自転車タイヤのサイズと種類 WO HE ETRTO ナニソレな人向け


自転車タイヤのサイズは混沌カオスです。そもそもサイズの表記が一様じゃありません。各国のチャリ事情で寸法の流儀が違いますし、2000年以降のオンロードとオフロードのボーダーレス化でややこしさに拍車がかかります。

 

小径車もカオスゾーンですね。16インチ=ブロンプトン、17インチ=モールトン、18インチ=BIRDY、20インチ=406と451が混在、24インチ=TERN ECLIPSEやGINAT MR4・・・

 

自転車タイヤサイズ

自転車タイヤサイズ

 

旧来のサイズ表記はWO、HE、ETRTOてものですね。WO=ロード、ママチャリ、HE=MTB、ETRTO=汎用準統一規格、てなものです。

 

あと、BE規格てのがありますね。これはごっつい実用車専門です。

 

パースセキネ

パースセキネ

 

このタイヤは取り寄せですね。骨董品規格です。

 

またWOは欧州サイズ表記ですが、英式と仏式の二種類の表記法が混在しますね。イギリス=イン、チヤード、マイル、フランス=センチメートル、メートル、キロメートルですから。

 

自転車イベント用語のセンチュリーライド=100マイル=160kmですね。100kmじゃありません。こんなふうに英仏の距離単位があちこちでぶつかり合います。

 

ちなみに日本のチャリの発展はフランス式ですね。昔々、スポバイが欧州から日本にやって来ました。英国系のはレーサー系、仏国系のはランドナー系です。

 

当時の日本の道路事情は英国のきれいな舗装路より仏国のルーズな路面に近いものでした。で、フランス系のツーリング系のバイクが人気を博しました。第一次チャリブームですね。

 

この名残で本場欧州で衰退した650Aや650Bホイールが国内ではガラパゴス的に生き残りました。奇跡的に650BホイールはMTBの分野で27.5ホイールとしてバリバリに復活しますね。

 

で、この『650B』てのはWO式のフランス系のサイズ表記ですね。ほかに650Aや650Cがあります。3桁の数値は共通しますが、それぞれは独立のサイズです。互換性はありませんね。

 

これのアメリカ式が2010年以降の27.5ですね。ナナハン、トウェーニーセブン・ドットファイブとか言われます。

 

で、競技系のオフロードのホイールはチューブレス化しました。HEでなくWOですね。bead hook-less rimてものです。旧式のHEタイプじゃありません。

 

これは29インチのカーボンホイールです。

 

29er=ETRTO 622=700C WO

29er=ETRTO 622=700C WO

 

29er=ETRTO 622=700C WOですね。タイヤのサイズ表記はこんなです。

 

タイヤサイズ表記

タイヤサイズ表記

 

1インチ=2.54cm=25.4mm

25.4×3=76.2mm

 

ですね。表記72=72mmとの4mmの差は・・・なぞです、ははは。で、29×3.0の表記法はアメリカ式ですが、ホイールとタイヤのタイプはHEでなく、WOのチューブレスですね。

 

小数点を使わず英国式に『29 3』とならないのはタイヤの用途がオフロード系だからです。これはセミファットの29er +タイヤですね。

 

商品名はWTB RANGER 3.0です。ストアのジャンルは29+ですね。700C用には分類されません。

 

オフロード系の本場は北米です。そっち向けのサイズがこんなふうに表記されますね。日本人の感覚ではややこしく見えますけど、ははは。

 

ETRTO 622のビード径は700Cですね。つまり、ロードバイクやクロスバイクの主流サイズと同じものです。

 

ビード径と形状はロード系のWOホイールに適合しますが、3インチの幅は推奨タイヤサイズから外れますね。

 

はい、すでに頭がこんがらがりますねー。結局、なにを頼りましょうか? くだんのチャリトレンドの変動のせいでWOとHEの区別は当てになりません。

 

ともあれ、オフロードの26インチがオワコンになりました。29、275=650Bがつぎつぎ来まして、今はセミファット系のプラス系タイヤが来ますね。幅は3インチ前後です。

 

セミファットタイヤ比較図

セミファットタイヤ比較図

 

