クロスバイクオーバーホール グリス入れ Vブレーキ交換 アウターケーブル切り直し


前回のサスペンションフォークのメンテはたいへんでした。外置きチャリにはカーボンかアルミのリジッドフォークをおすすめします、まじで。

 

で、今回はオーバーホールシリーズの組み立て編です。さあ、一夜干しフレームを取り込みましょう。

 

フレームの天日干し

フレームの天日干し

 

ベアリング類のグリス入れ

 

このフレームと同じく水洗いしたチェーンとベアリングを天日で完全に乾燥させました。シールドベアリング内の水気は最悪ですね。乾かし切らないで、グリス・パッキンをしちゃうと、水気を中にシールしちゃいます。早晩のサビ、腐食のもとですね。

 

念のためにドライヤーの温風を当てまして、完全完璧にからからドライにします。で、準備万端にして、グリスと筆を用意します。

 

ベアリング類

ベアリング類

 

この筆でグリスをごそっとすくって、べちゃべちゃ塗り込みます。けちらずにこんもり使いましょう。

 

グリス入れすぎ?

グリス入れすぎ?

 

パーフェクトですね。ちょっとふんぱつしすぎたかあ? プーリーの回転は重くなっちゃいました。で、これを組み立てて、元の位置に戻します。BBのベアリング戻しには塩ビパイプを使います。

 

↓写真の逆モーションですね。

 

塩ビパイプで右ワンたたき出し

塩ビパイプで右ワンたたき出し

 

塩ビパイプはなにかと役立ちますね。このBBやヘッドパーツなんかの圧入系のDIYに力を発揮します。いちいち専用工具を買えませんしね。

 

プーリーとディレイラーのドッキングはじつにかんたんです。ただし、ぎゅうぎゅうにボルトを締めると、回転にグッドなあそびまでBANしちゃいますね。回転を見ながら、適度に増し締めしました。

 

Vブレーキをシマノのやつに交換

 

車体から取り外したもとのVブレーキは分解編でほったからしでしたね。これはもう引退ですね。シューの減り、表面のくすみ、ザ・交換時期です。

 

さいわい手元に新品のシマノのVブレーキがあります。街乗りクロスバイクには文句なしの一品ですね。

 

シマノVブレーキ 新品

シマノVブレーキ 新品

 

でも、シルバーカラーが車体のカラパタにありません。寄せ集めのちぐはぐさがひとしおです。

 

組み直したサスフォークにセットしてみました。おや、意外と悪くないよ。

 

フォークにVブレーキをセット

フォークにVブレーキをセット

 

くしくもこの色味がシリコングリップとマッチします。

 

シリコングリップ

シリコングリップ

 

フロントからの配色はとくにおかしくありませんね。むしろ、黒銀2トーンのおしゃれめアクセントです。

 

反面、ブレーキレバーのくすみが気がかりです。これは雨より紫外線の影響でしょうね。そして、なんで調整ボルトがこんなにぼろぼろでしょうか? あ、ペンチでひねった覚えがフラッシュバックしました。

 

Vブレーキアームの片ききを調整しましょう。横側のプラスドライバー用の小ネジでします。動きの関係性はこんなですね。

 

Vブレーキアームとネジの動き

Vブレーキアームとネジの動き

 

たいてい新品は左アーム片ききです。左アームをゆるめて、右アームを締める、を何度か繰り返して、左右の動きを均等にしますね。音鳴り解消のためのトゥインてテクニックもあります。

 

アウターケーブルエンド切りなおし

 

ブレーキとディレイラーをセットして、それぞれのケーブルを繋ぎます。ここで一手間をかけましょう。アウターのケーブルエンド部分をカッターでばっつんして、切り口を新しくしちゃいます。

 

アウターケーブルきり直し

アウターケーブルきり直し

 

このエンド部分は意外に傷みますね。シフトケーブルのレバー側のさびがひとしおです。アウターケーブルエンドキャップの精度だア? あれも妙にゆるくなったり、固くなったりしますね。

 

 

ケーブル取り回し、ヘッドセット組み立て、BB装着、クランク取り付け、いずれが過去記事のネタです。省略。

 

唯一の不測の事態がスクエアBBの左ワンの固さですね。なぜかこいつのねじ込みが異常にハードです。もしか、変形した?! でも、塩ビパイプで強引に叩き出し・叩き込みしたのは右側ですけど?! なんで左がだだをこねる?

 

BBを替えようかな~。あと、フォークをリジッドにして、サドルをノンステッチのやつにして、ワンタッチタイプの前カゴを付けて~、ひとおもいにチェーンテンショナーでシングルスピードのしちゃおうか?

 

と、妄想は尽きませんが、現状の目一杯はこんなですね。

 

GIANT ROAM3 Ver10

GIANT ROAM3 Ver10

 

思い切って、フロントキャリアを外してみました。これ x サスフォークの重さが相乗以上の衝撃でした。正面からの見た目はザ・クロスバイクですね、ははは。

 

それから、ブレーキの取り回しをミニベロの仕様に合わせて、何となく右リア、左フロントにしてみました。ケーブルのアバレ防止策は結束バンドと絶縁テープ巻き巻きですね。

 

結束バンドと絶縁テープでケーブル留め

結束バンドと絶縁テープでケーブル留め

 

ガイドよりこっちのがスマートです。再メンテのときに工具が不要だしね。テープの耐水が持つかな~。BBの左のワンがここから入らない。なんでや! もー、知らんで!

 

シートポスト周りのごちゃごちゃは相変わらずです。

 

後ろ側がごてごて

後ろ側がごてごて

 

スタンド、ドロッパーポスト、どろよけ、固定ロック、と便利グッズが後ろに偏ります。横サイドからのビジュアルはよろしくありませんねー。もうドロヨケを外すかア? でも、雨上がりの路面を走ると、ケツビチャしちゃいます。

 

最後のしめにチェーンにルブを。煮沸で完全に脱脂しました。どばっと多めに注入しましょう。

 

チェーンにルブをどばっと

チェーンにルブをどばっと

 

で、とどめにグリスを上塗りします。

 

今回のオーバーホールシリーズは以上です。ふーう、ちかれた~。一から組む方が楽ですわ、きっと。ベアリングとサスペンションの凶悪でろ汚れがトラウマになりそう、ははは。

 

ハイライトがこんなですね。

 

グロいスプリングが・・・

グロいスプリングが・・・

 

げぼ! カモーン、カーボンフォーク! つぎのシクロジャンブルで物色しますわ。予算はせいぜい5000円だな。

 

メンテでなぜかハムストリングが筋肉痛に

 

この一連の作業を終えて、一夜を明かしまして、意味不明の筋肉痛に襲われます。腕とか肩とかじゃなくて、なぜかもも裏、ハムストリングですね。

 

あー、ふだん使わない筋肉を不意に使うときつい筋肉痛を見舞われるって言いますね。ぼくのメンテ筋はハムストリングのようです・・・

 

そんなわけがない!

 

て、作業中の動作を思い返して、ぴんと来ました。パーツの写メを真上から撮るのに中腰になって、前のめりになります。ザ・空気椅子ですね。没を含め都合200枚近く撮りましたから、否応なくハムと背筋と鍛えられましたねー。

 

チャリパーツの写真だけでストレージが1gbほど埋まったぜ! ヒャッハー!

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share