ディスクロード用 おすすめカーボンクリンチャー チューブレスも


ツールドフランス2017のいちばんの激アツトピックスはディスクロードの快進撃ですね。Quick-Step Floorsのイケメンドイツ人マルセル・キッテルが第二ステージを皮切りに、ステージ勝利をばんばん重ねます。

 

Quick-Step FloorsのバイクはSpecializedですね。スタンダードモデルのTarmacのリニューアルは今年ですが、キッテルが駆るのはエアロモデルのVengeのディスクブレーキモデルですね。これは継続モデルです。

 

104年のツールドフランスの歴史のなかでディスクブレーキ車の出場&勝利ははじめてのことです。キッテルのコメントのように、

 

「ディスクもキャリパーも変わらない。でも、機材の発展にはグッドな勝利だぜ」

 

てスポーツマンシップな優等生アンサーが正味の真実ですね。機材は手段であって、目的じゃない。キャリパーがディスクに変わっても、パフォーマンスは魔法のように上がりません。

 

が、しかし、ディスクブレーキ推進派には待望の一勝です。ツールの実績てのはアカデミックな閉鎖的なオンロードチャリ界にはなによりの処方箋ですからね。

 

これで3大変速機メーカーと自転車ブランド各社のディスクロードごり押し販売作戦にはずみが付きますね。

 

「ディスクローターにカバーを付けろ」てアホな意見が遠い昔のことのようです、ははは。

 

 

好相性の油圧ブレーキとスルーアクスルとチューブレス

 

ロード界ではよちよち歩きの油圧ディスクブレーキですが、オフロード界ではすでに標準装備スタンダードですね。

 

MTBのディスクブレーキ化はちょうど前世紀の終わりと今世紀の始め、2000年頃のはなしですね。それ以前のブレーキはVブレーキです。Vブレーキ以前はカンチブレーキですね。

 

フォークにVブレーキをセット

フォークにVブレーキをセット

 

実際問題、Vブレーキはめっちゃ効きます。制動力は優勝です。ただし、リムブレーキの弱点がありますね。リムへのストレスとウェット・マッドコンディションでのブレーキ力低下ですね。

 

キャリパブレーキ用のホイールのリムのフェイスはこんなですね。

 

キャリパーリム溝

キャリパーリム溝

 

摩擦強化のために溝が入ります。ここに水が入ると、表面張力で落ちません。で、それがコーティングになって、初期滑りを引き起こしますね。

 

左・ドライ 右・ウェット

左・ドライ 右・ウェット

 

水気はブレーキングで落ち始めますが、ラグが発生して、結果的にブレーキの効き始めが遅くなります。リムブレーキのボトムネックですね。

 

ディスクブレーキはホイール本体にはぜんぜん干渉しません。ハブのローターを挟んで止めます。

 

ディスクブレーキローターとボルト

ディスクブレーキローターとボルト

 

このローターの表面はつるつるですね。水気や粒子はするっと落ちて、表面に残りません。そして、油圧ピストンを使えば、引き代の長さに関わらず、つねに一定の力でブレーキできます。合理的ですね。

 

一部のモデルに機械式のワイヤー引きのディスクブレーキが載りますが、ディスクブレーキの強みは半減しちゃいますね。油圧ディスクがいちばんです。

 

「メンテナンス性がー」

 

て声はよく湧き上がります。が、キャリパーやVブレーキのインナーワイヤーの整備性はそんなによろしくありません。むしろ、それぞれのメンテ性より経験値の差が大ですね。

 

 

ぼくはたびたびこれに悩まされます。

 

エンドキャップ消滅の怪

エンドキャップ消滅の怪

 

ほつれるし、初期伸びするし、錆びるし、刺さるし・・・あー!

 

安心安全スルーアクスル

 

油圧ディスクブレーキはリムブレーキより強力です。キャリパーブレーキの感覚でがっと引くと、前のめりにつんのめりますね。ソフトタッチが基本です。

 

で、この強力さは反動の裏返しですね。フレームやフォークの取り付け部の強度がリムブレーキより必要ですね。

 

旧来のクイックリリース式のエンドが衰退して、スルーアクスルが標準装備になりますね。

 

フレームのリアエンド

フレームのリアエンド

 

アクスルシャフトがフレームエンド、ホイールハブを一文字に貫通します。ごらんのとおりに固定はネジネジですね。

 

この構造のおかげでフレームとハブとシャフトが擬似的に一体化してカチッとなります。剛性はクイックリリースの比じゃありません。ことさらに横のねじれに強くなりますね。

 

