから。ディーゼルごときに負けられません。

 

あと、ヴィトングッズを全身にちりばめてベルルッティを履いてウブロを巻いた休暇中のクリフルさんのSNSショットとかが出るかも、あはは。

 

トップアスリートはわりにハイブランド好きですしねー。この写真のフルームの時計はロレックスですね。100万オーバーのクラスです。SD4000? 16600?

 

https://www.instagram.com/p/BDLR1Y6mxkw

 

あー、本格派の理想的なステルスマーケティング構図ですね。嫁はんが撮ったの? グッドジョブ! ベビーはおまけですね。このショットの主役は完全に時計です。もしくは、腕毛。

 

で、これがしれっとウブロになります。ミーハーな金持ちは食いつきますぜ~。

 

ついにはTEAM VUITTONの誕生だあ! もちろん、三連覇のお祝いのシャンパンファイトはモエエシャンドンでね。

 

L Cattertonがピナレロの株式の過半数を取得

 

本日未明のニュースでピナレロ買収の続報が出ましたね。L Cattertonがピナレロの株式をめでたく購入しました、とさ。

 

Pinarello vara l’era della bici champagne. Louis Vuitton compra la Ferrari del pedale ~ repubblica.it

 

L Cattertonてのは聞きなれませんが、LVMHの系列グループのひとつですね。健康、美容、フード、フィットネス系みたいです。

 

ファウスト・ピナレロはCEOで現場に残ります。まあ、親会社側に自転車屋の専門家はいませんし、当然は当然でしょうね。創業家一族をBANして、ファンの反発を受けると、ブランド回復に苦労しますし。

 

これでピナレロの価格はますます高騰しますね~。下げの要素がありません。LVMHの箔が付きました。ハイブラ自転車へまっしぐらに突き進みます。ヘラーリですよ、ヘラーリ!