ヨドバシ京都にDAHON専門コーナープレミアムストアがオープン


DAHONは世界的に有名なアメリカの折り畳みチャリ屋さんです。街乗り、輪行、改造なんかで現実世界、ネット世界ともに引っ張りだこの大人気ブランドです。

 

いろんなブログで見かける改造小径車はだいたいダホンかBIRDYですね。ちなみにうちのミニベロは後者のBD系ですが、マイナーなディスクモデルです。

 

何系ともいいがたい仕様のマイ小径車

何系ともいいがたい仕様のマイ小径車のリアホイール

 

さようにダホンは人気です。ここの小径車の流通量が最大でしょう。車体、パーツ類が豊富にあります。うちみたいに改造パーツの調達に困りません。

 

おおかたパイオニアな改造のログがどこかにありますしね。カスタムのしやすさは天下一品です。

 

そんなダホンのなぞのひとつが国内販売店のちらばりです。日本向けモデルを販売するのはアキボウてところです。dahon.jpの管理はここです。本家dahon.comからの日本リンクはアキボウの方に繋がります。

 

これのほかにインターナショナル版を取り扱う武田産業とシナネンて代理店があります。こちらはdahon-intl.jpを管理します。

 

いずれもDAHONの日本公式サイトです。アキボウは単独店を含む9店舗以下の専門店に、武田&シナネンは10店舗以上の専門店に供給します。

 

自転車業界誌サイクルプレスを発行するインタープレスのサイトにこの詳細があります。→こちら

 

上記の事情から全国展開するワイズロードやあさひのダホンは武田のインターナショナル版になります。9店舗以下のカンザキやrabbit streetみたいなローカルチェーン店のダホンはアキボウのジャパンモデルになります。

 

たしかに各店の販売モデルはそのとおりですね。Amazonの販売・発送のダホンストアのダホンもインターナショナル版です。

 

 

2017モデルは全体的に値下がりしますね。ただ、アマゾンにはアキボウモデル、武田モデル、完全海外モデルが混在です。ここに単独セラーのやつが入ると、収拾が付きませんね。

 

代理店の実績や歴史は圧倒的にアキボウです。武田・シナネンのダホン取り扱いはせいぜい数年です。まあ、ぼくがダホンを買うなら、カンザキ伊丹に行くかな~。大阪では購入バージョンに全く困りませんね。

 

で、本題のヨドバシ京都のダホンストアです。このお知らせアナウンスを見つけたのが武田シナネンのdahon-intl.jpのページでした。つまり、ヨドバシ京都のダホンはインターナショナル版ですね。

 

ヨドバシカメラの全国店舗数は21店です。じゃあ、インターナショナル版の法則にはまりますね。そして、DAHONプレミアムストアのオープンはマルチメディア秋葉に次ぐ全国2店目です。

 

こんなふうに大型チェーン店やそのウェブストアではインターナショナル版のダホンの露出がこれからじわじわ増えますね。

 

ただ、武田のダホンは完全な海外モデルて訳でなく、日本向け仕様のインターナショナル版てものです。はあ?

 

はい、つまり、ノットアキボウモデルてことでしょう。アキボウのジャパンモデルには実績と歴史があります。それを壊さないようにジャパナイズドインターナショナルモデルを大型店舗で売り出す、ダホンテクノロジーの営業努力!

 

いつかぼくらの身近な販売店にこうゆう超特殊モデルのDAHONがお目見えするかも?

 

【5/9-5/11期間限定価格】Dahon【ダホン】MU N360 折りたたみ自転車 2014モデル
Dahon【ダホン】MU N360 折りたたみ自転車 2014モデル
定価 210193円
割引 71% = ¥150194円
特価 59999円

※2016/10/05 12:07:29のcyclingexpressの価格

 

この無限変速の折り畳みはダホン史上的にも最大のスペシャルワンですわねー。

 

まあ、スピードファルコとかCurve D7とかがベターですわね。

 

 

 

2017モデルの販売は未解禁みたいです~。青のCurve D7はかっくいいね!