自転車の尻の痛みはサドル? 股ずれ? 痛みの種類と原因と対処法


自転車乗りの悩みはどんなものでしょう? 置き場、服装、盗難、大型トラック、逆走おじさん、自転車レーンの少なさ、などなどのいろんな問題があります。

 

クロス、ミニベロ、ロード、MTB、グラベルなどの遠乗りや長乗りではここに身体的な懸念が付きまといます。悩みのベスト3は手、膝、そして、尻ですね。

 

とくに尻(股間)のトラブルは自転車乗りの職業病的なものです。走行中、尻は常時のストレスを受け続けます。現実問題、プロライダーはケツの手入れを欠かしません。

 

尻のトラブルに悩まされはじめると、遠乗り・長乗りにはすこし消極的になります。そして、サドル選びの幕が開きます。

 

サドルのフィッティングは靴並みに難しいものです。自分の足のサイズやタイプを意識する人は少なくありませんが、尻のサイズやタイプを熟知する人は多くありません。

 

はて、ケツのサイズを言えます? 身体測定で計るのが目一杯です。ズボンを買うときには試着で現物合わせしちゃいますし。尻のデータはあいまいです。

 

で、ぼくはいろんなタイプの自転車で100-350kmのふつ乗り・長乗りを経験しまして、数種類の尻の痛みを体験しました。

 

そこから原因と対策を探っていきましょう。

 

尻の痛みの種類

 

自転車の尻の痛みの種類は一様じゃありません。主な痛みは2種類です。

 

  1. 圧迫系=筋or骨トラブル
  2. 擦れ系=皮膚トラブル

 

1はおなじみのやつです。基本的にスポバイのサドルはママチャリやシティチャリよりハードロックです。ふかふかクッション、頼もしいバネバネはありません。

 

バネつきコンフォートサドル

バネつきコンフォートサドル

 

ふかふかサドル=座布団、スポバイサドル=レジャーシートみたいなもんです。本格サドルは身体にはタイトです、あと財布にもタイトです、ははは。

 

これの対極がフルカーボンのサドルですね。

 

フルカーボンサドル

フルカーボンサドル

 

サドルからレールまでカーボン樹脂製です。クッション性はゼロです。フィーリングはまんまの板ベンチ、はたまた、地べたです。

 

さて、座布団に座る続けるのと固いベンチや地べたに座る続けるの、どちらがラクちんでしょう? 前者のがあきらかにラクちんですね。

 

スポバイの初心者の尻は前者の座布団サドルしか知りません。未熟者です。が、すこしスポチャリに乗れなれると、体重移動や圧の分散の仕方を自然と習得します。「習うより慣れろ」ですね。

 

しかし、乗車の工夫や精神論には限度があります。尻の形や強度は十人十色です。一人一尻、同じ尻はこの世に二つとありません。マイヒップ・イズ・オンリーワン。

 

かりにそこそこ乗りなれても、サドルや服装との相性で痛みを感じますね。毎日10km走るジョガーもシューズを変えたら、靴擦れをしちゃいかねません。

 

「おれの足にはアディダスのワイドタイプはOKだけど、ナイキのワイドタイプはなんかしっくり来ないなあ~。小指の外が靴擦れする~」

 

てのは多々です。サドルの相性もこれと似ますね。どこのブランドが合う、このモデルが合う。このモデルは合うけど、色と形が気に食わない…etcetc

 

なので、高いサドル=合うサドルじゃありません。高いサドルがふかふかサドルに劣る場合も少なくありませんね。

 

股ずれの原因はサドルの合皮とコットンインナー?

 

2番目の痛みの種類は擦れ系ですね。これはサドルの固さや大きさに加えて、シートの素材やライダーのインナーにも由来します。

 

ぼくの自転車スタイルではこの擦れが尻トラブルの原因ですね。最近、それに気付きました。じゃあ、見苦しいものを公開しましょう。

 

マイ・ジャンク・ジーパンです。

 

ジーパンの股ずれ

ジーパンの股ずれ

 

ぼくは自転車にはジーパンで乗ります。これはLEVIS 501 の黒ですね。薄伸びタイプやスキニータイプじゃありません。ドノーマルのドスタンダードのザ・がっちんジーパンです。

 

この丈夫なデニムのおまたがこんな惨状です。原因はチャリンコですね。ざっと一年、ざっと3000kmのサイクリングでこんな局部的消耗が起こります。ほかはぜんぜんへたらないのに!

