Fulcrum Racing 4 5 6 7のDBモデルが一気に登場 2to1組みじゃない?!


Fulcrumはイタリアの人気ホイールブランドですね。同国のカンパニョーロのもうひとつのホイール部門のようなポジションです。

 

ロードホイールのRacingシリーズはカンパのホイールと人気を二分します。エントリーの5、いちばん人気の3、ハイエンドのZEROがとくに好評ですね。

 

カンパのが万人向けでマイルド、フルクラムのがスポーティでレーシー、てのがちまたの定説ですね。とにかく、見た目、価格、ブランド、性能の総合力がばつぐんですね。

 

ホイールブランド四天王のあと二つ、シマノはじみな見た目、マビックはWTSの独自路線でやや損をしますね。

 

シマノ、カンパ、MAVICはすでに今期の2018モデルのホイールを発表しました。シマノはアルテグラホイールを一新、カンパはDBモデルを投入、マビックはチューブレスのUSTを投入しますね。

 

で、四強のフルクラムの2018モデルの情報がようやく出てきました。DB、ディスクブレーキモデルがぶわっと増えますね。

 

 

ビジュアルはこんな路線ですね。ふんいきががらっと変わりますね。現時点でもっとも詳しい情報はこのイタリア語のページですね。→http://www.bdc-mag.com/nuove-fulcrum-racing-4-5-6-e-7-db-dischi-a-tutto-campo/

 

 

Racing 4 5 6 7 にDBモデルが登場

 

カンパのDBホイールの本格始動は今期からです。先行のZONDA DBにSHAMAL DB、BORA DBが加わりますね。一年越しのレースモデルのカンパDBホイールです。

 

一方のフルクラムは前々からDBモデルを出しますね。そもそも姉貴分のカンパがしないオフロードホイールをしますね。RED PassionやRed Metalですね。もちろん、これらはディスクブレーキ用です。

 

オンロードのホイールにはRacing 5 DB、Racing Quattro Carbon DB、Racing Zero DBがすでにあります。完成車用の廉価なSport DBなどもありますね。

 

セミディープ Racing 4 DB

 

発表の先陣は新型DBの4モデルです。このなかの注目株はRacing 4 DBですね。40mmハイトのセミディープの新型DB版ですね。

 

Racing Quattro DBじゃなくて、Racing 4 DBのようです。ステッカーが”4″ですし。

 

ディスクローターはAFS、センターロック式ですね。スルーアクスル142が標準です。ペア重量は1690gですね。リムはホールレスのつるぺたで、2Wayfit=チューブレスレディですね。

 

ディスク化とチューブレス化はニコイチですね。クリンチャータイヤを使うなら、キャリパーにしましょう。ディスクにするなら、チューブレスを試しましょう。

 

100g軽量化! おなじみRacing 5 DB

 

Racing 5 DBはスタンダードなホイールですね。エントリーモデル5のDB版ですね。Racing5 DBのラインナップは2015年ごろからあります。じゃあ、一新モデチェンですね。

 

2017モデルのカタログ重量は1715gですね。新型はずっと軽くなって、1610gになりました。そして、テープレスのチューブレスレディですね。

 

ビジュアルは上記の7と大きく違いません。ステッカーが5になります。全体的に見た目の印象がいかつくなりますね。リムもロゴも黒モノトーンです。

 

新顔のRacing 6 DB

 

Rasing 6は新顔ですね。2017のカタログにはこのナンバーズがありません。旧来のノーマルホイールのRacing 6はスペシャライズドの完成車向けRacing 5のリム+Racing 7のハブて代物ですね。

 

新型Racing 6 DBは1690gのエントリーディスクブレーキホイールですね。たぶん、5 DBのリム+7 DBのハブですね、間を取って式に。

 

このグレードもチューブレスレディです。クリンチャーの存続が黄信号ですね!

 

リム幅C19のRacing 7 DB

 

Racing 7 DBはいちばん下のグレードです。重さは1740gですね。テツゲタに片足を突っ込みます。しかし、特筆の特徴がありまして、リム幅内径がC19、19mmですね。

 

このクロスバイククラスのワイドリムで推奨タイヤサイズが28-62になります。ロードプラス系タイヤに近くなりますね。いや、62=2.44インチですね。よゆうでオフロードタイヤを履けますね。

 

グラベルアドバイク、オールロード、アーバン系の完成車用でしょう。か、油圧ディスクブレーキのクロスバイク用ですね。こいつのロゴはなぜか白ですね。

 

そして、やっぱし、チューブレス互換です。ロードバイクのチューブレス化より町乗り系のチューブレス化のがさきに来そう、ははは。

 

スポーク組みが2to1じゃない!

 

ここまで見てきて、気付きますね。スポークレイアウトが2to1じゃない!

 

カンパG3 フルクラム2to1 リアホイールのスポークレイアウトの違い

カンパG3 フルクラム2to1 リアホイールのスポークレイアウトの違い

 

この図の右のように3本セットの2to1組みがフルクラムホイールのアイコンですよ。それが不採用です。

 

ビジュアルはオフロードのRED系に似ますね。

 

 Fulcrum - Red Power (レッドパワー) XL MTB ホイールセット 2017
Fulcrum – Red Power (レッドパワー) XL MTB ホイールセット 2017

定価 3774940769円
割引 34%
特価 26927円

※2017/08/04 07:03:18のchainreactioncycles.comの価格

 

カンパニョーロのBORA DBやZONDA DBはG3組みを採用しますね。ただし、BORA DBのスポーク数は3×8の24本ですね。キャリパーの3×7の21本より多くなります。

 

 

現行の2017モデルはQuattro Carbon DBは2to1ですね。3×7の21本です。DBモデルの特徴で前後の組み方が同じになりますね。

 

Fulcrum Racing Quattro Carbon Clincher Disc Brake Wheelset
Fulcrum Racing Quattro Carbon Clincher Disc Brake Wheelset

定価 179999円
割引 41%
通常 107009円
特価 101009円

※2017/08/04 07:09:20 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

うーん、こっちのがスペシャルクールですね~。このQuttro Carbonは出色のかっこよさです。

 

が、フルクラムのアイコンを捨てて、この組み方にするのは相応の理由でしょうね。通常の2to1やG3はDBには剛性不足だあ?

 

リアホイールの左右のスポーク本数はドライブ側16本、反ドライブ側8本で、実質2to1ですが、印象がぜんぜん違う~。ふつうのクロス組みに見えちゃいます。

 

ちなみにフロントホイールはドライブ側8本で、反ドライブ側16本ですね。ディスクブレーキの台頭で消えるのはキャリパー、クリンチャー、そして、フロントのラジアル組みですね。

 

今後のRacing ZERO DBやCarbon DBのビジュアルはまた違うかも。

 

まとめ

 

モデル名 重量 タイヤ種 タイヤ幅 素材 価格 備考
Racing 4 DB 1690g TL 25-50 アルミ 40mmセミディープ
Racing 5 DB 1610g TL 25-50 アルミ 定番
Racing 6 DB 1690g TL 25-50 アルミ 新顔
Racing 7 DB 1740g TL 28-62 アルミ 超ワイドリム

 

価格はまだ未確認です。公式サイトの更新はまだまだ先のはなしですね~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share