カプレオなし! e*thirteen TRS PLUSとXDフリーでギア9Tの11sミニベロ完成?


うちのミニベロ1号は遠乗り兼改造機です。もとはフロントシングル、リア9速のミニベロ・・・いや、ミニベロですらなくて、れっきとした折り畳み自転車でしたが、紆余曲折の末にミニベロ化しちゃいました。

 

改造のいきさつはこんなです。

 

  • 折り畳みスイングアームのフロントフォーク→カーボンフォーク
  • 機械式ディスクブレーキ→油圧式ディスクブレーキ
  • 406ホイール→451ホイール
  • 9速→10速→むりやりフロントマルチ→1×11
  • 純正小物→ほぼ安カーボン→部分的に純正戻し

 

てなところです。タイヤは406の1.5→451の7/8→451の1 3/8→451の1 1/8ですね。ぼくの用途では1 1/8がベストですね。25c以下の細タイヤはNGです。

 

会心のカスタムはカーボンフォークと油圧ディスクブレーキですね。451のインチアップはふつうで、フロントマルチ化は最悪の部類です。ミニベロに前メカは不要ですわ。

 

ここまで改造してしまうと、手詰まりをひしひし感じます。とうにまっとうな改造の限度は越えました。単純なバージョンアップがせいぜいです。ドライブトレインやブレーキレバーを上位グレードにするとか。しかし、面白いカスタムじゃありません。

 

そんなおりにAliExpressでXDドライバーを発見します。

 

XDドライバフリーボディ

XDドライバフリーボディ

 

SRAM発のフリーボディの規格ですね。2010年以降のオフロードバイクのホイールにぼちぼち採用されます。SRAMの11速と12速のスプロケはこれにしか付きません。今年デビューのNXグレードのSRAM PG1130は別ですが。

 



11T以下のギアを使えるXDドライバー

 

うちの451ホイールはDATIハブとKINLINリムの工場手組みです。Aliの本家のTaobaoのセミオーダー品ですね。

 

てことで、補修用かカスタム用かDATIハブ用のXDドライバーなどというものがAliExpressにありました。

 

あと、NOVATECハブのXDドライバーもちらほらありますね。NOVATECのホイールはDIYカスタム派の間ではわりにメジャーです。そんな酔狂な人らのためにこんな超ニッチなアイテムがちゃんと出ます。恐ろしき中華ストア!

 

XDのオプションに大手で対応するのはMAVICとDT Swissですね。完組ホイールにXDドライバのオプションがありますし、単品のフリーボディの販売もあります。

 

XDドライバーの利点は11T以下のギアを使えることですね。こちらはおなじみのスラム/シマノのフリーボディです。

 

SRAM/シマノフリーボディ

SRAM/シマノフリーボディ

 

これにセットできる最小のギアは11Tです。カセットのトップ側のギアは個別でばらけますが、中の穴の大きさは一定です。

 

スプロケット取り外し完了

スプロケット取り外し完了

 

トップはこれより小さくなりません。11Tが下限ですね。これより小さくすると、強度を損ねます、おそらく。

 

シマノ系カセットでこれより下の歯数はカプレオの9Tです。で、やっぱり、カプレオのカセットとフリーボディは特殊形状の専用モデルで、上のおなじみタイプじゃありません。XDみたいにフリーのさきっちょが細くなります。

 

そして、カプレオの変速数は9sです。今日の状況ではやや役不足ですね。ロードのSORA、MTBのACERAクラスです。プレミア感がしません。

 

なによりいまさらメインのチャリに釣り具屋シマノのコンポを付けたくない。せっかくの脱シマカスタムだのに。

 

そこで秘策のXDドライバーです。SRAMの純正モデルには10T~カセットがあります。12速のEagleは10-50Tですね。そして、社外品にはカプレオ同等の9T~のスプロケがあります。しかも、11sで。

 

10Tと9Tの差はたったの1Tです。しかし、比率は10%です。20Tと18T、30Tと27T、40Tと36Tです。9Tのリア x 45Tのフロントは11T x 55Tにギア比に匹敵します。

 

前側のリングを大きくするのはミニベロ改造では常套手段です。一時、ぼくも62Tのリングを付けました。でも、でかリングはなにかとトラブルの元です。

 

チェーンラインがあやしくなりますし、ズボンの裾がめりめり巻き込まれます。バッシュガードはありますが、リング回りのビジュアルがものすごいことになります。

 

あと、62Tリングはミニベロのホイール径でさえ激重です。ごりごりの立ちこぎでしかまともに漕げません。早晩にひざを言わせます。NGカスタムナンバー2ですね。

 

で、うしろのギアを小さくすれば、前リングをそんなにばかでかくしないで、出力アップを見込めます。40Tくらいのリングを使っても、従来の48Tくらいの踏み応えを得られます。

 

まさにミニベロのためのスプロケとフリーボディだあ!

 

問題はスプロケットの調達ですね。10Tのスラムのバルク品は中華サイトに1万弱であふれますが、ぼくの目当ての9Tのやつはありません。

 

そもそも販売元は一社、シリーズは1モデルだけです。e*thirteenのTRS Plusですね。

 

しかし、価格が3万弱ですぜ! 高嶺の花です、うえーん。でも、カプレオ一式やALFINE一式より割安で手軽です。そして、報告のログがちまたに見当たらない。二番煎じじゃない! これはブログネタ的には大事です。

 

しかし、3万はきつい出費だな~、10Tで妥協しよかな~、う~ん、う~ん・・・て考えあぐねて、しばらく放置します。

 

Ubyk.co.ukてゆう未知のストアで割安の在庫を発見!

