ゾンダよりぶっちぎりで速い! DT Swiss R23 Spline が60%オフの19999円!


DT Swissはその名のとおりのスイスの自転車パーツメーカーです。1994年に設立、本社はフランス国境に近いビール(独)/ビエンヌ(仏)て町にあります。高級時計メーカーのオメガやスウォッチの本社もこの小さなひなびた古都にあります。

 

DT Swissの名物はハブです。そして、スポークです。うちのミニベロのホイールのスポークがDTですね。

 

DT スポーク

DT スポーク

 

完組、手組、いずれのホイールで定番の優勝スポークですね。

 

DTホイールの印象は地味で堅実で高回転

 

じゃあ、DTの根幹はハブ屋さんです。ハブの性能は文句なしです。新興系の手組ホイールブランド、オランダのFFWDや高級ホイールのlightweightなどがDTハブを使いますね。

 

スペシャライズドのPBのROVALやCannondaleのPBのHollowgramのホイールのハブもDTですね。350、240、180みたいなグレードがあって、ラチェット数をアップグレードするハブキットがありますね。

 

また、くだんのようにスポークも定番商品です。スポーク長を計算するDT Swiss Spoke Calculatorは日曜手組屋さんの強い味方ですね。

 

 

カンパニョーロのゾンダやフルクラムのレーシング3よりくるくる回ると評されるDT Swiss R23がChain Reaction Cyclesのプレシルバーウィーク特価で19999円です。

 

 DT Swiss R23 Spline Road Wheelset

DT Swiss R23 Spline Road Wheelset

定価 49699円
割引 60%
特価 19999円

※2016/09/14 09:56:37のchainreactioncycles.comの価格

 

下位モデルのDT Swiss R24は特価11930円ですが、このR23より300gの増量になります。軽量化の目安は1万=100gです。8000円=300gの軽量化はアメイジング! ですよ。

 

ETRTOは622×15です。23cタイヤを使えますね。ホイールのペア重量は1605gです。はずれのゾンダくらいの軽さですね。

 

ゾンダの比較でよく出てくるアルテグラホイール6800がこの価格です。

 

 Shimano Ultegra 6800 Road Wheelset

Shimano Ultegra 6800 Road Wheelset

定価 46859円
割引 28%
特価 33794円

※2016/09/14 10:35:24のchainreactioncycles.comの価格

 

こいつはカタログ値で1640gです。そして、アルテグラはけっこうな確立でほかの人と被ります。まさに自転車界のユニクロ、リーガル、ポーター、セイコーです。

 

これより15000円も安くて40gも軽くて、互角に地味なR23が期間限定の大特価です。最初のホイール交換にゾンダまで出せないな~て人はこのDT SwissのR23を検討しましょう。

 

廉価モデルのR24はちょっと安すぎです。ロードバイクよりクロスバイクのホイールのグレードアップにベターでしょうね。ジャイアントのエスケープとかの重い純正ホイールよりベリーベターでしょう。

 

うちのクロスバイクROAM3のホイールなんかは前後で2.5kgですからね~。コネチネンタルの最太シティ用の47Cタイヤを付けると、セットで5kgに迫ります。

 

リムテープ交換完了&タイヤチューブセット完了

とにかく重いタイヤとホイール

 

ママチャリなみだあ~、うえーん。グラベルバイクですらだいたい40Cだのに。この47Cの用途はなんでしょう? もしか、実用系の重量車体向けでしょうか?

