自転車保険はクレジットカード付帯がおすすめ


2016年7月から大阪では自転車保険の加入が義務化

 

地元の大阪では自転車保険の加入が今年の7月1日から義務化されました。くわしい内容は府の公式ページにあります。

 

自転車保険の加入は自転車の防犯登録と同じで、非強制の罰則なしの任意です。最大の違いは契約の有無でしょう。

 

防犯登録はゆるゆるのなんちゃって義務ですが、自転車保険はきちんとした保険の契約です。とうぜん、保険のがめんどうで形式的です。

 

7月1日からの施工に伴って、大阪では府とあさひ自転車とau損保が事前に提携しました。販売店は協力的です。防犯登録のようにマージンがあるかもしれません。

 

この流れが全国的に広まれば、加入必須化は時間の問題でしょう。あさひがするなら、うちもやるか、てなところです。ホームセンターとか、イオンバイクとかが続けば、実質的に全国規模になりますし。

 

で、肝心の自転車保険です。自動車保険のようにメジャーなもんじゃありません。数年前までほぼ忘れられた存在でした。が、ここへ来てのスポーツバイクブームと高齢者の自転車事故の増加で息を吹き返しました。

 

保険は被害と加害のコンパチです。自分が怪我するのはけっこうですが、相手を怪我させるのはなにかと不都合です。

 

単体の自転車保険はだいたい掛け捨ての月払いですね。そして、単品の契約は割高です。たいていの人は自動車保険や火災保険のオプションでいつの間にか契約しますね。

 

自転車事故をしてから契約中の保険の内容を大慌てで見直す、て人は少なくありません。そこに自転車事故のオプションがないと・・・オーマイガー! です。

 

クレカの付帯で助かった!

 

そんなときの最後のとりでがクレジットカードの付帯です。クレジットカードにはいろんなオプションがあります。海外で有効な旅行中の物品の盗難や損失の保険とかは身近ですね。

 

この一つに自転車を含む交通事故、スポーツ事故のプランなどがあります。身近な例を挙げましょう。

 

ぼくの知人の息子さんが自転車事故をしました。こっちが自転車、あっちが歩行者。この場合、超高確立で自転車側が賠償責任を負います。

 

あっちの怪我は通院の後遺症なしの深刻なものじゃありません。が、請求は数百万から1000万です。ワオ!

 

ちなみに相手は主婦で会社勤めじゃありません。が、自営業の旦那さんの事務手伝いをします。とすると、休業保障が認められれば、高額な請求がしばしばまかり通ります。

 

たとえば、自宅療養半年、休業補償額20万が認められれば、120万が治療費のほかに上乗せされます。こっちの給料半年がまるまる持っていかれる次第です。

 

半年間はただ働きです。ふりかけご飯と具なしみそ汁で過ごさないといけません。趣味も娯楽も封印しないと。大事なロードバイクも売り払って、現金を作らなければなりません、うえーん。

 

これはまあまあのレアケースでしょう。しかし、こうゆう事故ごとに差し出口する人はどこにもいまして、最初の一声は予想より多めになります。とりあえず、ふっかけるのが交渉ごとの基本スタイルですし。

 

で、事故側です。知人の通常の自動車保険のプランは家族分の自転車事故を保証しないタイプでした。さっと青ざめた彼に救いの声が与えられました。

 

「クレジットカードの付帯を調べてみい」

 

と。で、全部のクレカを引っ張り出して、書類や電話で調べたら、一枚のカードに自転車保険を発見しました。しかも、家族の事故分を保証します!

 

まさに首の皮一枚のぎりセーフです。しかも、示談交渉を保険会社が請け負うタイプでした。被害側とのダイレクト交渉は何かとストレスフルで神経質です。怪我させた人と会うのはだれにも気まずいものでしょう。

 

保険会社が間に入ってくれるのは精神的にも肉体的にも大助かりですね。とかく、高額の交渉ごとは心身ともにハードです。

 

保障の相場とかも分かんないし。相談相手がいなければ、八方塞がりになります。

 

保険大手の三井住友海上火災のバックアップを受けられる三井住友VISAカードのポケット保険

 

じゃあ、どのクレカの付帯がおすすめでしょうか? 示談の交渉力は保険会社の規模によります。さらにこれから新しいクレカを作るなら、どのカード会社をベターチョイスしましょう?

 

JCBのクレジットカードは海外通販や海外のストア、国内ストアですら歓迎されません。問題外です。

 

海外旅行、海外通販をしよう、CRCやWiggleで自転車パーツを安く買おうて人はVISAかMAster Cardを選びましょう。この二つはクレジットカードの王道、クレカ二強です。現金より強力な必須アイテムですね。

 

保険会社のパワーとカード会社のパワー、この二つを兼ね備えるのは三井住友VISAカードですね。カード会社は文字通りのVISAで、保険会社は同グループの三井住友海上火災です。

 

自転車事故を含む海外旅行や旅行先の賠償なんかの付帯オプションサービスはポケット保険です。限度額は1億円ですね。よほどの大事故を起こさなければ、自腹を切らずにすみます。

 

自分一人の本人保険は月々580円からです。au損保の自転車保険は370円からですが、これは交通事故だけです。スポーツ中、日常生活中の対応版は880円~に上がります。年1万コースですね。

 

三井のポケット保険は組み合わせを自由に選べて、より柔軟に保険内容をパッケージできます。個人賠償1億と旅行携行品損害補償の10万円のセットは660円ですね。この場合、au損保の75%のコストで行けますね~。

 

学生さん、新卒さんはクレカデビューキャンペーンでいろいろ貰えます。年末まで最大8000円ですね。

 

 

ふつうに年末と年度末はクレカデビューのベストシーズンです。特典がいつもより跳ね上がりますからね~。ブラックフライデーや年末年始セール用にいかがでしょう?