一年使ったクロスバイクのオーバーホール チェーンとベアリングの煮沸と脱脂に挑戦


うちのサブチャリのクロスバイクはGIANT ROAM3てゆうモデルです。

 

giant-roam3-ver9

GIANT ROAM3 ver9

 

GIANTのクロスバイクのEscapeシリーズはとくに有名ですね。毎日のように道端や駐輪場で見かけます。が、こっちのROAMシリーズはぜんぜん見当たりません。

 

理由の大方はサスフォークでしょうね。たしかにこれは見た目のまんまの超ヘビー級です。おまけに最廉価版のこいつにはディスクブレーキ台座がありません。正味、ビジュアル的にも機能的にもやぼったいパーツですわ。

 

で、これを去年の4月頃に買って、あれやこれやの改造を施して、上記のVer9までパワーアップしました。キャリアーとドロッパーポストとナローワイドリングと47cのタイヤ付きのお買い物クロスバイクはうちのこいつだけでしょう。オンリーワン!

 

そして、ドロヨケ、スタンド、鍵不要のナンバーロックの三種の神器のおかげで便利で気軽です。外置き、野晒しにして、気兼ねなく乗り降りできます。

 

 

で、ほぼ毎日のように乗り回しまして、そろそろ一年を迎えますが、ところどころに不備を感じ始めます。じゃあ、気合を入れて、がっちんメンテ、いや、フルオーバーホールにチャレンジしましょう。

 

クランクを外す

 

今回のスタートの状態はこんなですね。事前に前後のホイールを外して、作業場に持ち込みます。

 

お買い物クロスバイクGiant Roam3カスタム

お買い物クロスバイクGiant Roam3カスタム

 

シートポストのあたりがなんかゴテゴテだあ! 余分なカスタムパーツがてんこ盛りですので。

 

手始めにクランクを外しちゃいましょう。フィキシングボルトを六角でぎこぎこします。

 

クランクフィキシングボルト外し

クランクフィキシングボルト外し

 

で、毎度のコッタレスクランクリムーバーとモンキーレンチで左右のクランクアームを外します。

 

コッタレスクランクリムーバーとモンキーで

コッタレスクランクリムーバーとモンキーで

 

「年に一回くらいしか使えへんで~」

 

かに思われるコッタレスクランクリムーバーですが、3ヶ月に一回くらいの頻度で活躍しますね。むしろ、普通の汎用工具より出番があります、ははは。

 

で、クランクを外したら、チェーンリングを外します。このボルトは星型タイプですね。25Tのヘックスローブドライバーを使います。

 

チェーンリングボルト星型ネジタイプ

チェーンリングボルト星型ネジタイプ

 

それから、ペダルを外します。が、分離したクランクからペダルを外すのはわりに手間ですね。トルクが掛からないし、ネジ方向がややこしくなります。ペダル→クランク、が正解ですね。

 

左クランクとペダル

左クランクとペダル

 

はい、クランク周りがばらけました。で、今回、写真にちょっと凝ります。メンテ内容自体は既出デジャブばかりですので。

 

クランク周りのパーツと使用工具

クランク周りのパーツと使用工具

 

ここの各部はとくに問題なしですね。ペダルの回転がすこし渋めですかねー。ここまでの工程で手は汚れません。ここからが勝負です。

 

チェーンとディレイラーを外して煮沸

 

リアメカ周りに移りましょう。チェーンですね。SRAMの10速用です。接続はミッシングリンクですね。

 

SRAM 10sチェーンミッシングリンク

SRAM 10sチェーンミッシングリンク

 

雨晒しチャリの宿命でサビが出ますね。そして、ミッシングリンクはいつものようになかなか外れません!

 

こんなときにはジャンクインナーワイヤーを使いましょう。リンクのとこにこんな風に通して、びんびんばんばんやります。

 

ジャンクインナーワイヤーで外し

ジャンクインナーワイヤーで外し

 

はい、ぶじに外せました。

 

チェーンとミッシングリンクと代用工具のワイヤー

チェーンとミッシングリンクと代用工具のワイヤー

 

このリンクはまあまあソフトですね。新品のやつはほんまにかっちかちです。てか、外すより着けるのが厄介です。工具を買おうかな~。

 

チェーンをクリーニングします。が、ふつうの乾拭きやパーツクリーナーはおもしろくありません。たまには煮沸をしてみましょう。

 

ジャンクパンへどぼんして、中性洗剤を入れて、ことこと煮ます。うーん、ケミカリーなグッドフレーバーが立ち上るう!

 

煮沸で油抜き

煮沸で油抜き

 

チェーンをゆでる間にリアメカの下ごしらえをしましょう。アーレンキーでハンガーから外します。

 

ディレイラー外す

ディレイラー外す

 

ワイヤーエンドがぼっさぼさですね、ははは。エンドキャップは良くなくなるなあ。草むらを通るときに引っ掛けちゃうかア?

