Deore XT M8020 新型4ピストンブレーキキャリパー登場


シマノは大阪の南部の堺国の釣具・自転車の大手ブランドです。過去にはゴルフやウィンタースポーツを手がけて、機材スポーツを完全コンプリートしようとしますが、そちらの分野からあえなく撤退します。

 

この関係でYONEXとコネがありますね。YONEXはトップクラスのカーボン屋さんです。2015年ごろからロードバイクのフレームに着手しますね。

 

じゃあ、サイクルイベントのシマノブースの展示車はシマノコンポ+YONEXフレームだとかしますね。シマノはフレームをしませんからね。

 

Deore XTに4ピストンのブレーキが登場

 

そんな釣具と自転車のシマノの製品は4年ごとにモデルチェンジを迎えます。すこし前まで釣具は3年周期でしたが、自転車パーツと同じく4年周期になりましたね。

 

サッカーのワールドカップやオリンピックは4年周期です。世界的に4年周期の区切りがよさげだあ?

 

業界シマノがそんな調子ですから、他社ブランドはそれに合わせますね。各社の自転車のフラッグシップのフルモデルチェンジは3-4年ですね。

 

で、2017年の今年は2013年に一新したコンポのリニューアルイヤーでしたね。オンロードではアルテグラ、オフロードではDeoreが新型になりました。

 

いずれが旧型の変速数を維持しますね。最大の変更は型番ですか。アルテの6800がR8000に、DeoreのM600がM6000になりました。

 

来年はロードの105とMTBの最上級モデルのXTRがリニューアルしますね。XTRの12速化が最大の注目ポイントですね。これが11速を維持すると、シマノの12速化が2020年までずれ込みかねません。

 

で、本気の一新は4年後とですが、オプションや追加のマイナーチェンジは不定期にちょくちょく入ります。最近のザ・マイナーチェンジは105のフロントメカのFD5801ですね。

 

 

てなふうにメジャーとマイナーの扱いの差が格差ギャップのるつぼですね。チェーンの純正クイックリンクもそうですねー。

 

で、XTですね。Deore XTはシマノのオフロードコンポの2ndグレードですね。オンロードのアルテグラに相当します。れっきとした競技用パーツです。

 

現行XT M8000のデビューは2015年です。じゃあ、2019年が本気のモデルチェンジイヤーですね。来年のXTRが12速化しないと、それ以下のグレードは必然的に次の次まで11速のままになる~。

 

ところで、欧米ではE-bikeが人気ですね。E-bike=電動アシスト自転車です。日本ではロードがブームで、ヤマハが本気の電動スポバイYRPをしますね。

 

電動クロスバイクYRPJ-C

電動クロスバイクYRPJ-C

 

が、海外の電動スポーツバイクのトレンドはオフロードバイクです。電動ロードはマイナーです。人気ブランドが力を入れるのはフルサスのごついMTBですね。電動で上って、人力で下る、そんなスタイルです。

 

シマノはヨーロッパでは電動ユニットを投入しますね。STEPSてモデルです。これでヤマハやBoschの牙城を崩そうとしますね。

 

この電動ユニットにXTグレードの電動コンポがよくバンドルされますね。XTRよりXTが売れ筋ですね。価格が手頃ですし、現行XTRは2014年デビュー組で、ちょい古規格ですから。

 

てこ入れ風のマイナーチェンジが入りますね。この一環が今回のDeore XT BR-M8020ですね。

 

 

みてのとおりの4ピストンの油圧ディスクキャリパーですね。BR-M8000は2ピストンですね。

 

下り特価のSAINTやZEEには4ピストンのキャリパーがありますが、XTでは初の4ピストンキャリパーですね。

 

ちなみに2ピストン、4ピストンてのはブレーキパッドを押し出すピストンの個数のことですね。

 

上・2ピストン 下・4ピストン

上・2ピストン 下・4ピストン

 

上がFormulaの2ピストンキャリパー、下がHOPEの4ピストンキャリパーです。片側2ピストンx左右で4ピストンですね。

 

とうぜん、ピストン数が多くなれば、パッドのあたりが増えて、ブレーキ力が上がりますね。どこかのメーカーに6ピストンモデルがあったような・・・

 

ダウンヒルやフリーライドなどの激しいジャンルでは4ピストンが主流ですね。ENDUROやTRAILも年々激しさを増します。

 

クロスカントリーやシクロクロスなどのゆるいオフロードでは軽量な2ピストンが重宝されますね。

 

ちなみに1ピストンや3ピストンみたいな奇数のピストンは構造的にありえません。左右のパッドで両方からローターを挟みます。

 

はやりのディスクロードは2ピストンのフラットマウントの140mmディスクローターですね。ディスクブレーキのなかではもっともマイルドなブレーキングになります。

 

ディスクブレーキの効きはローターの大きさとピストン数に大きく左右されますね。この新型XTの4ピストンモデルのブレーキ力は従来の2ピストンモデルより20%アップです。

 

まあ、こうゆう『なになに数十%アップ!』は当社比の参考数値ですが、ははは。

 

シマノのドライブは革新性でSRAMにちょっと見劣りしますが、ディスクブレーキの性能は好評を博しますね。

 

スパイダーなしのショートクランクFC-M8050

 

同時発表でM8050クランクが加わりました。

 

 

「165mmショートクランク!」

 

て触れ込みです。でも、XTの165mmのオプションはすでにあります。ヨーロッパの小売では初だあ? CRCやWiggleにも165mmサイズはありますけど。

 

小売店のバルク版ではあったけど、正規小売店のパッケージ版ではなかった、かな? eMTBersのものが1stだったか。

 

欧米人は足長民族ですからね~。うらやましいものです。生まれ変わるなら、白人のイケメン一択やねえ。

 

気がかりは165mmの長さよりノットスパイダーですね。スパイダーアームが無ですね。これは来年のXTRクランクのダイレクトマウント化の布石でしょうよ。

 

XTR FC M9100 クランク予想図

XTR FC M9100 クランク予想図

 

シマノ純正のダイレクトマウントリングがしょっぱなから出るう? シマノはフロントシングル、ナローワイド、BOOSTには消極的でしたが、ようやくSRAMの流れを組み始めましたし。

 

XTRの12速化はどうなるかな~。Di2と驚くほどの変速のなめらかさ! でお茶を濁すのだけはかんべんだよ~。

 

ついでにクロカン、グラベル用のシューズXC5がおしゃれになります。

 

 

見た目はGOODですね。しかし、幅が安定のワンサイズだ・・・スーパーワイドの4Eを用意して~。SPDサンダルさえがきゅうくつだのに。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share