フラットバーロードバイク クロスバイクとの違いや通販のおすすめモデル


ロードバイクとMTBの中間的な自転車はクロスバイクです。これはクラシカルなオフロード系フレーム+オンロード系ホイールのハイブリッドな・・・いや、むしろ、ごちゃまぜ折衷のスポーツバイクです。

 

たびたび紹介しますうちのGIANT お買い物ブルーペガサス号九式です。人気のエスケープでなく、サスペンションフォークモデルのROAMですね。

 

giant-roam3-ver9

GIANT ROAM3 ver9

 

XTコンポやナローワイドリングやドロッパーポストのおかげでほぼただのMTBです。ちかぢかXTR 9020のクランクをつけちゃうかも?!

 

こんなふうなスタンダードな普及モデルのクロスバイクのフレームは二十年前のMTBにそっくりです。代表的なところは135mmのフレームエンドとVブレーキですね。この二つはまんまの旧世紀MTBの規格です。

 

GIANTのエスケープ系はたしか130mmですね。ロードよりのクロスバイクのモデルはわりに増えましたね。

 

ホイールサイズは26インチ=ETRTO559でなくて、ロードバイク用の700c=622、まれに650c=571です。が、車体の起源はMTBですから、ドライブトレインや小物はそっち系になりますね。

 

昨今、このハイブリッドなジャンルにより本格的なグラベルバイクやアドベンチャーバイクが来ました。一昔前のトレッキング、ツーリングバイクの今風進化系バージョンです。

 

これらはシクロクロスの親戚筋みたいになって、ロードバイクよりになりますね。シクロの起源はロードバイク乗りの冬場の荒地トレーニング用です。グラベルやアドバイクはレジャー・ホビー系です。が、ドロップハンドは共通しますね。

 

これをさらにマイルド化したようなのがフラットバーロードバイクです。

 

スーパールック車? フラットバーロードバイク

 

フラットバーロード、フラットバーバイクの定義はさだかじゃありませんが、ジャンルはホビー、趣味系バイクでしょう。競技用のレースバイクじゃありません。

 

これはドイツのCanyon Bicyclesのフラットバーロード Roadlite ALです。

 

 

シマノのアルテグラ仕様のおしゃんなアルミバイクですね。フィットネス、アーバン、コミューター用でしょうね。機材は競技用レベルですが、コンセプトは街乗り、レジャ乗り、ホビ乗りです。

 

現実問題、フラットバーハンドルをドロップハンドルにすれば、競技用やレース用の一台に仕上げられますね。ノット競技用=安物じゃありません。こんなフラットバーはへぼロードより高級ですし、目立ちます。

 

ただ、このモデルはディスクブレーキです。てことは、リアのフレームエンド幅は一昔前のMTB系の135mmや今風のスルーアクスル系になります。

 

とすると、リアホイールのカスタムはシクロやMTBライクになりますね。ロード用のQRタイプの130mmハブのホイールは不可です。130mmハブにディスク台座はありません。キャリパーブレーキ用ですね。

 

で、おそらく国内の市場ニーズ風潮ではフラットバーバイクを検討する人はロードバイク派でしょう。

 

ノットクロスバイク、ライクロードバイク、でも、ドロップハンドルや固定ペダルが不安だし、ピチピチビブタイツやメットはじゃまっけだあ・・・て人が妥協的にフラットバーを選ぶ、そんな寸法でしょう。

 

クロスバイクやミニベロまで妥協し切らないところがばくぜんとしたコダワリポイントですね。

 

「ロードバイクのドライブトレイン&アイテムのがオフロード系のコンポより快速で上質だ!」

 

てばくぜんとしたイメージがあります。でも、コンポのジャンル違いは速度にそんなに影響しませんけどね。ソラのトリガーシフターのがデオーレのよりグッドスピードだあ?!