 

デニムはキャンパス、コットン地ですね。これは湿気を吸うと、べっちゃり張り付きます。ナイロンやポリエステルみたいに速乾しません。

 

サドルには通気性がありません。ふつうのウレタンナイロンの合成皮革のシートはとくにそうです。風は全く通りません。カーボンはただの板ですし。

 

天然革は多少の風を通します。しかも、なじんで伸びます。かちかちのキャッチャーミットがじょじょに手になじむみたいに。天然革の利点ですね。

 

でも、種類が極端に限られますね。ぱっと思いつくのはブルックスばかりです。そして、手入れが特殊ですね。コロニルやサフィールなんかの革クリームでケアしましょう。

 

で、一度水気を含んだコットン生地はさっぱし乾きません。ズボンの中身の肉体は常時に汗をかき続けます。結果、インナーはずーっと蒸し風呂サウナです。

 

このしっとり生地を体重でサドルにぐいぐい押し付けながら何万回と小刻みに動かします。擦れ切れない方が不思議ですね、はい。

 

そして、ズボンの中のぼくらの天然革も同様のダメージを受け続けます。濡れ雑巾で何万回と皮膚を擦り続けられれば、容易に股ずれを起こしちゃいます。

 

股ずれのイメージ図はこんなですね。100km越えでは高確率でピンクの部分がずるむけになります。

 

自転車長乗りによる股ずれの箇所

自転車長乗りによる股ずれの箇所

 

ジーパンと同じ理由でコットン製のパンツも股ずれの原因ですね。皮膚にべちゃっと張りついて、ひとペダルごとに細胞をすり減らしてくれます。

 

皮膚はジーパンと違って、自己再生しますけどね。磨耗速度が再生速度を上回ると、生肉が露出しますね。

 

「じきに慣れる、じきに慣れる・・・ストイック、ストイック・・・」

 

こうゆうへんな頑張りが過ぎると、股ずれがカサブタになって、タコや色素沈着やケロイドになります。女子チャリダーにはNGでしょう。

 

ぼくの体感から慣れの距離と時期の目安は500km、2ヶ月ですね。それで痛みを覚えるなら、サドル交換や服装チェンジを検討しましょう。

 

カーボンサドルは股ずれしにくい?

 

さて、カーボンサドルはクッション的には最悪ですが、ノーマルな合皮よりスリッピーです。表面はつるつるですね。

 

このカーボンサドルの特性は2番目の擦れ系股ずれの尻痛みに悩むぼくには一種の利点ですね。固さの短所よりすべりの良さの長所が上回ります。

 

大阪-有馬の往復60km、大阪-嵐山の往復100kmをこのカーボンサドルとジーパンでやりましたが、合皮系のサドルより尻のストレスを感じなかった。

 

有馬温泉 到着

有馬温泉 到着

 

とくに嵐山のときにはインナーをナイロン製のものにしました。サドルとズボン、ズボンとインナー、インナーと皮膚の滑りと渇きがそれぞれよくなって、股ずれがすこし収まりました、おそらく。

 

一方の新車のMTBのサドルのシートは合皮系です。

 

ゲル入りサドル

ゲル入りサドル

 

ゲル入りのコンフォートよりのスポーツサドルですね。クッション性はカーボンサドルより上です。が、こいつに乗ると20km・1時間ではやばや尻のストレスを感じます。

 

サドル座面の細かいホールが通気の工夫ですけども、むれむれのデニム地の前では焼け石に水ですね。ケツ周りの発汗量が排出量より上回ります。

 

おまけにぼくはこれで30度の夏日の自走ビワイチ310kmに挑戦しました。

 

ビワイチ 大津港にて 愛車

ビワイチ 大津港にて 愛車

 

腕は日焼けでひりひり、尻は股ずれでずるずるです。風呂で悶絶しました、ははは。

 

と、冗談抜きに股ずれは靴擦れと同じくパフォーマンスに直結します。ぼくは一日目の半ばから尻ストレスを感じはじめて、全工程の3割を立ちこぎで行きましたね。

 

股ずれがひどくなると、ペダリングなしのただの座りさえが辛くなります。常時立ちっぱライドは過酷ですぜ~。手首の負担が多くなりますし。さいわいぶじに帰還できましたけど。

 

ミニベロのカーボンサドルを貰うか、天然革を買ってきてシートのDIY張替えに挑戦するかな?

 

とにかく、コットン製の服装と合皮シートのサドルの相性は最悪です。

 

「やわらかめのサドルにしても、尻の痛みを解消できないよ~、うえーん」

 

て人はサドルの固さやおのれのメンタルを疑う前に擦れ系痛みの原因をチェックしましょう。まず、チャリ後にケツ周りをスマホで写メしましょう。上のイメージみたいじゃありません?

 

じゃあ、はて、インナーが綿100%じゃありませんか? ジーパン履きじゃありません? 汗っかきじゃありませんけ? はい、皮膚トラブル、股ずれです。

 

この際にノーパンかナイロンパンツにチェンジしてみますかー。

 

 

へ、ジーパンでチャリに乗るな? ごもっともです。でも、501はわての皮膚ですから、生皮ですから!

 

アソスの股ずれ防止クリームがよさ気ですね。

 

 

か、安いワセリンを使うかなー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share