フレアバーハンドル オールロードに最適な末広がりハの字型ドロハン


自転車のハンドルは多彩です。フラットバー、ライザーバー、ドロップハンドル、カマキリ、スワロー、バタフライ、ブルホーン、ひげetcetc・・・て羅列が呪文みたいになりますね。

 

自転車ハンドル

上から フラット、ライザー、スワロー、カマキリ

 

とくにドロップハンドルはスポーツバイクの象徴的アイテムです。フラット、ライザー、カマキリ型のチョッパーはオートバイに使われますが、ドロハンは自転車にしか見られませんね。ザ・アイコン・オブ・バイクです。

 

このドロハン、ドロップハンドルは一筋縄のように思えますが、用途でビミョーに細かくタイプ分けされます。この中からドロハンの『フレアバー』をピックアップしましょう。

 

ハの字型のドロハン、Flared Bar フレアバー

 

フレアバー、英語ではFlared barですね。ぼくみたいなゲーム脳にはもうFFの高位の黒魔法のフレアしか思い浮かびません。か、バハムートのメガフレア。

 

実際、このメガフレアのフレアもフレアバーのフレアもFlareですね。『めらめら燃える炎』の意です。

 

じゃあ、キーワードを”Flare bar”にしちゃうと、ファイアパフォーマンスを売りにする飲食店のバーの方が出てきちゃいますね、ははは。過去形のFlared barで自転車ハンドルが検索に出てきます。

 

もちろん、自転車のフレアバーはめらめら燃えるバーでなくて、末広がりのハの字型のバーハンドルのことですね。フレアスカート、フレアジーンズ(ブーツカット)と同義ですね。

 

工業の世界ではパイプの口をラッパ状に広げることを『フレア加工』と称します。画像作成ソフトのillustlatorにも『フレアツール』て放射型の図を書く機能がありますね。

 

フレアツールで書いたフレア

フレアツールで書いたフレア

 

じゃあ、二義的に放射型の~、末広がりの~て意味を成します。その過去形容詞がFlared barで、その和訳がフレアバーですね。で、”フレアバー”の結果はファイアパフォーマンス系のバーになっちゃいますね、ははは。

 

自転車のフレアバーハンドルはまだまだマイナーなアイテムです。エアコンの配管とイケメン・美女勤務のスタイリッシュバーの後塵を拝します。

 

ロングライドやオールロードに

 

じゃあ、フレアバーの特徴は末広がりのハの字の形ですね。ハンドルの末=バーエンドのことですね。ここがハの字方にフレアします。

 

アメリカの自転ブランドSALSAのページに格好のイメージ図があります。

 

フレアバー系の末広がりイメージ

フレアバー系の末広がりイメージ

 

サルサのモデル名では下からcowbell、Cowchipper、woodchipperてネーミングになります。いちばん下のCowbellがふつうのドロハンにもっとも近いイメージですね。

 

対照的にいちばん上のwoodchipperは逆向きのチョッパーハンドルみたいに見えますね。

 

で、この末広がりはなにに効果的でしょうか? はい、ハンドルコントロールに効果的ですね。一般的にハンドルは近く高く広くなれば扱いやすくなり、遠く低く狭くなれば扱いにくくなります。

 

ハンドリング命のMTBのダウンヒルバイクのハンドル幅は70-80cmですね。ほかのオフロードで60-70cmです。

 

ハンドル

ハンドル

 

街乗りクロスバイクで50cmなかば、ロードのドロハンで肩幅目安の40-45cmですね。それより狭いのはピストバイクの超ナローバーハンドルですね。

 

 

この長さのフラットバーのグリップを横握りすると、実質30cmなかばのハンドルポジションになります。腕とひじが内に入ります。

 

この狭さは車をすり抜けるメッセンジャーには有用でしょうが、街乗りピストにはファッション・コスプレグッズですね。

 

フレアバーの末広がりのフレアエンドはふつドロハンのストレートなふつエンドよりグッドハンドリングですね。用途はグラベル・アドベンチャー系のマイルドな荒地です。

 

トレンドのオールロード系バイクはピュアオンロードバイクのようにきれいな路面ばかりを走りません。グラベルやダート、水辺にさえ入りますね。

 

水没!

水没!

 

て、こんな場面でふつドロハンの狭い幅では制動力不足です。ぐらぐら、よれよれ、挙句に上のように川底の砂利と水の流れにハンドルが取られて、悲しみの惨劇が起こります。箕面川め!

 

ハンドリングはてこの原理です。力点をより広く取れば、作用点をより軽く制御できますね。

 

支点力点作用点

支点力点作用点

 

自転車の場合、ハンドルのグリップ=力点、ステム=支点、ホイール=作用点ですね。ステムの近くを握ってホイールをコントロールするのはなんぎですが、ステムの遠くを握ってするのは楽ちんです。ザ・てこですね。

 

また、荒地でのホイールの暴れを抑えるのに広いグリップが役立ちます。ピュアロードのエンドバーポジション=前傾モードですが、フレアバーのエンドバーポジ=コントロールモードですね。

 

「ほーん。じゃあ、フラットバーにすれば?」

 

てヤボなぼやきがどこからか聞こえますが、フラットバーのバイクとドロハンのバイクはまた別物です。

 

きれいな路面やイージー悪路では上ハン、ブラケットを使って、ここぞの悪路・障害にバーエンドで対応する。これがオールロードドロハン、フレアーバーの理想的スタイルですね。

 

フレアバーの市販品はまだまだレアです。グラベル・アドバイクのトレンドに合わせて、有名どころがぼちぼち新型を投入しますね。

 

アメリカの金属加工屋のトムソンがドロハンを一新しますね。フレアバーが新登場です。

 

 

見事なハの字ぷりが丸分かりです。マルジェラがかくやですね

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share