 

 

つまり、機材性能よりロード系コンポてジャンルがかんじんかなめです。ただのクロスバイクだと思わんといてや! て意識はなんとなく分かります。

 

でも、ハンドルの違いほどにでっかい差はありませんね。機材的なギャップギャップはクランクのチェーンリングの歯数くらいですか。

 

最近のMTB系のクランクのリングはせいぜい40Tまでです。50T前後のリングはロード、シティ、シングル、ミニベロ系統のクランク用ですね。

 

XTR M9020 クランクセット

XTR M9020 クランクセット

 

このXTRのダブル用のアウターは36Tです。純正の最大は38Tですね。トリプルの40Tが限界です。

 

ロー側のギアのギャップは大きくなりますけど、シマノ系のスプロケットのトップ最大値はもれなく11Tですし。700cや29インチホイールでフロント50のリア11とかはザ・膝キラーですしね。

 

ロード系のフラットバーロードのほかのメリットはロード風の見た目でしょうか。

 

「キャリパーブレーキ、ホリゾンタルトップチューブ、細タイヤ、そうゆうロードエッセンスビジュアルにマイ琴線アンテナがぴこぴこビン立ちしちゃうぜ!」

 

て人には魅力的なバイクでしょう。ガラスマ的などっちつかずはありますけれど、ははは。

 

近縁種はルック車ですか。

 

 

キングオブルックバイク! このイエローは皇帝の証です。ザ・正統派の堂々のルック車ですね。ぱっと見のインパクトがすべてです。

 

じゃあ、本格的なルック車=スーパールック車=ロードビジュアルテイストバイク=理想のフラットバーロード? 見かけ重視のところはそうですね。定義がむずいところです。

 

でも、やっぱり、ロードのスピリッツは前傾姿勢とドロップハンドルですね。じゃあ、フラットバーロードてのはものすごいアンビバレンツです。あっさりした豚骨ラーメン的な。

 

とにかくフラットバーロードは車種的にはニッチ産業です。モデルは絞られますね。キャリパーブレーキタイプが海外ストアではレアケースです。

 

ディスクブレーキモデルは豊富ですけど。このCube SLなんかは典型的ですね。

 

 Cube SL Road Pro City Bike 2017

Cube SL Road Pro City Bike 2017

定価 104151円
割引 5%
特価 98943円

※2016/12/07 16:09:41のchainreactioncycles.comの価格

 

ソラコンポ、フラットバー、リジッドフォークです。トップチューブがホリゾンタルで、ブレーキがキャリパーであればね~。

 

「130mmのロードホイールでのちのちカスタムしたいっす!」

 

て用途にはNGですね。まあ、135mmのロード用ディスクブレーキホイールも五万とありますけど。

 

サイエクのウィリエールのソラモデルはかなり理想的なフラットバーロードでしょう。

 

Wilier Asolo Claris Flat Bar Bike 2014
Wilier Asolo Claris Flat Bar Bike 2014
定価 126074円
割引 52% = ¥66075円
特価 59999円

※2016/12/07 16:16:50のcyclingexpressの価格

 

ロードコンポ、キャリパーブレーキ、130mmエンドのフレーム、そして、ウィリエールです。FSAのクランクを105のダブルとかに買えれば、一気にロードビジュアル系に近づけますね。トップチューブの水平感がやや足りないかな?

 

あさひのネットストアにFUJIの文字通りのフラットバーロードがあります。

 


フジ 【お店で受取り選択可】 2017 ROUBAIX AURA (ルーベオーラ) クロスバイク
定価 97200円
割引 10%
販売価格 87480円 (税込み)

※2016/12/07 16:24:05のasahi.co.jpの価格

  • FUJIのフラッグシップアルミロードの名を冠したリアルフラットバーロード。アシンメトリックチェーンステーなどを採用したレースジオメトリーにカーボンフォーク、シマノCLARIS搭載で街中ではロードバイクと同等の機動性を誇ります。ブラックアウトされたパーツと相まってクールでスタイリッシュなライディングを演出。

 

リアルフラットバーロード! 真平行棒公路車! これだあ!

 

国内系のストアのがまだ見つかりますわ。キャリパー系のフラットバーの需要が日本くらいにしかないかあ?

 

でも、値段が安ロードと変わらない・・・はたして、これを蹴って、フラットバーに行くか? うーん、うーん、うーんですね~。

 


フェルト 【アウトレットSALE】 2015 F95 外装18段変速 シマノ ソラ採用 カラー:サテンダークチタン【OLSL1610】
定価 106704円
割引 24%
販売価格 80980円 (税込み)

※2016/12/07 16:35:50のasahi.co.jpの価格

  • レースに勝つために生まれた、ピュアレーサーのジオメトリを踏襲した「F」シリーズ。[CBA-03-49]