仏式バルブの正しい空気の入れ方 英→仏式バルブアダプター編


仏式バルブはスポーツバイクの入門編

 

スポーツバイクのメンテナンスで最初に戸惑うのは空気の入れ方です。店頭で買えば店員さんにいろいろ教わりますが、ネットで買うと完全知識ゼロのどしろうと状態です。

 

ちなみにぼくは後者で、例のごとく一発目の空気入れのときにあたふたしました。まず、初心者はタイヤチューブの仏式バルブに困惑します。

 

仏式バルブ

仏式バルブ

 

ママチャリのと違う、もう、あかん・・・てなります。

 

ここから気を取り直して、家の空気入れをセットしようとしますが、空気入れのヘッドを仏式バルブのヘッドに装着できずにいよいよ追い詰められます。

 

一般的な家庭用の空気入れはママチャリ・シティサイクル用=米式or英式バルブ用です。大元の口金が米式で、ヘッドに英式のフックが付属するやつです。

 

ホームセンターの空気入れ 左が米式の口金 右が英式フック

ホームセンターの空気入れ 左が米式の口金 右が英式フック

 

見慣れたコンビです。これをスポーツバイクのタイヤチューブに多く採用される仏式バルブのヘッドにセットするには仏式アダプターが必要です。

 

仏式バルブアダプター

仏式バルブアダプター

 

単品で250円くらい。これはホームセンターのやっすいやつには付属しませんが、安い空気圧ゲージつきのフロアポンプ、パナレーサーの楽々ポンプとかには付属します。

 

 

3000円~のしっかりした空気入れは米仏オートマチックです。ヘッドのソケットの口金が自動的に切り替わります。

 

実際の使い勝手はそんなに変わりません。一手間あるかないかの違いですね。

 

仏式バルブの空気入れの正しい手順

 

まず、仏式バルブのヘッドのキャップを緩めます。

 

 

仏式バルブ

バルブのヘッドを緩める

 

これでバルブ内に空気の通り道ができます。キャップを押すと、空気を抜けます。

 

ここにさきほどのアダプターを右回しでセットします。最後まできちんと締めましょう。

 

仏式バルブアダプターセット

仏式バルブアダプターセット

 

で、ふつうに空気入れで空気を入れます。ただし、この安い空気入れのヘッドの固定ロックは外付けのフックのバネです。

 

ママチャリのタイヤの空気圧はそんなに高くありませんが、スポーツバイクのタイヤの空気圧は全般的に高くなります。

 

空気圧が適正値まで近づくと、ポンプのヘッドが中の空気に押し返されて、バルブから抜けがちになります。ぼくは専用のものを買うまで押さえながらやりました。

 

空気を適正値(好みの固さ)まで入れて、アダプターを外して、バルブのキャップを元通りに締めます。完了です。あと、根元のナットをしっかり締めましょう。

 

自転車用のポンプのヘッドはバルブにがっちり噛みます。もちろん、アダプターは不要です。

 

米仏対応ポンプヘッド

米仏対応ポンプヘッド

 

レバーロック時

レバーロック時

 

これはぜんぜん外れません。

 

仏式バルブの空気入れ総括

 

1.カバーを外して、キャップを緩める (アダプターをセット)

2.フリーの状態の空気入れのヘッドをバルブに根元までしっかりセット

3.レバーをあげてロック

4.ゲージを見ながら空気を入れる

5.レバーをフリーに戻して、バルブから外す

6.バルブキャップを締めて、カバーを付け直す

 

以上です。

 

自転車用の空気入れはだいたい3000円くらいですね。ゲージが手元にある方が見やすいです。