うちのミニベロは油圧ディスクのクイックリリースエンドです。

 

リアエンド

リアエンド

 

クイックリリースの主な機能はホイールの脱落防止です。固定はそんなに強くありません。しょせん、仮留めですね。

 

現実問題、油圧ディスクでがばっとブレーキすると、たまにホイールのずれを巻き起こしちゃいますね。クイックの固定力がブレーキの反動力に負けます。

 

じゃあ、クイックの固定力は最低ですね。ママチャリやピストのナット締めのがぜんぜん強固です。

 

ママチャリエンド部

ママチャリエンド部

 

てことで、油圧ディスクブレーキとクイックリリースの愛称が良くありません。で、オフロードでは一昔前にスルーアクスルがふつうになりました。

 

激しいダウンヒルやフリーライドでは20-100mmのフロントエンド、12-150mmのリアみたいな規格がありますね。

 

さらにSRAM発祥のBOOST 15-110mm 12-148mmがぐいぐい来ますし、スーパーBOOST 157mmみたいなのもあとからあとからやって来ます。

 

じゃあ、最近、ディスクロードのめどはようやくたちました。12-100mm 12-142mmですね。台座は専用のフラットマウントです。

 

フラットマウントとポストマウント

フラットマウントとポストマウント

 

ボルト取り付け台座がポストマウントみたいにぶりっとせず、ひらっべっちゃくなります。もちろん、ぶりっとしたポストのががんじょうですね。

 

でも、ロードのブレーキにそんな剛性は不要です。45度の断崖絶壁を下りませんし、ジャンプ台大から大回転しませんしね。

 

ローターの大きさの標準は160mmですね。180mmとか200mmとか、大きいほうがよく止まります。

 

一転、ディスクロードでは140mmがじわじわ浸透しますね。おそらく手応えがマイルドになって、キャリパーの感覚に近くなりますね。

 

チューブレス

 

そして、チューブレスです。チューブレスホイールとタイヤはMTBでは一般的ですね。チューブドのクリンチャーは少数派ですね。完成車の8割はチューブレスです。

 

チューブレスはホイールとタイヤを擬似的に密封して、空気を閉じ込めます。ホイールとタイヤがチューブの代わりですね。

 

このためにチューブレスホイールとタイヤはクリンチャーより高精度ですね。ピンホールやクラックは禁物です。まあ、パンク防止剤のシーラントでだいたい解決できますけど。

 

で、リムにストレスを与えるキャリパーやVブレーキはチューブレスホイールには理想的なお見合い相手じゃありません。ことさらにカーボンリムはブレーキの摩擦熱にころっとやられます。

 

ストレスフリーのディスクブレーキとせんさいなチューブレスホイールはげにお似合いカップルですね。

 

「でも、メンテ性が・・・」

 

て声がまたまた浮かび上がりますが、こいつも経験値の差ですね。ぼくはクリンチャーとチューブレスを併用しますけど、クリンチャーの整備性を特段に持ち上げられませんね。

 

そして、数年前のチューブレスタイヤと2015年以降のチューブレスタイヤは別物です。ぜんぜんコンフォートですよ。最小級の携帯ポンプでビードはぱんぱん上がりますし。

 

林のなかでしゅぽしゅぽピストン

林のなかでしゅぽしゅぽピストン

 

そして、チューブレスの乗り心地はクリンチャーやチューブラーより上です。転がりの軽さは特筆ですね。

 

てか、チューブの進化がクリンチャータイヤの進化に追いつけなくなりましたね。ラテックス化以降の話題がぜんぜんですし。

 

じゃあ、油圧ディスクブレーキ、スルーアクスル、チューブレスがイマドキ最強セットですね。機材の最大限のリターンを求めるならば、この三つを積極的に取り入れましょう。

 

ディスクブレーキ用カーボンホイール

 

さあ、ディスクロード用のカーボンホイールをピックアップします。ディスクブレーキを使えば「制動力の不安からアルミリムを選らばざるをえない!」てなぞの縛りから解放されますね。

 

カンパニョーロがディスクブレーキを市場に投入しまして、ロードホイール四天王ブランドのラインナップにカーボンホイールDBバージョンがそろい踏みしましたね。

 

Fulcrum Racing Quattro DB

 

フルクラムはキャリパーブレーキのホイールではお姉さんのカンパニョーロに指名No1を譲りますが、あちらの出遅れを尻目にして、早くからDBモデルを出しますね。

 

カーボンディスクホイールはセミディープのRacing Quattroのアッパーバージョンです。

 