 

小さめのアーレンでプーリーを外します。

 

プーリー外す

プーリー外す

 

分解図と使用工具ですね。ここの作業はわりと簡単です。プーリーの隙間からけっこうな草切れが出てきました。

 

リアメカ分解 下は挟まってた草切れ

リアメカ分解 下は挟まってた草切れ

 

プーリーのベアリングの近影です。これがセンタロンでしょうか?

 

シマノのおはこのセンタロン

シマノのおはこのセンタロン?

 

シールドベアリングはシールドベアリングですね。フルオーバーホールと銘打ちましたから、めんどうくさがらずに、ベアのパッキンをBANします。

 

ベアリングシールパッキンをこじって外す

ベアリングシールパッキンをこじって外す

 

睫毛切りばさみがいい仕事をしますね。そして、ベアリングのグリスはあららのスカスカです。グリスを入れなおすことにして、おなべの熱湯をすこし冷まして、リアメカの部品と一緒に放り込みます。プーリーが樹脂だから、本気の沸騰はダメですね。

 

ぬるま湯でほっこりプーリー

ぬるま湯でほっこりプーリー

 

刷毛でばしゃばしゃごしごしやって、油汚れを落としました

 

煮沸&クリーニング完了!

煮沸&クリーニング完了!

 

すっきり! 新品なみにぴかぴかです。

 

ピカピカベアリング

ピカピカベアリング

 

ところで、ベアリング内の水気は天敵ですね。水洗いより乾燥のが重要です。風通しのいい場所で一夜干しにしましょう。

 

ワイヤー類を外す、ヘッドパーツを分解

 

つぎはワイヤー類の分離です。ダウンチューブ裏のケーブルガイドをアーレンで外します。あーあ、見苦しい写真ですね~。前輪の水跳ねがここに当たりますからね~、あしからず。

 

ダウンチューブの前三角裏のケーブルガイド

ダウンチューブの前三角裏のケーブルガイド

 

しかし、このガイドはフルアウターには不要ですね。結束バンドで留める方がスマートです。

 

アウターとインナーを取っ払いました。プラスドライバーはシフトレバーのインナーケーブルのタイコを外すところのキャップ外し用ですね。

 

ケーブル類

ケーブル類

 

注目はVブレーキのバナナですか。ゆるいカーブ=リア、きついカーブ=フロントですね。このバナナはやたらとサビまくりますね。アロイ系のに変えようかな。

 

このついでにサドルとドロッパーシートポストのレバーを外しました。

 

ヘッドセットの分解とリテーナーのクリーニング

 

フォーク周りに行きます。トップキャップを外します。

 

トップキャップ外す

トップキャップ外す

 

ステムを外します。このボルトが小さめですね。対応の六角が短いと、トルク掛けがたいへんです。

 

ステム外す

ステム外す

 

ハンドルをぶっこ抜いて、フォークを叩き出しました。コラムのサビがえげつないレベだあ!

 

上・ハンドル部 左・フォーク 右・トップチューブ

上・ハンドル部 左・フォーク 右・トップチューブ

 

ステムとのクランプ部分のすきまに雨が入って、水気がながなが残ります。サビの発生は自明の理ですね。しかし、ここの固着はゲームオーバー候補のトラブルですね。サビ止めを塗ろうかしら。

 

と、ヘッドセットのベアリングリテーナーとトップキャップ、スペーサー類ですね。ノットシールドベアリングです。

 

ヘッドセット分解

ヘッドセット分解

 

そして、グリスの劣化がひとしおです。トップチューブの上下ワンとリテーナーの汚れが最悪クラスです。

 

これはケツを拭いたちり紙じゃありません。ワンとリテーナーの積年の汚れですね。見た目と質感は完全にアレです。

 

ヤバイ色の古いグリス

ヤバイ色の古いグリス

 

リテーナーをクリーニングします。が、このパーツは意外にやわです。タオルで無造作にごしごしやったら、枠を曲げちゃいました。ベアリングの鋼球がぽろぽろりんします、うえーん。

 

どうにか修正して、お湯とはけでやさしく洗って、ていねいに拭き掃除しました。

 

リテーナーとワンをクリーニング

リテーナーとワンをクリーニング

 

ぴっかぴかですね。ちなみにヘッドパーツのタイプはセミインテグラルのロープロファイルですね。むだにややこしいタイプですね~。ふつうのアヘッドを入れられない。

 

コラム径はオーバーサイズ28.6mmのストレートです。これはふつうですね。

 

後半戦、フレーム丸洗いとサスペンションフォークのメンテ編に続きます。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share