実は二代目 Colnago Concept エアロでラグドカーボンを払拭だ!


Colnagoはイタリアの人気自転車ブランドです。創業者のエルネスト・コルナゴさんは2月9日に85歳のバースデーを迎えました。Congratulazioni!

 

事前の予想の通りに生誕85周年限定モデルのOttanta5が世界限定85台で販売されますね。車体のベースは同社のハイエンドラグジュアリーフレームのC60です。

 

スペシャルペイント、オリジナル小物、カンパのドライブとホイールでお値段の目安は9999ポンドですね。ざっと140万円です。あ、国内代理店のマージンは含まれません。

 

日本の正規販売価格はだいたい+30万でしょう。80周年モデルが189万でございましたから、おほほ。

 

「マージンでええロードを買える・・・」

 

てゆう貧乏性の発想は禁物です。メモリアル! プレミアム! プライスレス! でさらっと買える人のためのバイクですね。工業品でなく、工芸品です。メイドイン・ヴィヴァ・イタリアですし。

 

これはノットプロモーションな現場の作業風景ですね。シブい動画です。

 

 

じつに泥臭い作業ですね。この地味さが現場のリアリティを如実に伝えます。プロモは音楽と編集でスタイリッシュになりますけどねー。

 

この動画のカーボンフレームのつなぎ目にはラグがあります。ぞくにラグドカーボンですね。このC60のカラパタが一目瞭然です。

 

Colnago C60 Italia PLGL Carbon Road Frameset
Colnago C60 Italia PLGL Carbon Road Frameset
定価 552415円
割引 27% = ¥152416円
特価 399999円

※2017/02/12 01:14:38のcyclingexpressの価格

 

金色のところ、とくにシートの根元がザ・ラグですね。初期のカーボンフレームの製作技法です。フランスのVITUSなどががこの手法で一世を風靡しました。今やCRCのPBですが。

 

現在のカーボンフレームの主流はこのラグドカーボンでなく、モノコックカーボンですね。つなぎ目にラグや溶接の跡がない。金属フレームとカーボンフレームの見分け方のコツの一つですね。

 

「名門ブランドのメイドインイタリアのアカデミックなカーボンフレーム」

 

てのがコルナゴのカーボンバイクの印象です。正味、一線級のバリバリのレーシングマシンにはやや見劣りします。

 

げんに昨年のツールドフランスにコルナゴのバイクはありません。これがしにせの立ち位置を暗に物語ります。デローザと共にピナレロの後塵を拝しますね。

 

かつての名門、てレッテルがおのずと浮かび上がります。たしかにカーボンフレームだけに焦点を絞ると、革新性や機能性に物足りなさを感じます。

 

そんなコルナゴがロード界のトレンドに則り、満を辞して、エアロダイナミックスなロードを発表します。それがColnago Conceptです。

 

30年ぶりの襲名、コルナゴコンセプト

 

このコルナゴコンセプトは同社の待望のファーストエアロロードです。しかし、Conseptは初出でなく、二代目ですね。

 

先代の初代コンセプトの誕生は30年前に遡ります。フェラーリとのコラボモデルとして発表されました。

 

また、その仕様が、

 

カーボンフレーム

内装7段

バトンホイール

油圧ブレーキ

サスペンションシートポスト

 

てゆうヒジョーにディモールト先進的なもので、まさに時代を先取りしすぎたスペシャリシッシモバイクでした。今日のアドバイク、アーバンコミューターのスーパーオリジンみたいなもんでしょう。

 

この伝説的モデルの名を継ぐ二代目コンセプトには相当な自信と期待が掛かります。で、2016年にエアロロードのConceptが発表されます。しかし、ファンの評判はいまひとつですね。

 

自転車界のトレンドとセンターから徐々に引き離されるうちに上のラグドカーボンのイメージが定着しちゃいました。そして、先代の先進性はとくになく、既知の規格やデザインだ。

 

これがサイクリングエクスプレスのセールに出ました。

 

Colnago Concept CHBK Carbon Road Frameset
Colnago Concept CHBK Carbon Road Frameset
定価 432500円
割引 7% = ¥32913円
通常特価 399587円
VIP特価 329999円

※2017/02/12 01:57:21のcyclingexpressの価格

 

がっつりエアロ、TTバイクよりのビジュアルです。ブレーキはダイレクトで、シートポストは専用ですね。重さの記載が公式にもありません。

 

うーん、『コルナゴのエアロロード!』以外の見所はたしかに希薄ですね。ほかブランドのエアロ、TTバイクの中に埋もれてしまいます。じゃあ、C60のラグドカーボンのがいろいろ際立ちますね。

 

それから、Conceptの専用ハンドルの国内希望小売価格が12万!です。フレームとセットでしか発注できません。型落ちロードを買えるやん・・・

 

おまけにデローザのエアロフレームのSK PininfarinaがVIP価格199999-219999円です。

 

De Rosa SK Pininfarina Carbon Road Frameset
De Rosa SK Pininfarina Carbon Road Frameset
定価 393978円
割引 20% = ¥82664円
通常特価 311314円

VIP特価 219999円

※2017/02/12 02:13:43のcyclingexpressの価格

 

こちらは2代目ですね。デローザは人気度、ブランド力でコルナゴに引けを取りません。仕様はそっくりですし。

 

完成車とほぼ同額だてのが余計にCONSですね。

 

 

De Rosa SK Pininfarina Ultegra 11 Carbon Road Bike
De Rosa SK Pininfarina Ultegra 11 Carbon Road Bike
定価 612000円
割引 47% = ¥292001円
特価 319999円

※2017/02/12 02:19:26のcyclingexpressの価格

 

コルナゴファン向けのモデルですか。でも、コルナゴファンはエアロを求めない。うーん、ジレンマだあ!

 

サイクルモードでコルナゴCONCEPT試乗してみた

 

で、3月のサイクルモード大阪でコルナゴCONCEPTに試乗しました。

 

colnago concept

colnago concept

 

新型デュラ、アルテミスカーボンホイール、ヴィットリアコルサタイヤの完全レーシングモデルです。100万バイクですね~。

 

これはふつうにGOODですね。試乗した4台のロードの中では最高でした。→サイクルモード大阪2017ロード試乗編

 

まあ、お値段がサイコーですし。3TのグラベルもGOODだったな~。

 

FacebookでシェアgoogleプラスはてなブックマークWelcome Your Share