 Fulcrum - Racing Quattro (レーシングクアトロ) カーボン H.40 ディスクホイール 2017
Fulcrum – Racing Quattro (レーシングクアトロ) カーボン H.40 ディスクホイール 2017

定価 182399円
割引 43%
特価 103702円

※2017/07/19 01:10:13のchainreactioncycles.comの価格

 

画像はノーマルタイプです。実物は前後共に2to1のスポークレイアウトですね。これはDBモデルの基本ですね。ラジアル組みはイレギュラーです。

 

じゃあ、ディスクロードが主流になれば、クイックリリースとフロントホイールのラジアル組みがなつかしスタイルになっちゃいますね。

 

Mavic Cosmic Pro Carbon SL Disc

 

先日、MAVICはUST=チューブレスモデルをごっそり投入しました。しかし、2018モデルはまだ市場に出回りませんね。

 

マビックはタイヤを付けてくれます。チューブレスタイヤの取り付けを不安視する方はMAVICを選びましょう。完璧な状態のチューブレスが届きますよ。

 

これは2017モデルのコスミックプロカーボンSLディスクですね。

 

Mavic Cosmic Pro Carbon SL Disc Clincher Wheelset 2017
Mavic Cosmic Pro Carbon SL Disc Clincher Wheelset 2017

定価 253300円
割引 36%
通常 161388円
特価 155388円

※2017/07/19 01:17:05 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

前後が同じレイアウトですね。高さは上記のQuattroと同じ40mmで、ホイールペア重量は1570gですね。

 

ところで、ホイールのオプションのAFS=センターロック=シマノタイプのローターで、6bolt=汎用6本締めボルトローターですね。

 

Shimano RX830

 

シマノのディスクロードホイールはレギュラー外のRXシリーズですね。先日、2018モデルでWH-RS770 TLが発表されました。フルカーボンのチューブレスモデルです。が、出荷はまだ先ですね。

 

 Shimano RX830 Road Disc Wheelset
Shimano RX830 Road Disc Wheelset

定価 121599円
割引 25%
特価 91015円

※2017/07/19 01:28:56のchainreactioncycles.comの価格

 

これはアルミカーボンホイールです。おとくいのカーボンラミネートですね。でも、ディスクブレーキにアルミ芯が必要だあ? シマノのアルカーボンへの執着は異質ですね。

 

しかし、貴重なチューブレスモデルですね。なおしかし、見た目は地味だあ! フルクラムには勝てない~。

 

デュラエースホイールのDBモデルは前後20万越えの高嶺の花ですね。

 

Canpagnolo Bora 35 DB

 

ライバル3社に遅れに遅れて、ついに2018モデルからカンパニョーロがディスクロードへ殴りこみをかけます。そして、2018モデルのネット販売がいちばんのりですね。

 

BORA ONE 35のディスクブレーキチューブラーです。

 

Campagnolo Bora One 35 Disc Brake Tubular Wheelset 2018
Campagnolo Bora One 35 Disc Brake Tubular Wheelset 2018

定価 241677円
割引 13%
通常 210259円
特価 204259円

※2017/07/19 01:34:22 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

これはレース用ですね~。通常のふつボーラよりスポークが1セット/3本増えますね。前後24本のG3です。

 

うーん、見た目的にはZONDA DBのがグッドですね。

 

Campagnolo Zonda C17 Disc Brake Bolt-Thru Clincher Wheelset 2018 - Black
Campagnolo Zonda C17 Disc Brake Bolt-Thru Clincher Wheelset 2018 – Black

定価 80459円
割引 39%
通常 49258円
特価 45564円

※2017/07/19 01:38:50 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

なぜか2017モデルより2018モデルのが割安です。

 

Prime PR50 Disc TL

 

Primeは英国ネット自転車通販大手のWiggle=CRCのCRC系のオリジナルホイールブランドですね。2016年にローンチしました。力の入れようが知れますね。

 

 Prime - RR-50 カーボンクリンチャーディスクロードホイールセット
Prime – RR-50 カーボンクリンチャーディスクロードホイールセット

定価 93750円
割引 20%
特価 75000円

※2017/07/19 01:43:12のchainreactioncycles.comの価格

 

リムの質感は最強クラスですね。リムの単品購入はぜんぜんありですね。ニップル穴はありますが、チューブレス互換です。75000円でフルカーボンでチューブレスですよ!

 

CRCはホイール送料無料です。へんな中華カーボンよりグッドですね。上記の大手4大メーカーはコスパではぜんぜん勝てませんねー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share