クロスバイクのオーバーホール フレーム丸洗いとサスペンションフォークのメンテ


クロスバイクのオーバーホールの分解編その2です。前回、ヘッドセットのリテーナーの煮沸洗浄までしました。これで目ぼしいパーツはほぼ外れましたね。

 

が、最後の大物パーツが残ります。BB、ボトムブラケットです。

 

みんなダイスキBBメンテ

みんなダイスキBBメンテ

 

スクエアテーパーのクロモリシャフトのコッタレスのザ・スタンダードボトムブラケットですね。車体購入以来、ここは不可侵領域です。メンテ意欲よりめんどうさが勝ちます。手がもれなく汚れるし。

 

しかし、購入時の初期状態の様子やこれまでのメンテの具合からして、前の持ち主はぜんぜんノータッチ・ノーメンテでしたね。グリップはべとべと、タイヤはべこべこ、リングはぐにゃぐにゃだったし・・・

 

ひん曲がったアウターリング

ひん曲がったアウターリング

 

とすると、年式の型番からBBのほったらかし期間は4年弱です。これはNGですね。この際にえいやとやっちゃいましょう。

 



BBのベアリングチェック

 

BB本体に着手する前に野暮用を片付けましょう。BB裏のケーブルガイドを外します。フロントメカを外して、フロントシングルにして、そっちにリアメカのケーブルを通しますから、このガイドをぜんぜん使いません。

 

ボトムブラケット裏のケーブルガイド

ボトムブラケット裏のケーブルガイド

 

ここはプラスドライバーですね。もう潔く六角にして~。で、これを外して、BB本体に挑みます。てか、もう何度も経験しました。

 

BSAの右は逆ネジ、左は正ネジですね。リムーバーとレンチでてきぱきやります。ん、これは意外にすんなりと外れました。

 

おなじみBBリムーバーとスクエアBB

おなじみBBリムーバーとスクエアBB

 

BBのチューブの中は意外ときれいですね。メンテしたっけ? いや、記憶にないけど。

 

右ワンとベアリングを塩ビパイプでたたき出しました。

 

BB分解

BB分解

 

回転は良好です。シャフトは重めですね。TOKENのみたいに中空じゃない。300g弱でしょうか。

 

ブルーのパッキンを剥がします。おや、グリスはわりにきれいですね。

 

良好なベアリング内

良好なベアリング内

 

ヘッドセットのリテーナーとワンみたいに糊状じゃありません。きちんとグリスの粘度があります。塵や汚れも皆無ですね。グッドパッキン!

 

記念にお風呂へ入れて、男前にしましたで。

 

クリーニング後

クリーニング後

 

もともとトリプル用です。ビミョーにジャストワイドですね。115mmくらいがベストですね。予備のBBはありません。シャフト交換したかった!

 

リアのVブレーキとロックを外します。

 

VブレーキとGORINボタン式リング錠

VブレーキとGORINボタン式リング錠

 

スーパー便利アイテムのGORINボタン式リング錠ですね。ロックのONOFFが3秒です。街乗りの買い物のはしごにめっちゃ活躍します。

 

ただし、最近、ロックリングの滑りがへんでした。経年のガタだあ? と思いまして、これを外して、じっくり見ますと、こいつの緩みに気付きます。固定ツメ。

 

ツメ嵌めなおす

ツメ嵌めなおす

 

これがずれると、リングがカバーに干渉します。で、滑りが悪くなる。上みたいにぱちっと嵌めなおすと、購入直後の滑らかさを取り戻せました。ヤッタネ! 今回の最大の成果です。

 

ロックとVブレーキですね。

 

ロックとVブレ

ロックとVブレ

 

このロックのデザインがもうすこしカッコよくなりませんかね~。台座の板金の『LOCK』がじつに悪目立ちします、ははは。

 

さあ、長々と分解・メンテをしますが、これでようやくフレームを素の状態に出来ます。

 

フレームオンリーワン!

フレームオンリーワン!

 

オー、ナチュラルボーン! この状態のフレームを見るのはお初ですね。素の状態は予想より軽量です。2kgちょいの手応えですね。

 

じゃあ、悲願のあれをしましょう。ほい、お風呂へどぼ~ん。

 

お風呂へIN!

お風呂へIN!

 

かつて夢見たThe Frame in the Bath!!!  メンテ・クリーニングの究極完成形ですね!

 

バスマジックリンをしゅっしゅして、軽く洗って、お湯のシャワーを注ぎます。アルミフレームの地金や黒塗りのところはそんなに汚れませんね。白ロゴの『GIANT』のペイントに顕著なひび割れがありますね。

 

干しましょう、物干し竿に掛けて。奇跡的にうちのベランダの物干し竿がトップチューブにすっぽり通ります。オーバーサイズか!

