シングルスピード化して7kg台になったがチェーンテンションがオワッタ


禁じ手のシングルスピード化で一気に軽量化!

 

ペダルをマグネシウムのチタンシャフトのものに換えたり、スタンド一体型のクイックリリースを軽量のCNC加工のチタンシャフトものにしたりして、8kgなかばまで愛チャリの体重を減らしました。

 

が、1万円の予算がもう半分です。ここから500gを5000円で減らすのは無理です。パーツはだいたい最軽量クラスですし。ステムがDH系のやつで300g弱ですが。

 

フルカーボンライザーバーハンドル

フルカーボンライザーバーハンドル 110g

 

これをふつうの軽いのに変えると、半分くらいに出来ます。でも、このステムは全パーツ中のベストフェイバリットです。換えたくない~。

 

にしても、150gが限度です。あとはタイヤとグリップくらいですね。ミニベロの細タイヤはお安いもんじゃありません。

 

 

2本で7000円は予算オーバーです。

 

となると、パーツ交換の軽量化は限界です。じゃあ、最終禁じ手を使いましょう。ドライブトレインをごそっと外して、ウルトラ逆転一発を狙います。そう、シングルスピード化ですね。

 

シングルスピード

シングルスピード

 

リアディレイラー、シフトレバー、スプロケットを外せば、1kg弱の軽量化を見込めます。SRAM NXで11速化したのに!

 

本末転倒です。が、下半期のぼくはロマンティックカスタムチャリダーです。エクストリームからエクストリームに振れるのがなにわ節の人のさがでしょう。スカーレットグレイスも年末に出ますし。

 

 

が、本気でシングルに入れ込む気はさらさらありません。できるかできないか、作業の手順の確認とばくぜんフィーリング、ブログねた的インプレッションが主眼です。

 

なので、手持ちで手探りでやります。調達パーツはゼロです。チェーンテンショナー、専用コグ、シングルチェーン、スペーサーとかはスルーです。

 

きちんとシングル化する人はこうゆうキットを買いましょう。

 

 

ぼくの下記の方法はネバーおすすめです。チェーンテンションがこんなに曲者だとは夢にも思わなかった・・・

 

スプロケをばらす

 

さて、はじめに余計なものを取り外します。スプロケット、ディレイラー、シフターですね。

 

これを、

 

ETRTO451 リアホイール

ETRTO451 リアホイール

 

これで、

 

左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ

左上・スプロケットリムーバー 右上・チェーンストッパー 下・メガネレンチ

 

こうします。

 

レンチをセット

レンチをセット

 

毎度のスプロケ外しの流れ作業ですね。ちなみにこのスプロケはSRAM PG1130で538gです。10速の1030より重めです。ローの42Tギアはまんまフロント一枚分くらいですし。

 

さて、このスプロケからコグを頂きます。トップから3枚ほどをひっぺがしました。11,13,15ですね。

 

で、こんなものを用意します。

 

スペーサー リングロック コグ

スペーサー リングロック コグ

 

注目は左のパーツですね。これはスペーサーです。素材はこちらのフリー素材です。

 

掃除機パイプ

掃除機パイプ

 

古い掃除機パイプのさきっちょのらへんです。これをギコギコして、作りました。安心安全・純日本製です、やったね!

 

長さは目分量です。ようはかませでしょう。神経質なパーツじゃありません。よゆうのDIYですわねー。

 

セットok

セットok

 

リングロックをはめます。ぴったしだあ!

 

シングルホイール完成

シングルホイール完成

 

ホイールは完成です。フレームにセットしましょう。

 

フレームイン

フレームイン

 

はい、OKです。

 

ディレイラーとシフターを外す

 

つぎはディレイラーとシフターです。こちらはアーレンキーだけでOKですね。

 

ディレイラー

ディレイラー

 

すっきりします。

 

リアエンド

リアエンド

 

ドライブとケーブル一式です。480gです。想像以上の重さですね。

 

470g

480g

 

さきのスプロケと合わせ技でちょうど1kgですね。フロントマルチはさらに400g増でしょう。コンポはベリーヘビーですね~。

 

