空気入れが壊れた! 分解と修理 なぞのサビと湿気の原因はあれだった!


シティチャリやママチャリのタイヤチューブのバルブは英式バルブですね。こんなです。

 

英式バルブと虫ゴム

英式バルブと虫ゴム

 

バルブコア、虫ゴム、ソケットからなります。

 

バルブ キャップ 虫ゴム

バルブ キャップ 虫ゴム

 

これはポピュラーな商品ですね。100円ローソンやダイソーやセリアやの100円ショップで入手できます。

 

ダイソー100円パンク修理パッチ

ダイソー100円パンク修理パッチ

 

一方、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、ミニベロなどなどのスポバイ、ホビバイのバルブは仏式ですね。

 

チューブレス用仏式バルブ

チューブレス用仏式バルブ

 

さらに汎用の米式があります。

 

エアサス米式バルブ

エアサス米式バルブ

 

これらには互換性がありません。一般的な空気入れはだいたい英・米式ですね。米式口金に英式ソケットがバンドルします。

 

ホームセンターの空気入れ 左が米式の口金 右が英式フック

ホームセンターの空気入れ 左が米式の口金 右が英式フック

 

仏式は日常生活ではマイナーです。しかし、チャリ生活にはメジャーのメジャーですね。むしろ、英式・米式にはとんと無縁です。

 

スポバイのタイヤは実用系の自転車のタイヤより神経質です。空気圧はとくに重要ですね。タイヤ、チューブ、ホイールのそれぞれには推奨空気圧があります。その適正な範囲内で最大の性能が出ますね。

 

ですから、気圧メーターつきの空気入れ、フロアポンプはチャリダーには必須です。ぼくは最初にこそ自宅の汎用空気入れを使いますが、じきに自転車用のものを買いなおします。

 

BBBフロアポンプ

BBBフロアポンプ

 

オランダの自転車パーツブランドBBBのフロアポンプですね。もちろん、メーターつきです。そして、口金は米・英・仏のコンパチブルですね。口金が勝手にバルブを判断します。かしこ工具ですね。

 

3000円~のものはたいていそんなですね。パナレーサーのがアマゾンの売れすじ一直線ですね。楽々ポンプ、名前があれだけど、ははは。

 

 

で、ふつうの空気入れでロードの23Cみたいな高圧用タイヤに適正な空気を入れようとすると、かなりの苦戦を強いられますね。

 

マイふつポンプの末路はこんなですね。

 

タンクが壊れた空気入れ

タンクが壊れた空気入れ

 

はい、タンクがぐんにゃりしちゃいました。一回の排出量が自転車用より少なめです。何回もむりやりしゅこしゅこしますから、挙句にこんなふうにぶっ壊しちゃますね。

 

で、そんないきさつでBBBのやつを買いました。ほんまにひんぱんに使いますから、すぐに元を取れます。空気入れは必須ですね。

 

このありがたみをかみ締めながら、チューブレスタイヤのビードを上げようとハイスピードでしゅこしゅこします。じゃあ、途中で手応えがすかっとなります。あれれ?

 

空気入れのなかでなにかの異変が生じました。そんなふんいきです。手応えからパッキンの不具合でしょうか。時間を置いて再挑戦しますが、芳しい反応を得られません。

 

故障ですね。じゃあ、良い機会だ。空気入れのメンテをしましょう。メンテ品のメンテも大事ですよ。

 

未知数な空気入れの修理

 

早速、ネットで自転車空気入れの修理のログを調べます。が、いずれが個別の案件で、内容がまちまちですね。

 

  • パッキン系
  • 反動板系
  • 弁系
  • 持ち手破損系

 

これらがレギュラートラブルみたいです。でも、空気入れのメーカーや種類がばらばらです。BBBのやつは出ない。あえなくネットを閉じます。

 

こうゆうときの頼みは手探りと勘ですね。緩められるところを緩めて、開けられるところを開けます。

 

まずは手仕事ですね。手で外せるところを外します。空気ホースの口金のソケットと空気圧ケージの根元をぐりぐりします。じゃあ、ぱかっと開きました。

 

ホース側の連結部は異常なし

ホース側の連結部は異常なし

 

異常は見当たりませんね。汚れがちょびっとだけですね。きれいなもんです。ホースの空気漏れて感じははなからしませんね。筒のなかが怪しげです。

 

ひっくり返すと、でっかいナットを見つけます。

 

土台裏のナット

土台裏のナット

 

シャフトエンドにでっかいナットです。この止め方で中の仕組みはおおよそに知れますね。このナットを外すと、シャフトを引っこ抜けます。これまでのメンテ経験がそう語ります。

 

で、ナットを外して、筒のサイド側のネジを緩めて、持ち手をぐいぐい引っ張り上げれば、シャフトをすこっと抜けますね。

 

はい、ご対面です。

 

空気入れインナーチューブ

空気入れインナーチューブ

 

あらまあ、サビとグリスですわ。チューブはしっとりウェットです。ところどころに水滴がしますね。

 

んー? なんででしょうか? この空気入れは完全室内保管だのに? 湿気か? うーん、なぞ。

 

小首を傾げつつ、サビと古いグリスをふき取ります。なぞシステムが現れますね。

 

空気弁ぽいゴムボール

空気弁ぽいゴムボール

 

ここでぼくがしゅこしゅこしますと、球がころっと噴出しました。このボールのところが空気口みたいです。ボール自体は逆流弁でしょうか?

 

これ以上の分解はむりです。余分な汚れと水分を取って、グリスを塗りなおして、外筒にセットしなおします。

 

控えめにグリスをしたら、シャフトの根元から空気漏れをしちゃいました。グリスをべッチョり塗りなおします、インナー筒にも薄く塗る。

 

と、今度は持ち手が全く動きません。完全密封状態ですね。圧はきちんと掛かりますが。

 

ふーんと見渡して、ボルトを発見します。これをカチカチ→ちょいゆるにしました。

 

空気圧調整ボルト

空気圧調整ボルト

 

で、しゅこしゅこしなおす・・・お、ばっちり口金からエアが出ます! イレギュラーな空気漏れはありません。修理完了ですね。やったね!

 

ためしに23cタイヤを9barまで入れてみました。完全に前より動きがスムーズです。ばっちしじゃないか、B4C!

 

サビの犯人はおまえだったか!

 

こんなふうに手探りでうまくできますが、サビと湿気のなぞを解決できません。世の中にはふしぎなことがあるなあ・・・まあ、ええか。

 

と、ポンプを玄関の片隅の定位置に戻した途端にはっと気付きました。

 

傘立てだと?

傘立てだと?

 

謎はすべて解けた! 犯人はこの中にいます!

 

そうです、ですよ、こいつが水滴の犯人ですよ、おまわりさん!

 

ここはうちの傘置き場です。雨の日にはカッパとかも一時的にこの上にどちゃっと置かれます。

 

その水滴が滴って、持ち手を伝い、空気入れのインナーチューブの中に入る。パイプのなかは密閉です。水避け穴みたいなものはありません。シャフトはザ・鉄です。じゃあ、サビがむらむら沸きますね。

 

はい、Q.E.D.です。証明終了。

 

玄関の傘立てのそばに空気入れを置くのはありがちでしょうよ。ことさらにぬれたカッパのどっちゃり被せはあるあるだあ!

 

みなさんも注意しましょう。十中八九、傘立てそば置き派チャリダーの空気入れのなかはサビサビでしょうね。室内保管の盲点だ。

 

見事にアンブレラ社の完全犯罪の迷宮入りを阻止しましたね、クリスか!

 

あー、すっきりした!

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share