 

フレームの天日干し

フレームの天日干し

 

実測は29.13mmでした。あれ、なんでヘッドチューブに通るの? ええけど。

 

サスペンションフォークの分解とメンテ

 

フレームとその他のパーツのクリーニングとメンテは上々の首尾でフィニッシュしました。正味、これらの作業は過去にすでに体験済みです。

 

ここからは未体験ゾーンですね。メンテのログがぐっと少なくなります。なぜなら、だれもが触りたがらないから!

 

はい、問題児のサスペンションフォークですね。

 

フレームより明らかに重いサスペンションフォーク

フレームより明らかに重いサスペンションフォーク

 

単体で軽くフレームの重量を越えます。3kgはあるかな~。コイルはばねばねスプリングですね。コラムのサビサビのとおりに鉄サスフォークです。

 

GIANT印ロゴ入りのSUNTOUR SR SUNTOUR NEX MLOてモデルです。ROAM3の初期装備品ですね。ザ・安サスフォークです。

 

まず、これを外します。フォークのエンド裏のナットですね。ボックスレンチで緩めるのが定石ですね。

 

サスペンションのボルト

サスペンションのボルト

 

しかし、対応のボックスレンチがありません。10mmのレンチで最初の固さを取って、すこし大きめのボックスレンチで外しました。

 

10mmスパナとボックスレンチで

10mmスパナとボックスレンチで

 

で、ステ管をボトムケースからえいやと引っこ抜きます、ちからまかせに。

 

上パーツをfatalityでぶっこ抜き

上パーツをfatalityでぶっこ抜き

 

で、このロックアウトのキャップをフックレンチで外します。

 

 

が、そんなものはありません。ペンチで左のキャップをこじ開けました。

 

じゃあ、やばい色のバネが中から出てきましたよ。そして、漂う、強烈なケミカル臭、ヒエー!

 

グロいスプリングが・・・

グロいスプリングが・・・

 

うーん、この色はデジャビュですね。ヘッドセットの古グリスがこんなでしたわ。ワッツ・ケツフキペーパー?

 

完全にNGな色

完全にNGな色

 

鉄系の安サスと外置き・雨晒しスタイルは完全にミスマッチですね。水気がシールの中に入って、ながなが残っちゃいます。スプリングはザ・鉄ですから、元気一杯に錆びてくれますね。

 

正直なところ、安いリジッドのカーボンフォークで軽量化・耐水力向上を図る方がベターですわ。が、フォークを買えるなら、ディスクブレーキ用に目移りしちゃいます。じゃあ、ホイールからなにから新調しなきゃなりません。

 

ステ管のサビを消しましょう。久々の登場です、ピカピカピカール! これがぜんぜん減らない! 多分、この容量を使い切る前に天寿を全うしますわ。

 

ピカール

ピカール

 

これをぼろ布に付けて、ごしごし磨きます。

 

磨き上げフォーク

磨き上げフォーク

 

ピカピカピカチュウ! こうかはばつぐんだ!

 

ところで、ピカールの防錆効果には諸説がありますが、以前にぼくがこのステ管をピカールで磨いて、外置き放置したら、この手入れ前の点サビ腐食を数ヶ月で拝めました。

 

といっても、野ざらし・雨晒しでこの錆び具合は逆に立派ではありませんかね? 万全を喫するなら、AZの長期防錆オイルを使いましょう。

 

 

右のロックアウトのキャップをマイナスドライバーで外します。

 

ロックアウトのキャップを外し

ロックアウトのキャップを外し

 

うーん、この専用キャップはほんまに強敵ですね。手持ちの薄型スパナを駆使して、こじ開けました。

 

サスフォーク専用専用キャップ

サスフォーク専用専用キャップ

 

中身はこんなですね。左より短いスプリングとなぞのゴムパーツ。

 

左インナーのスプリング

ロックアウト側のインナーのスプリング

 

こっちのサビはそんなじゃありません。パッキンの出来でしょうかね。

 

タオルで乾拭きしました。サビに煮沸は無意味でしょうし。

 

スプリングクリーニング

スプリングクリーニング

 

で、今回、グリス塗らずにインナーチューブに戻しました。雨水は絶対に入ります。じゃあ、防水より排水を考えるのがよさ気ですね。しばらく野ざらしして、梅雨明けごろにサビの経過を見ましょう。

 

サスフォークの分解の手順はわりにシンプルです。が、もれなくグロいスプリングと汚水の洗礼を浴びることになります。そして、専用キャップがじみに曲者ですね。レギュラーカスタムには専用リムーバーかフックレンチが必要です。

 

 

サスフォークの工具こそほんまに年一工具でしょうねー。手は伸びないな、ははは。

 

分解・クリーニング編は終了です。次回はVブレーキ交換から組み立て完成までです。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share