フラットペダルでビンディングみたいな引き足をできるか?


自転車のペダルの大半はフラットペダルです。世間一般的にはペダル=フラットペダルですね。

 

左クランクとペダル

左クランクとペダル

 

これはワイドタイプの樹脂製のフラペダです。べた足の幅広のぼくの足にはこんなワイドタイプがジャストですね。

 

MTBのやつは滑り止めのピン付きですね。

 

ペダル取り外し

ペダル取り外し

 

これはVPのアルミ製のフラッペです。ペア500gからしますね。おそらく下り系のレース用です。街乗りには強度と重量がややオーバーテクノロジーですね。

 

これはマグネシウムとチタンスピンドルのA-ESTの軽量フラペです。

 

ペダル取り付け

ペダル取り付け

 

踏み面は小ぶりです。スニーカーのソールのさきの方で乗ります。ピンはしっかりですね。これをフローリングに持ち込むと、もれなくピンで床をがりっちゃいます、とほほ。

 

さらにこいつはWellgoのQRD、クイックリリースペダルですね。

 

Wellgo QRD M111 クイックリリースペダル

Wellgo QRD M111 クイックリリースペダル

 

シャフトがワンタッチで右側のソケットから外れます。用途から折り畳み自転車やミニベロにベストマッチしますね。

 

じゃあ、フラットペダル=スケートボードです。そうイメージしましょう。

 

他方の固定ペダル、ビンディングペダル、クリップレスペダルはこんなですね。

 

 

踏み面の中央にビンディングがあります。これを世に広めたフランスのLOOK社はもともとスノースポーツのメーカーでした。スキー板のバインディングからヒントを得て、自転車用のビンディングペダルを開発しました。

 

で、このビンディングペダルはスキー、スノボの板にあたります。単体では機能を発揮しません。はい、専用の靴が必要ですね。ビンディングシューズです。

 

 

この『SPD』はシマノのビンディングシステムですね。クロネコヤマトの『宅急便』みたいなものです。他社のものはSPDじゃありませんが、シマノのシェアの高さからごっちゃに混同されます。

 

ロードバイク、高速MTBのジャンルではフラットペダルよりビンディングペダルが重宝されます。足をペダルに固定すれば、クランクの回転効率を上げられます。

 

とくにロードバイクは効率のスポーツです。乗車時間が長引けば、効率の良し悪しがぐんと出ますね。効率/1時間x10て計算式ですね。ロードで10時間はふつうです。

 

固定ペダルのCONSは汎用性の低さと安全の問題ですね。専用シューズはスニーカーじゃありません。サッカースパイクや野球のスパイクみたいなもんです。アスファルトやコンクリの地面に向きません。

 

ことさらにロードレース用の固定シューズは自転車の上以外ではハイヒール以下の歩きにくさです。ソールはかちかち、金具の停め具がむき出しです。よちよち歩きがすでに一苦労ですね。

 

これは当たり前のことです。スキーのシューズやスノボのブーツではまともに歩けません。足元はがちがちですね。

 

じゃあ、ビンディングペダルとビンディングシューズはニコイチの装備品です。二体のドッキングで本来の機能を発揮します。合体メカです。単体の能力はフラペとスニーカー以下です。

 

もう一つの懸念は安全の問題ですね。ペダルとシューズはクリートて止め具で擬似的に合体します。足をくりっとひねれば、これを外せます。逆にこの呼び動作をしないと、足をフリーにできません。

 

初心者はこれに慣れませんし、中級者もたまに外し忘れます。熟練者さえも路上のふとしたイレギュラーに気を取られれば、ぱーんと失念しますね。スマホ、飛び出し、疲れ、慢心などなどですね。

 

とくにスマホは現代人に、チャリダーに必須のアイテムです。地図、電話、ナビ、時計、電子マネーがこのコンパクトなデバイスに詰まります。無駄を嫌うロード乗りにはゼッタイ不可欠ですね。

 

が、ながらスマホや不意打ちの呼び出し音は自動車、自転車、歩行者などなどの路上トラブルの最大要因ですね。そこにもう一つの要因、飛び出し、赤信号とかが重なると、注意力は半分以下になっちゃいますね。

 

で、足くりをにわかに忘れて、足元をフリーにできず、事故や怪我をしますね。これがぞくに『立ちゴケ』ですね。ビンディングペダルの愛用者の永遠の課題です。

 

スキーやスノボの立ちゴケ=雪まみれですが、自転車の立ちゴケ=アスファルトにごっつんor自動車にぶりんです。しかも、ロード乗りは軽装です。ぺらぺらのサイクルジャージの防御力はお察しです。

