Derosa SUPERKING 888のシマノ105完成車が大特価の27万5千円!


おしゃれ王国イタリアのとりわけおしゃれな街ミラノに本拠を構えるデローザはそれはそれはおしゃれなロードバイクブランドです。

 

derosa protos frameset 2016

derosa protos frameset 2016

 

イタリアには大小、新旧、メジャーマイナーなチャリ屋があれよあれよとあります。コルナゴ、ビアンキ、ピナレロ、クオタ、カレラ、ウィリエール、チネリ、デダッチャイ、トマジーニ、カザーティなどなど。

 

が、ばくぜんとしたイタリア感、『華』の一点でこれらはデローザに勝てません。ハートのマークのアイコンは町で道で展示会ですごく目立ちます。

 

とくに日本のデローザ人気は世界的に特別なものです。第一次ロードブームのころのエディメルクスの超人的な活躍のたまものでしょう。サッカーのマラドーナのような根強い人気を持ちますね。世代的にはベッケンバウアー、クライフと同年代ですか、1970年台前半ですね。

 

古参ファンにはカベンディッシュ+フルームくらいのレジェンドですね。そのおかげでデローザの国内正規小売品の価格は超強気ですが、ははは。

 



いわくつきのSuperKing

 

過去の実績は絶大ですが、今日のデローザはロード界の最前線や中心じゃありません。ピナレロ、スペシャライズド、サーベロなどのばりばり第一線に遅れを取ります。

 

現実、この三社のバイクはツールドフランスに出場しますが、デローザのバイクはツールに出ません。ジロデイタリアがせいぜいです。

 

バイクの性能=チームの成績じゃありませんけど、最高峰のツールドフランスに出ないてのはPROな要素じゃありません。ジロ2016のNIPPOヴィーニファンティーニのチームのリザルトはかんばしいものでないし。

 

しかも、2017年のジロの出場権はよそへ渡っちゃいました。トップレースでデローザを見る機会がまた減っちゃいます。

 

しかし、それを差し置いても、デローザの華やかさには老若男女が惹かれます。国内のブランディングはよそに引けを取りません。純粋なビジュアルはピナレロより確実に優勝ですしね。

 

ピナレロのアイコンのうねうね=オンダ形状はおしゃれじゃない~。

 

Pinarello ROKH Centaur Carbon Road Bike
Pinarello ROKH Centaur Carbon Road Bike
定価 340000円
割引 38% = ¥130001円
特価 209999円

※2016/12/30 16:51:36のcyclingexpressの価格

 

ハートか、うねうねか・・・まあ、ハートが勝ちますね。ビジュアルでピナレロを選ぶ人は変わりもん好きのAB型ですわ。何気なヘビっぽさが生理的にダメだあ、て女子はなります、きっと。遊び心やかわいさはピナレロにありません。

 

で、ハートの人気No1バイク、デローザです。金属フレームに近年までこだわって、カーボンパーツの着手に出遅れましたが、コラボやOEMや外注をうまく使って、エントリーからハイエンドまでのカーボンフレームを一頻りに揃えました。

 

トリノのデザイン事務所のPininfarinaとのコラボモデル、SK Pininfarinaは今風のエアロロードですね。デローザなかでは2015年からのニューカマーです。

 

De Rosa SK Pininfarina 2016 ブルー ~ De Rosa

De Rosa SK Pininfarina 2016 ブルー

 

これの先代がSuperKingです。これの販売は2014年まで、つまり、2015モデルがラストのSuperKingですね。

 

これがWiggleで大特価40%引きです。

 

De Rosa - SuperKing 888 (105 - 2015)De Rosa – SuperKing 888 (105 – 2015)
定価 459000円
割引 40% オフ
特価 275400円

※2017/01/19 13:07:28のwiggleの価格

 

SK Pininfarinaはダイレクトブレーキですが、このSuperKingは通常のキャリパーブレーキです。エアロ形状は控えめ、トップチューブは水平、今日の目線でクラシカルからエアロへの過渡期のモデルに見えますね。

 

888の型番はグローバルモデルです。一頃、このSuperKingのSK848などは「中華カーボンや!」とけたたたましく騒がれました。中国製=粗悪品の構図がまだ払拭されなかった数年前のほほえましいトピックスです。

 

カーボンパーツがアジア製でしかまともに大量生産されないのはとうに一般常識です。詳細に『どこそこ製』て太鼓判がない=メイドインチャイナですね。

 

製造国とクラフトマンシップにこだわるなら、パナソニックのフレームのオーダーメイドのサービスを使いましょう。パナが意地で続ける自転車フレームオーダーです。ザ・国産ですね。パナの旧社名はNationalですし、ははは。

 

後継のSK Pininfarinaはサイクリングエクスプレスでこんなです。

 

De Rosa SK Pininfarina Ultegra 11 Carbon Road Bike
De Rosa SK Pininfarina Ultegra 11 Carbon Road Bike
定価 612000円
割引 47% = ¥292001円
特価 319999円

※2017/01/19 13:17:24のcyclingexpressの価格

 

送料込みの差額は40000円くらいです。Wiggleのドライブは105、サイエクのはアルテグラですね。そのほかはほとんど同じです。足回りのホイールはともにフルクラム、GOODですね。VIVA ITALIA!!!

 

旧SKの塗装のデザインは複雑ですね。ビジュアルは新型にそんなに見劣りしません。キャリパーブレーキだし。新型の2トーンパターンはちょっとシンプルに過ぎます。

 

あと、エアロロードのフレームのチューブは否応なく太く広くなります。じゃあ、ヒルクライム系の軽量アルミホイールは頼りなく見えちゃいますね。ディープリムが恋しくなります。

 

ノーマルなリム高のホイールを使うなら、互換性を含めて、旧SKをチョイスするかな~。ゾンダ2017モデルがお手頃ですし。

 

Campagnolo - Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセットCampagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット
定価 69541円
割引 42% オフ
特価 39995円

※2016/12/30 17:40:42のwiggleの価格

 

Wiggleのセールが久々に元気です。ブラックフライデーのしょぼさが嘘のようだ、はは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share