この図のようにセミファットは一つ上のサイズのスタンダードに一致します。乗りなれた人は旧来の感覚を損ねずに太いタイヤの恩恵を受けられます。まあ、くろうと向けのはなしですね。

 

29erのセミファットは30インチオーバーになりますね。ベヒーモス! てごっつロックな感じが好印象です。

 

サイド

サイド

 

乗り心地はロードやクロスよりぜんぜんマイルドフレンドリーですけど。

 

オフロード系の26インチの残存勢力は本気のファットバイクですね。26×4.0とか26×5とかです。

 

この26インチは旧MTBの古参のスタンダードでETRTOは559ですね。WOのロードの26インチとはノットコンパチです。

 

WO英式の26=WO仏式の650C=ETRTO 571です。26 1 1/8=650C 28C=ETRTO 28-571ですね。

 

この650Cは女子向け・小柄向けのクロスやロードバイクにちょくちょく採用されます。WO英式の26インチですが、ファットやMTBの26インチとは別物です。

 

このことから旧来の26 1 1/8や700C 23、650C 25、26X2.0 29X3.0て表記はほぼ商品名やカテゴリーですね。実際のサイズの判断にはもう役に立ちません。ジャンル、商品名、カテゴリー、スタイルの目安です。

 

このあてのならなさは100円ショップダイソーなみです。実質108円、そして、200円、300円、400円の商品がけっこうな確立でありますね。

 

ダイソー新大阪2階工具コーナーのパイプカッター

ダイソー工具コーナーのパイプカッター

 

オー、ノット100円ショップ!

 

で、実体サイズの判断の頼みの綱はETRTOですね。

 

救世主ETRTO

 

ETRTOはヨーロッパタイヤリム技術協会の略称です。「自転車、自動車、単車、乗り物全般のホイールとタイヤのサイズを統一するぜ!」てアメイジングな組織です。

 

サイズ表記はメートル法です。上記の72-622は『72mm幅の62.2mm内側直径のタイヤ及びホイール』ですね。

 

このETRTOを知れば、間違いを減らせますね。

 

700C C17 ノットETRTO

26 1.5 ノットETRTO

20 1 3/8 ノットETRTO

23 622 ETRTO

 

です。ストアやネットの商品の名前、カテゴリ分けはたいていノットETRTOですね。こんなふうにですよ。

 

 

W/O 20 1 1/8=英式WOサイズ表記ですね。由来からロードタイプの20インチ小径タイヤであることが知れます。ETRTOは28-451ですね。

 

一方のこれはインチ表記ですね。

 

 

オフロードタイプ? が、これは本格競技系じゃありません。旧来のMTB式に近いものです。つまり、オーソドックスなHE系の表記ですね。ETRTOは40-406です。

 

451と406のギャップは45=4.5cmです。互換性はありません。451タイヤは406リムにがばがば、406タイヤは451リムにぎゅうぎゅうですね。

 

つまり、商品名のサイズ=スタイルに惑わされず、しっかりETRTO=実際の寸法をチェックしましょう。

 

『タイヤモデル名 ETRTO』でグーグル検索すれば、公式サイトか自転車サイトで詳細を確認できますね。

 

もちろん、混在ジャンルのオーナーさんはホイールのチェックを事前にしましょう。リムありきのタイヤですから。

 

ことさらにミニベロ乗りのカスタム派はもろに直面しますね。4ホイールにインチアップしようなら、406-451問題に悩まされます。

 

タイヤの互換はありませんし、チューブの互換もありません。そして、はじめての交換でビードの固さに苦戦すると、「サイズ間違えたかあ!?」て疑心暗鬼にさいなまれますね。

 

手ごわいスチールビード

手ごわいスチールビード

 

これはBMX系のタイヤですが、表記はインチ+小数点=WOの英式ですね。

 

ミニベロタイヤ交換から入ると、たいてい行けますわ。ミニベロタイヤカオス過ぎ、細タイヤ固すぎですから。チューブレスタイヤの固さなんてトーフみたいなもんです、ははは。

 

とにかく困ったときのETRTO頼みです。勇者えとるとイズマイヒーロー! と覚えましょう。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share