 

行動範囲と狭くなり、安全性は低くなります。これがビンディングペダルの弱点ですね。つまり、気軽じゃありません。フォーマルです。

 

このフォーマルさ、一種の窮屈さ、形式主義、作法をポジティブに捉えられる人にはこうゆう競技用の専門機材は好ましいアイテムです。そんな人は早晩にすね毛をそっちゃいますね、ははは。

 

で、気軽さ、ゆるさ、現実志向、ストイック過ぎやスポーティ過ぎはいやだなあ、スポ根は生理的に受け付けませーん、おしゃれなカフェや良さ気なお店に寄り道しようよ~、派には不要の長物ですね。

 

案の定、ぼくは完全に後者ですね。フラットペダル派です。チャリ活、チャリ通のスタイルがビンディングペダルに合いません。上り坂で疲れれば、降りて押して歩きますし。

 

坂は続くよドコまでも

坂は続くよドコまでも

 

ふつうに繁華街にチャリを止めて、目を離して、ふらふらしちゃいますし。
チャリが心配だア? 気にしいですね。鍵のごときは甘えだよ! 漢は黙ってロックフリーでパチりに行くのや!

 

OK牧場

OK牧場

 

フラットペダルで引き足を使えるか?

 

で、ぼくの愛機はつねにフラットペダルです。ほんの一時、ビンディングペダルを検討しますが、シューズ選びに難儀しまして、フラットペダルに落ち着きますね。

 

そう、ぼくの足のタイプは典型的な幅広甲高ですね。26cmの4Eがベストです。ランニングシューズはスーパーワイドタイプですね。

 

asics New York GT2000

asics New York GT2000

 

スポーツの専用シューズのWidth、幅のバリエーションはふつうのスニーカーや運動靴より少なめですね。たいがいDが基本で、3Eが限度です。

 

欧米人の足はアジア系の人種よりだんぜんに細身です。アディダス、ナイキ、コンバースはわが足にはタイトです。ニューバランス、メレル、ビルケンシュトックがせいぜいですね。

 

そもそも靴下が昔から苦手です。室内では真夏から真冬まで素足で活動します。石田純一ですね。

 

ですから、タイトなシューズはNGです。ますますビンディングシューズが遠ざかりますね。サンダルタイプの固定シューズがいくつか出ますけど。

 

Shimano - SD5 サンダル
Shimano – SD5 サンダル

定価 12420円
割引 28% オフ
特価 8940円

※2017/06/07 18:50:10のwiggleの価格

 

ああ、まさにこれを買おうかとしますが、値段とビジュアルで足踏みしちゃいますね。べりべりサンダルはいやだなあ。バックル&ストラップ式にして~。

 

じゃあ、スニーカー+フラットペダルがぼくのチャリンコスタイルですね。50km以内ではビルケンのサンダルを併用します。

 

街乗りMTBとミニベロの両方がフラットペダルですね。右がMTB用、左がミニベロ用ですね。金属ピン付きです。

 

新旧ペダルの2ショット

新旧ペダルの2ショット

 

ん? 右のAestのピンの方がちょいでかですね。踏み面の面積の小ささをピンで補う形でしょうか。げんにグリップはがっちしですね。ソールに食いつきます。

 

フラットペダルのペダリングは『踏み』ですね。基礎の基礎です。自転車に乗れる人はできます。立ちこぎをすると、より強くマッハ踏み踏み感を意識できますね。

 

フラットペダル踏み足

フラットペダル踏み足

 

一方のビンディングペダルのペダルのペダリングは『回し』ですね。踏みのような上から下の一方向の動きでなく、360度の円周の動きです。

 

ビンディングペダル回し

ビンディングペダル回し

 

いずれの角度で回転のパワーを加えられますね。一点勝負のフラッペの踏み足より効率重視です。とくに下から上への引き足がキモですね。

 

かりにフラッペの踏み足ペダリングだけでビンディングの全周分の出力を出すなら、引き足分のロストパワーを一気に掛けなきゃなりません。一発の負荷が増えますね。ヒザや間接によろしくありません。

 

これが何時間、何万回転と続くと、出力の総計が段違いになります。長時間で大きな差が出る。そう、自転車のペダリングはランニングのフォームのようなものですね。

 

ランニングにもフォアフットとかべた足とかかかと接地とかのフットワークのタイプがあります。フォアフットがエルゴノミックだ、べた足のが日本人に合う、かかと接地て習ったからかかと走りで永遠に行くわ、とかの論争は尽きません。

 

フラットペダルはスケボーです。下から上のペダリングで足を引いても、ペダルを引き上げられませんね。過度の引き足は逆効果です。シューズのソールがペダルから離れちゃいます。

