De Rosa R838 ULTEGRA Di2車が大特価の60%オフ!


De Rosa エントリーカーボンのR838大特価!

 

Derosa R838 は初代エントリーカーボンR848の後継モデルになります。リニューアルは2013年ですね。エンデュランスロードの流れトレンドをしっかり汲みます。

 

ハイエンドなハンドメイド金属フレームとカーボンフレームに固執するイメージがあったデローザが初のカーボンエントリーモデルR848を発表したのが2010年でした。これも時代の流れですね~。

 

しかし、古参のロードファン以外にはブランドの過去の栄光は遠い昔の話です。近年の中堅のロードバイクファンにはデローザは弱虫ペダルのショウくんの愛車でしょう。

 

大半の人には「ハートのマークのちょい悪のかっこいいイタリアのバイク」です。

 

エディメルクスがすごかった、てのは後付けですね、ファーストインプレッションじゃない。タイガーウッズやイチロースズキですらすでに過去の人です。

 

現代ではクリスフルームやマークカベンディッシュの方がエディメルクスより有名ですね。この二人のチームのバイク、ピナレロとサーヴェロのがステイタスです。

 

とはいえ、デローザはちゃんとしたブランドです。だいたいのブランドに名前勝ちできます。そして、デザインは悪くありません。

 

ピナレロのうねうねは客観的にかっこよくありませんが、デローザのロゴのハートはぱっと見でグッドです。デザインでピナレロをファーストチョイスする人はいません。あのうねうねは目の毒です。

 

Pinarello Dogma 65.1 Carbon Road Frameset
Pinarello Dogma 65.1 Carbon Road Frameset
定価 467500円
割引 29% = ¥136085円
特価 331415円

※2016/11/07 13:07:46のcyclingexpressの価格

 

うーん、不細工なフレームです。ある意味、美しさやスマートさを割り切ったデザインです。知らん人が見たら、「ここ曲がってるやん!」で思います、十中八九。

 

で、同じ人がデローザを見たら、「お、このバイクかっこええやん。ちょい悪やん」て思います。げんにぼくはそう思いました。素直なファーストインプレションです。

 

じゃあ、かっこよいフレームを安く買えるのはハッピーですね。

 

エントリークラスのフレーム製作技術は東南アジアの一強でしょう。ことさらに台湾はハイテクデバイス、PC、スマホなんかにも超強いですね。現代の製造大国です。

 

で、そんな台湾メイドのR838フレームのULTEGRA Di2のモデルがサイクリングエクスプレスで60%オフの244999円です。

 

De Rosa R838 Ultegra Di2 11 Carbon Road Bike 2015
De Rosa R838 Ultegra Di2 11 Carbon Road Bike 2015
定価 630789円
割引 61% = ¥390790円
特価 239999円

※2016/11/07 12:52:50のcyclingexpressの価格

 

定価の63万はふっかけすぎですが、AZZURRIのDi2車が189999円ですし、そんなに高くありません。

 

電動アルテグラ12万、デローサコンフォート系フレーム8万、そのほか5万てとこでしょうか。コンポとフレームのグレードがややアンバランスですね。安く電動コンポ試してみたい人向けでしょうね。

 

カラーがイメージのようにハデハデな黒桃です。東南アジア人がこれを乗りこなすのは至難の技でしょう、はは。

 

ラテン系のお兄さんやお姉さんがさっそうと乗れば、ハートマークもプリティーに見えますけどね~。

 

かといって、De Rosaにブルーとかグリーンとかは似合いませんし。ハートがさびしげなトーンになっちゃいます、ブルーハートて。

 

重さは8.52kgでそんなに軽くありませんホイールでさらに化けますか。

 

Mサイズがそろそろなくなりそう。

 

105モデルは15万円以下のお手軽ロードの有力候補です。

 

De Rosa R838 105 11 Carbon Road Bike 2015
De Rosa R838 105 11 Carbon Road Bike 2015
定価 315342円
割引 54% = ¥171343円
特価 143999円

※2016/11/07 13:14:01のcyclingexpressの価格

 

8.9kgですね。超コスパ車だあ。浮いた分をホイールに回しましょう。シャマルウルトラ、レーシングゼロあたりを買えますね~。

 

あと、このR838には日本語レビューが多めで、安心感があります。デローザのカーボンのシマノの105の15万は破格ですからねえ。

 

カーボンの11速は5、6年前のレース機材ですよ。ロードバイクもドッグイヤーですなあ。MTBほどのめまぐるしい変化じゃないけど、はは。