Fulcrum Racing Zero コンペティツィオーネ C17が11万くらいで販売


 

イタリアの人気ホイールブランドFulcrumが展開するロードバイク用700Cの最高峰アルミホイールシリーズがレーシングゼロです。

 

お値段は実売でだいたい8万前後です。カンパニョーロのシャマルウルトラと並んで、アルミホイールの双璧をなします。

 

ホビーユーザー、レース嗜好、どちらの方面からもレーゼロのネガティブな意見は聞かれません。見た目、ブランド、性能、価格、四拍子のバランスがベリーベターです。

 

シマノは価格では有利ですが、見た目では不利です。マビックは価格とハブの回転と入手のしにくさで不利です。レイノルズ、イーストン、DT、TOKENなどなどはブランドと一般的な知名度に欠けます。

 

というわけで、ふつうの人はホイール交換に10万を出すならば、フルクラムのレーシングゼロかカンパニョーロのシャマルウルトラを買います。

 

 

チューブレスでワイドリムでCULTハブなコンペティツィオーネ

 

で、レーシングゼロです。2017モデルから、アルミのハイエンドホイールはC17に置き換わりました。これまでのC15はしれっと廃盤です。25Cタイヤが今後の主流になります。まあ、いずれ28Cになるのは確実ですが。

 

で、既存のノーマルのレーシングゼロ、レーシングゼロナイト、最強のレーシングゼロ Competizioneが17mm幅になりました。

 

Ceramic Ultimate Level Technology=CULTてゆう高性能なテクノロジーを搭載するハブを採用するのがCompetizioneです。

 

ノーマル > USB > CULTの順でハブの性能は良くなります。ノーマルのレーゼロのハブはUSBハブです。従来のハイエンドよりさらにハイエンドなレーゼロがこのCompetizioneです。

 

この新作Racing ZeroがイギリスのEvans Cyclesで販売開始されました。

 

Fulcrum Racing Zero C17 Competizione Clincher/Tubeless Wheelset
Fulcrum Racing Zero C17 Competizione Clincher/Tubeless Wheelset

定価 163899円
割引 29%
通常 116666円
特価 110666円

※2017/07/05 15:36:08 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

レーゼロ+CULT、チューブレスです。これはもう完全に最強ホイールですね。Shwalbe Pro Oneなどを使えば、かんたんにチューブレス化できます。

 

ただ、スポークの差し色の赤が車体を選びますね。青系や緑系にはこのワンポイントが泣き所です。とはいえ、カンパとフルクラムのイメージは赤ですね。MTBのホイールはREDなんちゃらてなりますし。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share