 

ピン付きのものはソールに食いつきますから、真下の6時方向からやや斜め上の7時方向まで自然に持って来れますね。

 

が、8時、9時、10時、11時は完全に休憩時間です。再出勤は12時以降ですね。なかなかの重役出勤ですね、フラペダさん、ははは。

 

もしくは、フラペダ商店はふつうの町の店屋ですね。8時~11時は準備中です。ビンディングは24時間営業のコンビニエンスストアです。深夜帯の客足を取りこぼしません。売り上げは店屋より安定ですね。

 

フラペダ=スケボー、店屋

ビンディングペダル=スノボ、コンビニ

 

ですね。

 

自転車操業、て言葉のイメージはあきらかにビンディングペダルの印象ですね。休みなしにぐるぐる回す。二十四時間、戦えますか?

 

ノー、うちは戦えません。じゃあ、フラペダですね。やっぱし、ペダルは『踏む』もの、そして、『削る』ものですわ。

 

とにかく、『引く』ものじゃありません。『引く』を意識しすぎると、『踏み』をおろそかにしちゃいます。回転の全体の自然さが失せますね。

 

スキップを意識しすぎると軽やかにスキップできなくなります。ペダリングも同様ですね。『引く』→『踏む』動作のスキは数分の一秒です。意識がおっつきません。ちぐはぐになる。

 

意識過剰の引き足はただの踏みペダリングより劣りますね。練習にはけっこうですが、実用にはNGですわ。

 

「踏む、引く、踏む、引く、踏む、引く、踏む、引く・・・」

 

で念頭がぐるぐる一杯一杯になります。楽しいもんじゃありません。5分とか10分とか1kmとか2kmとか制限を決めましょう。

 

動作の一部分を切り出してピックアップするより、全体の滑らかさをふわっとイメージして、フットワークしましょう。ぼく的にはそっちのが好印象です。クランクの回転がいつもより軽やかだあ? て気がすこしします、すこしね。

 

筋肉の力みはなめらかな動作の大敵ですが、意識の力みも動きのスムーズさを邪魔しますね。スキップですよ、スキップ。

 

まあ、引き足とか神経質にせんでも、体重かけてがしがし漕げば、ぼちぼちゴールに付きますわ。

 

ほんまのずぼらチャリダーはいちいち距離とか速度とか細かく計測しません。効率もへちまもありまへんわ。スポーツじゃないんやし。ざっくりで構いませんねん。

 

琵琶湖のほとりで朝飯だ

 

FREEDOOOOOOM!

 

で、結論は

 

「できるけど、できたところで、続かねえ。ああ、引き足や、引き足や」

 

ですね。

 

ぼくはビワイチのときにソフトソールのフットサルシューズで300km走りますが、土踏まずが疲れるとか、かかとが痛むとかはまったくしませんね。紐が甲にあたって、うっ血はしましたけど。

 

しょせん、自転車のペダリングは強度的には中負荷です。バスケやフットサルのようにターン&ダッシュの連続みたいな強負荷の時間はありません。ぜんぜんマイルドです。

 

ぼくは室内では踏み込みの内圧で親指の爪をよくやっちゃいますね。もっとも熱心だったころには足の甲の内側のアーチを疲労骨折しちゃいましたし。こんな固ったい骨にヒビが行くかあ?

 

このころの鍛錬のおかげで足首から下はほとんど疲れませんね。これは過去の運動経験によりますが。てか、サイクリングと並行的にランニングを地味に続けますしね。

 

運動未経験者、やわい足の人、女子は柔らかいソールで長チャリすると、そんな足先づかれを起こしますね。そんな人たちにはサイクルスニーカーが一助になります。

 

 

アマゾンのamazon販売の靴は返品可能ですね。実店舗より気軽に買えます。タグ外しと外履きはNGですけど。

 

ふつうのスニーカーのものより足裏のソールがハードですね。ぼくのニューバランスから新作のサイクリングスニーカーが出ますね。Cシリーズてやつです。気になる~。

 

メレル、キーンとかも注目ですね。アウトドア系のビブラムのやつですか。アイ・ラブ・ビブラム! やっぱし、靴はイタリアだなあ!

 

ぼくはビンディングペダルをするなら、ぼろいスニーカーに金具をくっつけてDIYしてみましょうか。それか、もっと原始的に片足をビニール紐でペダルに括り付けるか。

 

はたまた、ママチャリのスタンドをたてて、両足を括り付けて、ぐるぐるの練習しますけ? ブレーキで負荷を調整します。引き足の感覚はばっちり分かりますわ、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share