おすすめのファットバイクはKONAのWO 4インチ極太タイヤの自転車


バイク並みの極太タイヤのチャリを街中で見る機会が多くなりました。これはファットバイクというもので、近年にアメリカで発祥したチャリンコ界のニューカマーです。

 

一般的な自転車のタイヤは1.5インチ前後ですが、ファットバイクのタイヤは3インチ以上になります。ものによってはタイヤが自立します。WAO!

 

もともとUSAのチャリメーカーの社員が雪の上を楽しく走り回るために考案したという起源説があります。いかにもアメリカンなダイナミックアイデアです。

 

これが日本の風土と発想によると、ママチャリになります。1980年代のブリヂストン KAMAKIRIがママチャリの起源です。それ以前の家庭用自転車=実用車です。これです。

 

セキネ 実用車

セキネ 実用車

 

ファットバイクの本家はサーリー

 

で、ママチャリの元祖がブリヂストンであれば、ファットバイクの元祖がサーリーです。ファットバイクオリジン的なやつです。ファットバイクと聞いたら、ここを思い浮かべましょう。

 

ただ、元祖・本家の多分にもれず、サーリーのファットバイクは割高です。クロモリのくせに。兄弟ブランドのサルサも同じくです。

 

サーリーやサルサを買うのはクラフトマンシップやブランドに重きを置く人でしょう。が、値段ほどの性能や独自性はありません。基本的にハードテイルですし。

 

アマゾンのやつは?

 

かといって、反動的になんちゃってファットバイク、ぞくにいうルック車のブロンクスや自動車メーカー系の名前入りのやつはいかにもな安物です。

 

 

安っぽいフレームに安いシマノパーツを乗っけた平凡なのりものです。極太タイヤのホームセンターママチャリみたいなもんです。ある意味、まじめなルック車ではあります。

 

これで得られるのはファーストのインパクトだけです。えらく安く買えたとか友達に貰ったとかの確固たる理由がなければ、いろんなことがあとあと不満の種になります。

 

有名ブランドのは?

 

じゃあ、CANNONDALEやSpecializedなどの人気自転車メーカーのファットバイクはどうでしょうか?

 

この二社の価格設定はとにかく強気です。キャノンデール、スペシャライズド、てアクセントはたしかに男心をくすぐります。

 

で、結局のところ、値段と性能のバランスを考えますと、KONAに落ち着きます。

 

 

アンチ感のなさ? のようなものがあります。キャノンデールを毛嫌いする人はいても、KONAを毛嫌いする人はいません、たぶん。

 

KONAの実車が手軽に見れるところは梅田のギャレあとのALBiのチャリコーナーです。デポにもあったかな? ウエムラ梅田、シルベストル、ベックオンにはありませんね~。ここらはほぼロード屋です。

 

いずれにしても、ファットバイクを買うと、必然的に注目を浴びて、ちまたの小学生からもれなく

 

「タイヤ、ふっと!」

 

の連呼を食らいますので、気恥ずかしくならないように。なので、内気な人には向きません。大人しくクロスバイクを買いましょう。

 

また、去年当たりからMTBのトレンドがセミファットのタイヤに切り替わりました。

 

溝には3インチタイヤがすっぽり

溝には3インチタイヤがすっぽり

 

走破性は無敵です。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share