仮面ライダー1号クロスバイク ヨーカドーの通販限定モデルが数量限定復活


仮面ライダーは日本のヒーローものの代名詞ですね。原作は石ノ森章太郎、製作は東映です。第一作の放映は1971年! です。去年2016年が45周年のメモリアルイヤーですね。50年は確定ですね~。

 

同人気シリーズのウルトラマンはすこし下火ですが、ライダーシリーズはぜんぜん元気ですね。バンダイナムコの売り上げベスト3の常連シリーズです。

 

最近のライダー人気のポイントは仮面ライダーディケイド以降の公式コラボ、リバイバル、リメイクものの隆盛ですね。ぞくに『大きい子供』といわれる旧ライダー世代の需要をうまく喚起しました。

 

それ以前の販売方針はイケメン役者をそろえて、ママさんの話題をさらうて方式でしたが、ディケイド以降でこれががらっとおっさん狙い撃ちに変わります。

 

クロスオーバー、アメコミ風の平行世界・スターシステム、ヒーロー大戦etcetcです。ドラゴンボール超もこの流れでしょう。大きい子供と小さい子供が大喜びします。

 

ファンはそれぞれのライダー像を持ちますし、お気にライダーの劇中の活躍や補正に一喜一憂します。

 

アラフィフ=仮面ライダー、V3

アラフォー=仮面ライダーBlack、Black RX

アラサー=エヴァ、ワンピ、ポケモン

アラツー=仮面ライダークウガ、龍騎

アラ15=仮面ライダー電王

 

てなところですか。RXからクウガまでは12年間の空白ですね。テレビ地上波のライダーの放送がなかった。これは完全にゴルゴムの仕業だな! でも、エヴァ、ポケモン、ワンピがありました、ははは。

 

仮面ライダー1号のサイクロン号をモチーフにしたクロスバイク

 

で、2016年は45周年でした。いろんなイベントがありましたが、特筆は一号ライダーの完全リメイク版の放映ですね。69歳の藤岡弘が45年のときを越えて、主役を勤めました。もちろん、最高齢ライダーです。

 

この映画公開と45周年を記念して、イトーヨーカドーから限定のクロスバイクが販売されました。サイクロン号モチーフのチャリですね。

 

初期出荷は10台限定でしたが、そこそこの話題があったか、ライダーマニアがいたか、数量限定で増産がアナウンスされました。

 


推奨身長は165-170cmです。完全に筋金入りの初代ライダーファンのためのニッチな限定アイテムですね。50歳オーバーが狙いでしょう。

 

ヨーカドーのネット通販のみの取り扱いです。若い人はヨーカドーのネット通販とかしませんから、やっぱし、五十台オーバーのロマンスグレイ向けでしょう。

 

もしくは、イベント用車両ですね。無免ライダーのコスプレにベストマッチします。

 

アラサー用にマッハじてんしゃとダートじてんしゃが出ろ~。ちなみにノーマルじてんしゃは折り畳みて設定ですね。

 

「モンスターをボールに入れられるんやから、自転車もボールかカプセルに入れられんけえ?」てのは大人のイジワルな邪推ですね、ははは。

 

てか、ポケモンに持たせて電子データ化して通信できるなら、背中のリュックとか要らんし、無限にアイテムをもてるような・・・

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share