ダホンルート 5万円以下で買えるアルミフレームの最安日本モデル


実売4万ちょいのダホンルート

 

ダホンはアメリカの折り畳み自転車屋さんです。フォールディングバイクでダホンの右に出るブランドはありません。折り畳み=ダホンです。

 

「はて、TERNは? BROMPTONは? AMは?」

 

てゆう方はかなりのミニベロ好きでしょう。AMの特別感、ブロンプトンの英国感、TERNの高速感は限定的なものです。やっぱし、もろもろの総合力はダホンです。

 

このダホンの日本代理店はアキボウと武田です。アキボウがジャパンモデル、武田がインターナショナルモデルを販売します。

 

単独店含む系列店9店舗以下の販売店のダホンの担当はアキボウ、10店舗以上の販売店のダホンは武田です。

 

この事情からヨドバシとかワイズとか大手チェーン&大型量販の自転車コーナーのダホンはインターナショナル、地域の中小店舗は日本モデルです。割合的には3対7ぐらいですかね? アキボウモデルが主軸です。

 

ヘリオス復活、Dove Unoデビュー、Horizeタイヤフプチァット化

 

ダホンの新モデルの公式アナウンスはわりに遅めです。ダホンジャパンの公式ページの製品カタログが今月にようやく一新されました。

 

で、注目の2017モデルの価格は全般的に据え置きか値下がりです、やったー! ヘリオスがシングルスピードで復活しましたが、なぜか10kgオーバーのおでぶ機になりました。旧型のSLモデルは8kg台だったのに!

 

14インチのシングルスピードのDove Unoが日本上陸です。

 

 

これはまたまたいじり甲斐のありそうなモデルですね~。ダホンの販売モデルでは最小サイズの14インチホイール車です。内装変速化とかがどこかのブログで行われます、きっと。

 

これより安いのがルートです。49000円は2016モデルと変わりません。据え置き=実質値上げでしょうよ。

 

 

ルートは15モデルで6速から7速になって、ロードと同じ130mmのエンド幅になりまして、カスタムベースフレンドリーな車両になりました。

 

が、そこから特段にチェンジアップしませんねー。これが最終進化形だあ? 8速化するか値下げをするか、どっちかをしてや~。

 

でも、結局、なんやかんやで11速になっちゃいます。シマノ105のグループセットがばか安ですので。

 

Shimano 105 5800 11 Speed Compact Groupset - Black - 50/34

Shimano 105 5800 11 Speed Compact Groupset – Black – 50/34

定価 72592円
割引 47%
特価 38343円

※2016/10/16 00:52:52 のprobikekit.jpの価格

 

10万で変速性能だけは29万のMu ELITEに比肩します。リムブレーキモデルの451のホイール入手はかんたんですしね。

 

追加3万でダホンプロみたいなスポークレイアウトのホイールを買えます。

 

 

フロント74のリア130、まさにうってつけの451ホイールですね。これにするなら、105のシルバーを選ぶかなあ。

 

13万で451の11速の高性能折り畳みが完成しますぜ~。1年前よりあきらかにアマゾンのミニベロアイテムが充実したなあ・・・。

 

さらに安いインターナショナルモデルのSUV D6

 

インターナショナルモデルにはさらに安い3万ダホンがあります。SUV D6です。

 


ダホン 【お店で受取り選択可】 2017 SUV D6 (エスユーヴィー D6) 20型 外装6段変速 折りたたみ自転車
定価 35640円
割引 10%
販売価格 32076円 (税込み)

※2016/10/20 16:33:44のasahi.co.jpの価格

  • 折りたたみの容易さはそのままにフレーム強度を約3倍にアップするDAHONの最新テクノロジー「Deltec」を搭載しました。柔軟なケーブルが「第2のダウンチューブ」を形成します。

 

ちょい乗りにぴったしですね。