サイクリー川崎店が閉店 関東1号店の古参店がひっそり閉幕


サイクリーは国内最大級の中古自転車買取販売業者ですね。店舗は全国に19店を数えます。中古業者のなかでこれは異例のチェーン展開ですね。

 

よその買取営業所はちらほらありますが、販売の実店舗は多くありません。有名なサイクルハンターさえが甲子園、大阪、横浜の3店舗しかしませんし。

 

このサイクリーの川崎店が閉店しました。

 

平素よりサイクリーをご利用頂き、誠にありがとうございます。

サイクリー川崎店は、5月12日(金)をもちまして閉店いたします。

これまでご愛顧を賜りましたことに心よりお礼申し上げますとともに、閉店に伴いご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。~~以下略

 

サイクリーの本社は愛知県にあります。このサイクリー川崎店は関東一号店でした。サイクリー全店の最古参株です。

 

しかも、2015年11月に旧店舗から現在の店舗へリニューアルしました。それから1年と半年の早期撤退です。ありゃりゃ。

 

まあ、でも、これは毎度のことですね。サイクリーの営業方針は短期決戦型です。ワンシーズンでツーシーズンで利益を取れないと、無慈悲に閉店しちゃいますね。

 

ぼくの活動エリアではサイクリー宝塚店が1年ちょいで同じように撤退しましたね。グーグルマップで「サイクリー」を検索すると、現存店舗より撤退店舗のログのが多く出ます、ははは。

 

古参の川崎店もが例外ではなかったか、早期撤退を強いられました。ビジネスライク! 地域密着・対個人タイプではありませんね。対応はドライです。自転車屋としては珍しい方針です。

 

商品は割高、送料は割高、接客は及第、ネットは×ですね。そして、店頭の活気がありません。サイクルハンターのごちゃっとしたアットホームな居心地のよさはしませんね。

 

ただただ他人行儀なドライなふんいきが店舗の内外から漂います。商品が魅力的に見えません。割高だし。

 

この川崎店の閉店で神奈川の店舗は4→3になってしまいました。このクオリティで一見さん商売をできるのは東京の都心部の店舗だけでしょう。

 

リピーター確保の気配がまったくしないから、ほんまに足が伸びませんね~。大阪の松原店には一回しか行きませんわ。ウエパー本店にはよう行きますのに。

 

最終的に系列は10店舗くらいになりそう。新興競合のサイクルパラダイスのが元気ですね。関西圏に出店しないかなー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share