DAHON DOVE UNO 2017モデル 14インチのシングルスピードが復活


どこかで見たよな14インチのシングルスピードフォールディングDAHON DOVE UNO

 

2016年がいよいよ終盤に差し掛かりまして、各社の2017モデルがほぼ出揃いました。DAHON、TERNは遅めの発表でした。カンザキとかでちらほら先行予約が開始されましたね。

 

プライスは全体的にダウンしました。これはハッピーハッピーポイントデーですね、わーいわーい、はやく1ドル=1円になあれえ。

 

注目カブをひとつあげましょう。DAHONのニューカマーのDOVE UNOです。

 

dahon-dove-uno

DAHON DOVE UNO ~ dahon.com

 

14インチのシングルスピードです。国内では再デビューです。

 

ん? でも、何気なデジャビュはなんでしょう?

 

 

うーむ、すごいデジャビュ、デジャビュガ、デジャビュナズンです。

 

エンドやステーやチューブの形状、ケーブル受けやブレーキダボの位置、ジオメトリから価格から何から彼から激似のパーフェクトマッチです。

 

ただ、重さがすこし違いますね。ルノーのウルトラライト7の方がずっと軽量です。1.0kgの差はなんでしょう? ホイールですかね? ドロヨケ?

 

でも、ダホンの方が安値ですね。カンザキ伊丹の定価で込み55080円です。実売はヒ・ミ・ツですね。

 

カンザキ伊丹はこのモデルのAL-FDB140の車両の扱いに長けます。ぽん乗りで完璧に性能を求める人はカンザキ伊丹で買いましょう。

 

でも、こういうカワリダネのチャリンコはカスタムスピリッツファイヤーに油を注ぎますね~。いじりがいは最強でしょう。多段化して、ホイールを変えて、ポストを変えて、フォークをカーボンにしちゃう?!

 

本体5万、カスタム5万の10万円でカスタムチャリダーは年を越せますわねえ。

 

 

で、最近、ぼくは何か久々に軽量化の熱にうなされて、カーボン系パーツを物色しますよ。2000円のフルカーボンサドルはどうだろ?

 

マイミニベロを7kg台まで落とそうかどうしようか・・・1万で行けそうやけど、始めると止められへんし、完成まで外に出せなくなるしな~。