Colnago V1-R 2017 軽量モノコックカーボンフレームが半額大特価!


イタリアコルナゴ社のロードバイク用カーボンフレームには3つのフラッグシップモデルがあります。伝統的な外付けのラグでカーボンパイプを継ぎ接ぎするぞくに『ラグドカーボン』のクラシカルなCシリーズ

 

2017年のエルネスト・コルナゴ生誕85周年記念の世界85台限定版Ottanta5がCシリーズの現行モデルのC60ですね。

 

 

これは金属フレームの溶接加工をカーボンに流用したようなデザインです。チューブのつなぎ目のギャップがラグですね。

 

コルナゴは自転車ブランドのなかでいち早くカーボンフレームを扱い始めましたが、この伝統的なラグドカーボン成型を最後まで使い続けました。

 

しかし、近年の主流はモノコックカーボンです。フレームは成型一体のユニットですね。つなぎ目はありません。つるぺたです。

 

ベアリングカップをフレームのBB受けにプットして

モノコックカーボンのBB周り

 

各部のカーボン製チューブを継ぎ接ぎするラグドカーボンはデザインと設計の自由度に劣ります。利点はクラフトマンシップとクラシカルビジュアルですね。まあ、ふんいき的なものですわ。

 

その点、フレームを一個のパーツのようにまるまる成型できるモノコックカーボンは無限の可能性を持ちます。工業用の3Dソフトが一昔前より安価に一般的になりましたしね。

 

2つ目がコルナゴ渾身のエアロモデル、Colnago Conceptですね。

 

colnago concept

colnago concept

 

扁平なフレーム、ブレードフォーク、ダイレクトマウントブレーキ、専用シートポストてゆうごりごりの主流派エアロですね。

 

さらにひさびさに今年のツールドフランスにコルナゴのバイクがお目見えしますね。レース標準モデルがつぎのV1-Rです。

 

レース用のV1-R

 

ラグドカーボンへのこだわりが裏目に出て、カーボンフレームではピナレロなどのライバル社に水を明けられましたが、2015モデルに主流のモノコックカーボンフレームがデビューしました。

 

それがV1-Rですね。このレーシングフレームはトップチューブの馬マークが示すように車屋のフェラーリとの共同開発です。

 

フェラーリモデルのバイクのいくつかがコルナゴ製だてのは有名なところですね。ドンキホーテやホームセンターにあるやつは別物ですが、ははは。

 

コルナゴ的にはラグドカーボンからモノコックカーボンへの路線変更は大英断ですが、ちまた的には特別なものじゃありません。

 

 Colnago V1-R Road Frameset 2017
Colnago V1-R Road Frameset 2017

定価 469999円
割引 50%
特価 234999円

※2017/05/06 12:38:22のchainreactioncycles.comの価格

 

ブレーキはキャリパーブレーキでなく、ダイレクトマウントブレーキですね。エアロ系の軽量レーサーモデルです。

 

このV1-Rの発表当時にはカンパニョーロがダイレクトブレーキを出しませんが、いまやポテンザのダイレクトやほかモデルのダイレクトがふつうに流通します。

 

カタログの重量はコルナゴ史上最軽量の1005gです。現実問題、1kg以下の軽量モデルは他ブランドにわんさとあります。でも、コルナゴファンには嬉しいニュースでしょうね。

 

もっとノーマルノーマルな廉価版V1-RのCLXはさらに軽量950gですね。キャリパーブレーキ、27.2mmの汎用シートポストです。

 

 Colnago CLX Road Frameset 2017
Colnago CLX Road Frameset 2017

定価 299999円
割引 50%
特価 149999円

※2017/05/06 12:48:31のchainreactioncycles.comの価格

 

コルナゴのカーボンをこの価格で買えるなら、フレームからのバラ完を考慮しちゃいますねー。

 

今回のCRCの特価は過去最安値クラスですね。色とサイズが豊富にあります。この機に5kgのロードを目指してみません? ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share