Fulcrum Racing Zero C17 25Cタイヤ用にワイドリム化した新レーシングゼロ


レーゼロのC17が7万円台!

 

ロードバイクのいちばん人気のホイール、イタリアのカンパニョーロ社のZONDA、ゾンダは今期の2017モデルからC17にワイドリム化して、23C非対応になりました。

 

ZONDA MY17

ZONDA MY17

 

旧来のモデルはC15=15mmですね。このリムサイズにベストなタイヤ幅は25C-28Cになります。

 

ちなみにC15とかC17とかのサイズはリムの内幅、ピンクのところですね。

 

erd

 

このC17系ホイールに23Cタイヤをつけると、ホイールの本来の能力を発揮できません。右側のように空気のうずが抵抗になります。

 

C17とC15リムに25Cタイヤをつけたときの空気の流れ

C17とC15リムに25Cタイヤをつけたときの空気の流れ

 

この空気抵抗の影響は地味に効きます。このうずまきが走行中の四六時に付きまといますから。常時スロウのデバフです。

 

長時間の出力の差はなおさらです。船の舳先みたいなもんですか。つまり、燃費が悪くなる。

 

23Cタイヤの愛好家は大人しく旧モデルを買いましょう。買い替え時で数はそこそこ出ます、メルカリやヤフーオークションで。

 

ちょい高めの人気定番ロードアルミホイールの片棒、フルクラムのレーシングゼロ、レーシング3も2017モデルからC17化します。フルクラムとカンパニョーロは姉妹ブランドです。規格チェンジの足並みはおのずとそろいます。

 

また、フルクラムのエントリーモデルのレーシング5やレーシング7にはすでにLGてワイドリムシリーズがありますね。エントリーモデルは乗り心地重視ホイールです。じゃあ、ワイドタイヤフレンドリーですね。

 

で、これがゾンダまで広がった、てのがロードバイクホイールの潮流を示しますね。23Cはもうトレンドじゃありませんねー。

 

で、フルクラムの今期モデルのレーシングゼロがこんなお値段です。

 

Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Road Wheelset 2017
Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Road Wheelset 2017
定価 134828円
割引 41% = ¥55829円
特価 78999円

※2016/11/13 15:52:20のcyclingexpressの価格

 

海外ストアの実売は7~9万円ですね。10万のとこの方が少数派です。

 

一方の国内価格はことごとく11万前後です。古い年式のものさえそんなに値下がりしません。ホイールとグループセットの国内販売価格は基本的に高止まりです。余計にうれないよ~。

 

新レーゼロの重量は1518g、USBセラミックハブ、スポークレイアウトはFulcrum 2:1です。ワイドリム化で快適性を底上げして、旧来のレーゼロのよさをそこなわず、最新流行にアップグレードしました、てなもんです。

 

重量は旧モデルよりちょい重めですね。軽さを犠牲にしても、快適さを重視する! てのがメーカーの主張ですし、2010年以降のトレンドですね。

 

この2、3年でレース志向のロードバイクブームはやや廃れましたね~。エンデュランスロードが隆盛です。流行らない流行らない言われたグラベルバイクがちょこっと浸透しましたしねー。泥系のハイブリッドバイクがはやるかあ?

 

もう一方の注目ワイドリム、カンパニョーロのシャマルウルトラの2017モデルはなかなか安くなりませんね。全体的にフルクラムの割安感が目立ちますねー。フルクラム推しイヤーでしょうか?

 

シャマルの7万台がある! でも、カンパニョーロフリーのモデルだあ! とかはありがちです、あはは。

 

Campagnolo Shamal Ultra Clincher Wheelset

Campagnolo Shamal Ultra Clincher Wheelset

定価 113767円
割引 38%
特価 70698円

※2016/11/13 15:56:29 のprobikekit.jpの価格

 

[PBK5]のコード入力でさらに5%引きでシャマル6万! これがスラム/シマノフリーだったらな~。