 

ホイールリム内径がC19ですから、タイヤとホイールのギャップがえげつないです。ぱっつんぱっつんです。もとのタイヤは35cですからねー。47Cはベリーワイドですわ。

 

ただ、この安ホイールのハブはカップアンドコーンです。回転はめっちゃスムーズですね。スピードに乗れば、ぐいぐい進めます。タイヤ外径はほぼ28インチです。走破性もあります。ただただヘビーです。

 

Vブレーキ用の太めリムの良いホイールてゆうのはぜんぜんないなあ。安いDT R24のリアはエンド130mm用ですし。しかし、12000円は破格だあ。

 

 DT Swiss R24 Spline Road Wheelset

DT Swiss R24 Spline Road Wheelset

定価 29819円
割引 60%
特価 11930円

※2016/09/14 10:41:19のchainreactioncycles.comの価格

 

CRCのホイールは送料無料ですね。ヤフオクの着払いの中古の補修品よりだんぜんグッドでしょう~。

 

案の定、R23は速攻で売り切れましたね。なくなると惜しくなるな~。

 

台湾の総合自転車ブランド、Kinesisのレースライトのホイールもダークホースですね。

 

 Kinesis Racelight Road Wheelset 2016

Kinesis Racelight Road Wheelset 2016

定価 43799円
割引 13%
特価 38104円

※2017/01/23 21:32:47のchainreactioncycles.comの価格

 

1520gでチューブレスレディです。15Cゾンダやレー3の代替候補ですね。

 

CRCのハウスブランドPrimeのホイール

 

て、DTやKinesisの特価ホイールはお買い得でしたが、全ては一時の夢でしたね。今のところ、品切れから再入荷の見込みはぜんぜんありません。昨夏からずーっとSOLD OUTですね。

 

しかし、この一年で安軽ホイールはぐっと増えました。ALEXRIMのALX 473はスマッシュヒットですね。4万代で1400gのチューブレス互換ホイールです。DURA-ACE9100 C24が形無しです。

 

CRCが2016年に始動させたオリジナルホイールブランドの”PRIME”は当初のカーボンクリンチャーからいろいろバリエを増やして、エントリーやミドルグレードの手頃なホイールを充実させました。

 

コスパは台湾系のメーカーの完組ホイールに迫りますね。実体も台湾系のOEMでしょうが。

 

 Prime - Peloton ロードホイールセット
Prime – Peloton ロードホイールセット

定価 22249円
割引 20%
特価 17799円

※2017/09/08 03:34:39のchainreactioncycles.comの価格

 

こいつは2万弱で1750gですね。軽くて安い、見た目も悪くありません。2万=1700g、3万=1500g、4万=1400gてチョイスが可能になりましたね~。

 

相対的にシマノが高級品の部類になっちゃいましたね。ユニクロが安い安いと思ったら、GUやH&Mが出てきた、みたいに。

 

カンパ・フルクラム・マビック・シマノのホイールブランド四天王、DT・レイノルズ・イーストン・アメクラみたいな通好みブランドの群、それとTOKEN・KINESIS・ALEXRIMSみたいな台湾コスパ系やその近縁の販売店PBやOEMの群はもう別個ですね。

 

NOVATEC、CHOSEN、Powerway、Fastace、DATIて台湾にはハブ屋がやたらとあります。最近の注目はyuniperですね。少数生産のハンドメイド系の新興ハブ屋ですね。

 

DTホイールの一部はChosen OEM説が有力ですね。PRIMEのハブ=Novatec説が有力ですね。チョイス的には安パイ鉄板ですね。台湾ハブの代表みたいなものですからね。

 

ゾンダ価格のPrime proは39999円で1470gです。

 

 Prime - Pro ロードホイールセット
Prime – Pro ロードホイールセット

定価 49999円
割引 20%
特価 39999円

※2017/09/08 13:24:25のchainreactioncycles.comの価格

 

で、チューブレスレディです。スポークのSapim CX Rayはじみに嬉しいポイントですね。

 

しかし、安いな~。てか、へんなブランド料や代理店マージン抜きのアルミホイールの正味の実態価格はこんなところでしょう。

 

ホイールのグラフの総合力はそんなに変わりません。振り分けられるステータスの初期値は有限です。ブランド力が下がれば、コスパが上がります。

 

いわば、PB系ホイールはコスパに全振りのネット商材特化型ホイールですね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share