CULTベアリングのフルクラムレーシングゼロ COMPETIZIONEが9万円!

ロードバイクのアルミホイールの最上級クラスの一角がFulcrum Racing ZEROシリーズです。レーシングゼロ、レーゼロ、レシゼロとか略されて、愛されます。

 

ノーマルのレーシングゼロ、電解処理で真っ黒な表面処理をしたRacing ZERO NITE、カーボンモデルのCarbonが定番ラインにあります。

 

ここに2017モデルから新しいモデルが加わります。Fulcrum Racing ZERO COMPETIZIONEです。

 

今期から主流になったワイドリムC17にCULTのセラミックベアリングハブを搭載した高性能モデルです。紅一点のレッドスポークがワンポイントです。重さは1510g、クリンチャーのみです。

 

おしゃれ・・・じゃないな。モノトーンのが好みです。2to1のスポークパターンが十分にスペシャルルックスですしね。

 

最高峰アルミホイールのモア特別仕様です。品質は折り紙つきです。でも、旧仕様の15Cユーザーが17Cのワイドリム化、25C,28Cのワイドタイヤ化にすんなり移行できますかね?

 

15Cリムに25Cタイヤの組み合わせはよろしくありません。タイヤとリムのギャップに空気のうずができて、空気抵抗が上がっちゃいますので。

 

C17とC15リムに25Cタイヤをつけたときの空気の流れ

 

 

23Cタイヤ神話伝説の既成概念をぱさっと捨てられるかが分かれ目です。

 


Fulcrum Racing Zero C17 Competizione クリンチャー/チューブレス・ホイールセット
定価 176399円
割引 -76352円
通常 100047円
特価 94047円

※2018/09/04 19:04:39 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

クリンチャーてありますが、フルクラム公式では2wayです。スポークニップル穴はない。
間違いなく最高クラスのアルミハイエンドホイールです。赤系のフレームのオーナーは即買いでしょう。チャリのベストシーズンはこれからですしねー。