 

で、そんなとき、初耳のネットショップでたまたま在庫を発見します。イギリスのUbykて自転車専門ストアですね。ここのがたまたま17%オフで円換算23000円くらいでした。

 

3万弱が2万強です。えーいとぽちんしちゃいます。

 

てか、このストアは大丈夫でしょうか? Ubyk、ユーバイケー? 日本語の情報は皆無です。クレカを入力するのはどきどきものですね!

 

で、支払い手続きから二日後に発送の告知が来ます。でも、追跡番号がありません。Royal mailでなんたらかんたらとあります。

 

まさかの追跡・補償なしの郵便扱いだあ?! 送料無料のひきかえがこれです。せめて、書留オプションを付けて~。ほんまに届く、これは?

 

と、やきもきすること二週間、ついにこのパッケージがポストインしました。

 

Ubykパッケージ

Ubykパッケージ

 

案の定、サインなしの郵便受けダイレクト投函でした。2万のパーツだのに。

 

まあ、ほっとしました。マイナーストアのファーストショッピングはヒジョーにスリリングですね。良い子はWiggleとかCRCで買おうね!

 

ちなみに到着予定は5-10営業日です。6日発送連絡の22日郵便投函です。土日込み日数はだいたい予定通りですね。

 

しかし、追跡できないのは精神衛生的にきびしいところです。AliExpressの無料配送はたいがい追跡OKですし。239円の安アダプターだろうが、2万のスマホだろうが。

 

海外ものの追跡なし発送はWolftoothのナローワイドリングの購入以来ですね。でも、あれはメーカー直送でしたし。

 

とはいえ、この十年の海外通販でこれまでに未着や紛失はありませんね。日頃の行いでしょう、ははは。

 

外箱です。イギリスらしいダイレクト剥き出しです。アジア圏みたいにぷちぷちとか巻き巻きを期待するのはNGですね。欧米では外箱=緩衝材です、まじで。箱の汚れ、べこべこはふつうですね。

 

ethirteen箱

ethirteen箱

 

中身ですね。

 

スプロケットTRS PLUS

スプロケットTRS PLUS

 

待望の9-44Tスプロケです! 待ちわびたあ!

 

カセットの近影です。トップは9Tですね。ちっさ!

 

カセット近影

カセット近影

 

セカンドさえがなんと10Tです。9-10-12-14-17-20-24-28-32-38-44の11速ですね。

 

カセットは2ピースに分かれます。ロー側三枚は削りだしの一体型、トップ側は中間ギアとトップギアをボトル締めで擬似的に一体化したユニットです。正味、3ピースですね。

 

2ピースのカセット

2ピースのカセット

 

重さは320gです。素材はアルミとクロモリです。このボリュームで同11速のSRAM PG1130のカセットより200gも軽量です。まあ、お値段が違いますからねー、ははは。

 

XDドライバーにカセットをセッティング

 

さて、このXDドライバー用カセットのセッティングはお初です。同梱のマニュアルを見ながら、作業を進めます。

 

必要な工具はホローテックBB外しとスプロケット外しのときのチェーンストッパーですね。折りよくうちのは右上の一体型です。

 

左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ

左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ

 

まず、フリーボディーに銀色のワッシャーと白いゴムワッシャーをセットします。

 

DATI XDドライバ

DATI XDドライバ

 

で、ロー側のギアをぱかっと嵌めます。マニュアルの図のカセットには細いスレッドがありますが、この実物のスレッドは端から端まで同じです。なので、どの位置でも嵌ります。

 

 

で、これを専用のロックと工具で留めます。

 

ロックと工具

ロックと工具

 

左のロックを芯に嵌めて、右の工具を被せます。工具のみぞみぞはホローテックIIBB外しのみぞに一致します。

 

ホローテックリムーバーでトルク

ホローテックリムーバーでトルク

 

はい、かちっと締まりました。

 

ロック完了

ロック完了

 

その上にトップ側のパーツを乗せます。南京錠のマークが目印ですね。

 

南京錠マーク

南京錠マーク

 

これをスプロケ外しのチェーンストッパーでぐいと締めて、目印をロック南京錠マークのところまで持ってきます。

 

方向は右回しの正ネジですね。マニュアルにもそうあります。しかし、けっこうな力をかけても、手応えを感じません。ここでしばらく悪戦苦闘します。

 

「こんなにぐいぐいやって、二万のギアの歯をぱきっとやっちゃわないかな?」

 

て十回ほど焦燥感ジレンマにさいなまれました。で、あれこれ考えて、グリスをたっぷり目に塗ったら、意外とすんなり締められました、ふーう。力加減が分かりませんからね~。

 

この時点でガタや違和感はありません。AliExpressの安XDドライバーは見事に役目を果たしました。これできちんとセットできなかったら、年の瀬をもやもやっと過ごしましたね、きっと。

 

ハッピーうれぴーでKMC DLCのチェーンをおろしちゃいます。

 

KMC DLC 11Sチェーン

KMC DLC 11Sチェーン

 

金がかかる~。コスパは最悪だ~。でも、そんなことはスペシャリシッシモなカスタムの前ではささいなことだあ!

 

完成です!

 

9Tギアセット完了

9Tギアセット完了

 

トップ9Tギアはばっちしです。11Tから20%増し。重てー! そして、セカンドの10Tも重てー! あははははは! XTRクランクも下ろしちゃうかあ? あはははははは!!

 

最高の(セルフ)クリスマスプレゼンだあ! しかも、クリスマスイブの今日はなんとこのブログの1周年記念だあ!

 

じゃあ、メリークリスマスハッピーバースデー!! 今後ともB4Cをよろしゅうごひいきにお願いしますわ~。

 

 

 E Thirteen TRS Plus

E Thirteen TRS Plus

定価 31768-34808円
割引 16%
特価 29082円

※2016/12/23 03:21:16のchainreactioncycles.comの価格

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share