最難関チェーン張り

 

最後はチェーンです。これが最強エクストラハードです。ごらんのようにうちのチャリのエンドはふつうの直付けタイプです。

 

この形状は完全に外装変速専用です。シングルスピード化はオーバー非推奨です。チェーンの張りを後から調整できません。

 

なので、手探りでチェーンのてきとうな長さを調べます。

 

チェーンカットとコネクトの繰り返し

チェーンカットとコネクトの繰り返し

 

カットとコネクトの繰り返しです。もちろん、新品のアンプルピンはありません。こんなふうにピンを寸止めして、再装填します。これをリンクから抜ききってしまうと、ちまちま地獄に落ちれます。

 

かれこれ3時間ほど格闘して、ここまで調整しました。

 

チェーンたるみ

チェーンたるみ

 

んー、これが限界ですね。ちょいゆるです。

 

チェーンのリンクは細かく区切れません。チェーンには外コマと内コマがあって、外コマ同士、内コマ同士は繋がりません。なので、二リンク分ずつしか調整できません。

 

チェーン最小単位

チェーン最小単位

 

これがチェーン調整の難しさの原因です。なので、元からシングルの完成車には専用の調整金具があります。ママチャリが典型ですね。

 

王道のシングル ローラーブレーキ ナット締め

ママチャリエンド

 

左側の突き出たボルトです。これのナットを締めると、チェーンを引っ張って、たるみを取れます。

 

変速タイプのエンドの自転車はどうするか? リアディレイラーを使うか、チェーンテンショナーを使います。

 

 

こうゆうのをハンガーのところに取り付けて、チェーンのたるみを直します。結局、これが楽です。

 

チェーンからやろうとすると、カット&コネクトのループにげんなりして、しまいに半狂乱になります。げんにぼくは作業中に何度か叫びました。

 

チェーンラインが出ない! ギア修正

 

さて、これで走りに行きましたが、10mでトラブルを食らいました。チェーンが二漕ぎでがしょんと外れます。なんでや!

 

これの原因はたるみよりラインですね。トップギアの位置では右より過ぎます。スペーサーのサイズを作りなおして、ハブの真ん中にギアを入れて、スプロケット付属のスペーサーをかませました。

 

チェーンライン調整

チェーンライン調整

 

イッツパーフェクトライン! 既製品のようです。ザ・シングルスピードラインですやん!

 

が、トップギアはフリーボディのさきっちょににしか入りません。セカンドギアもそうです。結局、3速の15Tを入れました。

 

とすると、ギアの直径が大きくなって、チェーンがぱっつぱっつになります。まーた、カット&コネクト、うわーん!

 

が、最後の気力を振り絞って、こんなにしましたで!

 

シングルスピード完成

シングルスピード完成

 

とりあえず、走れます。チェーンはたまに外れます、1kmに一回くらい。あと、のぼり坂で。

 

それはそれですが、ギアが軽すぎます。前が44Tですからねー。ママチャリくらいの軽さです。

 

そして、7.5kgの軽量車体のおかげで加速が超特急でマックスになります。速度が五秒で頭打ちだあ!

 

11Tの薄刃のコグは見当たらないな~。テンショナーですか~。見た目は最高ですがねー。

 

シングルスピード化

シングルスピード化

 

結論 ※作業時間の90%はチェーンのカットとコネクトでした!

 

7kg台の軽量化は一応の成功です。が、このチャリは使い物になりません。せっかくのスマートな見た目に余計なテンショナーをつけるなら、もうコンポを付け直しますねー。

 

あと、シングルスピードの面白さがちょっと分かりました。ベストのギア非を出せば、街乗り最強チャリに出来ますわ。

 

シングルバイクをちょっと物色しちゃうよ~。

 

Pinarello Diesel Only the Brave Urban Bike 2014
Pinarello Diesel Only the Brave Urban Bike 2014
定価 210193円
割引 66% = ¥140194円
特価 69999円

※2016/10/14 01:07:28のcyclingexpressの価格

 

か、テンショナーを大人しく買うか。なるべくクールなやつを。