意外に外れないミッシングリンクをかんたんに外す方法


工具なしで簡単メンテ、のミッシングリンクが外れない!

 

今時、新品チェーンはおおよそにミッシングリンク付属です。げんにぼくはこの半年で三つのチェーンを買って、三つのミッシングリンクを入手しました。

 

 

このミッシングリンク、

 

「工具不要で着脱可能。メンテが楽ちん!」

 

という触れ込みですが、これを丸呑み鵜呑みにするのは要注意です。着脱の容易さはメーカー、個体で違って、さらに新品中古でちがいます。

 

ぼくが以前に買ったお高いKMCとお軽いINTREPIDの新品チェーンのミッシングリンクはなかなか外れません!

 

逆にヤフオクで買った中古のスプロケのおまけに付いて来たSRAMのミッシングリンクはぬるぬるです。

 

おそらく、ほどよく削れた方が外れやすくなります。新品のリンクは明らかにかちかちです。なにか角がある。ルブを差しても、グリスを塗っても、カチカチ感を直せません。

 

うってかわって、SRAMのやつは適度にまろやかです。ぞうきんみたいなもんですか。ぼろぞうきんのが良く水を吸う。

 

ミッシングリンクをすんなり外せないと、手をでろでろに汚して、なさけなくなり、メンテのテンションを著しく削がれます。

 

ぼくは手持ちのアイテムであれこれ考えて、リンクに針金を通して、左右からぎゅうぎゅうひっぱって、腕ずくで外しました。

 

この方法、意外にメジャーな解決策みたいです。Youtubeにメンテの動画があります。

 

 

これは古ワイヤーですね。このサンプルのチェーンはKMCです。かちかちは仕様でしょうか?

 

でも、SRAM NXと一緒に買った11速の新品チェーンのミッシングリンクはかちかちでした。新品がだめだあ?

 

結局、まあまあの確立でチェーンカッターでべつのリンクを切って繋ぐほうが手っ取り早いという結果になります。ここで手間取ると思わないから、いらいらしてやっちゃいます。せっかちですわ~。

 

奥の手はこれですか。リンクを外すためだけの専用工具です。

 

 

1000円くらい。悩ましい値段や・・・レビューはめっちゃ高評価です。やっぱし、みんなも苦労するかあ~。