クロスバイク改造 クランク、ディレイラー、ホイール周り編


クランク、ディレイラー、ホイールのカスタマイズはまあまあの大事ですね。お手軽にぽんとは出来ません。専用の工具が必要ですし、費用と知識と手間が掛かります。

 

でも、見返りが大ですから、機械いじりや日曜大工ラバー、DIYフレンドリーな男子女子は挑戦しましょう。自分で交換したホイールは人任せにしたホイールよりよく回る・・・はず、ははは。

 

ミニベロのおさがりのXTで10速化

 

先日、ミニベロにBIKE24で買ったSRAM NXをのっけて、11S化しました。じゃあ、パーツのあまりが出ます。しかも、わりに上等なあまりです。

 

はい、XT M 780系のレバーとリアメカとSRAM PG1030スプロケット、シマノ軽量パーツYUMEYAのインナーケーブル、INTREPIDのチェーンです。

 

シマノXT M780 10速コンポ

シマノXT M780 10速コンポ

 

新品の総額は20000円くらいです。改造するGIANTのクロスの購入価格より高価ですね、はは。まあ、このパーツ類もヤフオの中古品ですけど。

 

もとのAcera8sからDEORE LXの8sに変わりましたが、これも年代物のジャンキーアイテムでした。先代のサブチャリのDIAMOND BACKのふるい26インチのMTBのおさがりです。ディレイラーのバネが経年でふにゃふにゃです。

 

なので、これをリタイアさせて、ミニベロのおさがりで一気に10Sへグレードアップします。買い物チャリにはオーバーテクノロジーですけどね。

 

現状の8Sのシフトレバーは白いインジケーターのものです。

 

shimano 8s レバー

shimano 8s レバー

 

たぶん、この白いインジケーターは旧規格品です。今のやつはほぼ赤ですね。

 

Shimano DEORE XT 10S リアシフトレバー

Shimano DEORE XT 10S リアシフトレバー

 

リアディレイラーはこんなです。アジャスタがありません。そもそもエンド受けにねじ山がありません。

 

リアメカ

リアメカ

 

インナーワイヤーはシマノYUMEYAの高級品です。去年のウエパー本店の青空市で買いました。ロード用品はそうそうに売り切れ続出でしたが、MTB用は夕方でもよりどりみどりでした。今年の青空市も楽しみです。

 

そうそう、チェーンはKMCより軽いでおなじみのINTREPIDの10Sです。あと、アウターケーブルをぼろきたない白のやつからGIZAのホログラムブルーのやつに新調しました。かなりポップでグッドです。

 

ラメ入りシフターアウターケーブル

ラメ入りシフターアウターケーブル

 

てか、なんでデフォルトは白でしょう? 白はこのフレームのカラーパターンからやたら浮きます。はじめから青系のケーブルにしましょうよ、GIANTさーん。

 

完成です。

 

GIANT ROAM3 カスタムver5

GIANT ROAM3 カスタムver5

 

パーツ構成の半分はもとから変わっちゃいましたね。もうクロスバイクじゃなくて、ぜんぜんMTBです。

 

でも、Vブレーキ用のフロントキャリアーとカゴをつければ、お買い物ルックスを取り戻せる・・・か?

 

重いダブルの一体型チェーンリングをナローワイドに交換

 

この前のWiggleのお買い物のメインディッシュは700 47Cのコンフォートタイヤでした。副菜はこちらです、RACEFACEナローワイドチェーンリングとボルト。

 

RACEFACE ナローワイドリング ethirteen リングボルト

RACEFACE ナローワイドリング e*thirteen リングボルト

 

何気にこのリングが4000円で、メインよりお高プライスです。BCD104の30Tですね。MTBのナローワイドリングの定番です。

 

でも、もっと前に買ったメインミニベロのWolftoothの44Tのリングは8000円でした。ぼく的に目新しいものじゃありません、なので、副菜です。

 

現在のクランクとチェーンリングはこんなです。

 

SUNTOUR クランク トリプル

SUNTOUR クランク トリプル

 

SUNTOURのトリプルクランクのアウターを外して、インナーだけを使います。セカンドリングはバッシュガードの代わりです。

 

元はこのぼろクランクとぼろリングです。

 

1000円でヤフオしたSUNTOURの160mmぼろんちょクランク

1000円でヤフオしたSUNTOURの160mmぼろんちょクランク

 

ひん曲がったアウターリング

ひん曲がったアウターリング

 

変速、走行はスムーズです。ただ、22Tのギアはちょっと軽すぎです。いつか30Tくらいにしようと思いまして、Wiggleでついで買いしちゃいました。

 

このままではリングの取替えはむりです。クランクを外しましょう。毎度のコッタレスクランク抜きで一発です。

 

コッタレスクランク抜き

コッタレスクランク抜き

 

e*thirteenのリングボルトのネジ穴はトルクスタイプです。サイズはT30です。抜かりなく完備です。

 

 

アーレンキーでむりに締めると、抜くのに苦労しますよ~。

 

取り付けはかんたん・・・ですが、なんかボルトの長さが足りない。クランクアームの厚みのせいみたいです。もともとトリプル用ですからねー。BCDはぴったりだけど。

 

まあ、きっちり固定できます。クランクの安っぽさが目立つ~。

 

あと、ブレーキやシフターの小さめのボルトをアルマイトなカラーボルトにチェンジしてみました。

 

カラーボルト

カラーボルト

 

こういう小物の交換はらくちんでハッピーですね。

 

完成です。

 

GIANT ROAM3 ver8

GIANT ROAM3 ver8

 

700 47c、1×10ドライブ、前30Tのリア11-36T。もう完全にグラベルクロスランドナーです。ノーノー、アドベンチャーバイクです。キャリアにてきとうなバッグをバンド留めしたら、余裕でちょい旅に出られます。

 

コンパクト

コンパクトですっきり

 

22Tから30Tのギアチェンジの効果は絶大です。トップがきちんとトップです。前22Tの後11Tはめっちゃライトでしたよ。平地でスピードが伸びなかった。

 

タイヤのインチアップの効果もあって、トップがけっこうな重さになりました。ギアが2枚くらい増えた感じですかね~。

 

FacebookでシェアgoogleプラスはてなブックマークWelcome Your Share