USB充電式の200ルーメンがおすすめ クロスバイクのライト


夜間走行に不可欠な自転車ライト

 

まず、無灯火運転は道路交通法違反です。ケーサツ屋さんにつかまりますし、まっとうなロードバイクチャリダーさんに舌打ちされます。

 

「でも、市街地での実質的な危険度はそんなにないで?」

 

はい、法律が通れば、道理はひっこみます。市民的感覚は無力です。原付の30km制限と一緒です。違法は違法。罰則は5万円以下の罰金刑です。

 

夜間に前方10m先を視認できるライトを装備・点灯することはチャリダーの義務です。後方の視認は問題になりません。反射板をつければ、リアライトを省けます。つまり、最低合格基準は前ライト、後反射板です。

 

 

ちなみに前後ライトの車体への固定は必須じゃありません。頭にヘッドライト、リュックに反射板シールは法律的にOKです。メットとハンドルにライトをつける慎重派も少なくありません。

 

でも、ヘッドライトロードバイカーは夜中にばんばん飛ばすので、ぜんぜんセーフティードライバーじゃありません。うちの近所にも若干名の高速ナイトロードライダーがいます。もうすこしスピードを落として~、あぶないよ~。マナー的にはアウトでも、法的にはOKですけどね。スピードの魔力です。でも、ベルくらい鳴らしてよ。

 

ルーメン? カンデラ? ルクス?

 

ライトを選ぶときの基準は値段、デザイン、明るさでしょう。100円ショップの安ライトで済ませるのはぜんぜんありです。おまわりさんはいちいち明るさのチェックをしません。現状的には無灯火=取り締まり対象です。

 

ただし、郊外や山道や河川敷を暗い時間に走らざるをえない! て人はまともなライトを付けざるをえません。

 

推奨の明るさは200~300ルーメンです。単3電池x2が目安です。標準的な懐中電灯クラスです。

 

ちなみにルーメンは明るさ、カンデラは明るさ、ルクスは明るさです。ちがいはよくわかりません。スルーしましょう。専門用語の説明は冗長です。最近のライトの明るさ表記はほぼルーメンです。

 

乾電池タイプよりUSB充電タイプが便利です。乾電池はわりに即効で切れます。専用ライトはなかなかの電気イーターです。電池は最大出力で数時間しかもちません。消し忘れは致命的です。

 

ライトと反射板ナンバーワンのなにわのキャットアイ

 

猫のマークのキャットアイは大阪の企業です。国内シェアナンバーワンの自転車ライトメーカーです。ここの商品ははずれなしのがらがら抽選会です。こだわらなければ、ここのライトを買いましょう。

 

800ルーメンの大出力のVOLT800。

 

 

10000円! のママチャリプライス高級ライトです。800ルーメンは単車のライトなみの明るさです。まっくらな山道を明るく照らせます。夜中に時速30kmでチャリダーせずにいられない! て人向けです。ノーマルサイクリストにはややオーバールーメンです。

 

もう少しお手ごろなやつがこちらです。VOLT200

 

 

VOLTシリーズは型番でだいたいわかります。案の定、こちらの最大ルーメンは200です。市街地の見晴らしはよゆうです。

 

これ以下のものはややアンダールーメンになります。対警察用のタリスマンみたいなものですね。結局、都会のクロスバイク派はこのあたりに落ち着きます。

 

 

 

デザインと価格で選びましょう。ごてごてさせたくない人にはコンパクトタイプがおすすめです。