PWT 7-11速対応のチェーンカッター 二台持ちやカスタム派におすすめ


自転車整備のいろはのいはパンク修理とタイヤ交換です。で、次に来るはがチェーンの調整と交換ですね。

 

チェーンカッター

チェーンカッター

 

万年外置き野晒しのママチャリやシティチャリ、ちょい乗り用のクロスバイクのパーツでまっさきに痛むのがチェーンですね。しかも、ダメージが重要視されません。

 

タイヤトラブル、とくにパンクはダイレクトです。まともに走れませんし、走れないと察しますから、なにがしかの対策を講じます。

 

一方のチェーントラブル、チェーン落ち以外のダメージや磨耗はよくスルーされます。むしろ、スポバイ乗り以外の人はそこに注目しません。

 

ぎしぎし音や掛かりの悪さに一抹の違和感を覚えつつも、えんえん乗り続けて、ノーメンテで走り倒しますね。で、5年で使い捨てます、ぽいっとな。はい、以前のぼくがまさにそうですね。

 

まず、チェーンが消耗品だて概念が念頭にありません。金属製品=無敵です。寿命? 10年ぐらいですかあ?

 

しかし、チェーンの寿命は予想より短命ですね。てか、時間単位で計るのがそもそもの間違いです。寿命は距離基準ですね。交換の目安は3000-5000kmです。野ざらしバイクのはさらに縮まります。

 

もちろん、時期を越えたチェーンで走れますが、本来の性能を出せませんし、余計なチェーントラブルを増やしちゃいます。遅めより早めがけんめいですね。

 

そして、チェーンの維持費はそんなに高くありません。交換方法はかんたんな部類です。工具は手頃です。交換用のアンプルピンが若干のお高プライスですね、ははは。

 

パンク修理とタイヤ交換、そして、このチェーンメンテを覚えれば、自転車を長く楽しく乗れます。これにブレーキケーブル、シフトケーブルの交換を加えると、自転車メンテの「いろは」をコンプリできます。

 

その他のメンテ、メンテの「にほへと」=BB交換やヘッドパーツ交換はメンテのためのメンテみたくなっちゃいますしね、ちりぬるを。

 

7-10速用と11速用があるよ、チェーンカッター

 

チェーンの交換の目安は距離ですね。それか、見た目ですか。とはいえ、雨ざらしのチェーンは速攻でさびますね。

 

ママチャリチェーンとエンド

ママチャリチェーンとエンド

 

正味、ぼくの交換の目安はザ・気分ですね。半年ごとぐらいにぼくの中のチェーン交換メーターがぴーんと来ます。結果的に早め早めになりますね。

 

ところで、うちのスポバイは2台です。クロスバイクとミニベロですね。10速のクロスバイクと11速をミニベロです。

 

もともとこれらは3×8速と9速でした。で、当初に何気なく調達したチェーンカッターは~10速のものでしたね。実物はこんなです。

 

で、そこからパーツ交換を繰り返して、ミニベロを11速にしました。はじめての11速です。と、挙句に11速用のチェーンは10速用や9速用より細くなるて事実に後から気付きます。

 

これは当然です。ギアのカセットの幅はほぼイーブンですが、ギアの枚数は着実に増えます。単純に11ギアのおのおのの歯の厚さは10ギアのそれより10%から細くなりますね。

 

左PG1130 11S 右 PG1030 10S

左PG1130 11S 右 PG1030 10S

 

チェーンも同様です。歯に合わせて細くなります。現在のロードバイクの11速カセット用のチェーンは耐久度的にほぼ限界ですね。これよりさらに細くなると、必要な耐久度を保てません。

 

12速、13速化への鍵はカセットの拡大、そして、エンド幅の拡大ですね。

 

で、そんなこんなを後から知りますが、当時のぼくは何の気になしに10速用のチェーンカッターで11速用のチェーンを切って、セッティングしちゃいます。

 

いや、その後でさえふつうに使い続けます。数回から十数回の使用は大丈夫です。そして、悲劇は不意に訪れます。

 

チェンカッターの典型的な壊れ方

チェンカッターの典型的な壊れ方

 

ピンがぱっきん、台座がぐねりんです。無理がたたりましたね~。

 

はたして、ピンぱっきんは三回目ですね。予備のやつと別のやつをすでにだめにしちゃいます。やっぱし、台座が11速のチェーンにはちょっとルーズですね。

 

で、ここの固定がルーズですと、押し込みがもれなく不安定になります。結果、ミスが多くなる。結果の結果、ぱっきん、ぐねりん、ご臨終です。

 

この白昼の惨劇を踏まえて、7-11速用のものを買いました。PWTのチェーンカッター CT-03Rです。

 

PWT 7-11速用チェーンカッター

PWT 7-11速用チェーンカッター

 

11速用、~10速用はいろいろありますが、7-11速用はレアですね。全てのスポチャリのチェーンをカットできます。まさに『さいごのかぎ』なみの応用力です。

 

このPWT CT-03Rのカッターはアマゾンのうれすじのやつです。レビューは好評ですね。

 

実物の質感は1500円にしてはすんごくGOODです。てか、前のやつがヒジョーにチープでした。500円だからね。

 

ちなみにシマノ純正工具は割高ですね。ホイールやコンポほどのコスパはありません。シマノのケミカル、工具はノットフェイバリットですね。

 

だいたいうちのチェーンはSRAMとKMCばかりだし~、ぼくは純正信者でもないし~、KMCはシマノOEMだけど~、ららら~。

 

じゃあ、工具箱を漁ったら、こんなのを発見しました。チェーンのリンクの端切れですね。名もなき8速用のおんぼろチェーンと定価2万弱のKMC DLCの11速用の切り落としです。

 

左・11速用 右・8速用

左・11速用 右・8速用

 

実際に二つを横並びにすると、ギャップを如実に目撃できますね。ぜんぜん幅が違う~。予想よりはっきり知れました。分かりやすい比較画像、アリガトゴゼーマス、ジャンクチェーンブラザーズ。

 

そら、11速チェーンは10速カッターの土台にきっちり嵌りませんわねえ。リンクが遊びますわ。で、8速チェーン、めっちゃ重いな! てか、11速チェーンがきゃしゃやな!

 

で、変速数アップや二台持ちを予定するなら、最初からこの7-11速用のカッターを買いましょう。多分、安いのを買ってむりくり運用すると、近日でぼくと同じ壊し方をしちゃいますから。

 

テストカット寸止めしてみましょうか。

 

8速チェーンセットOK

8速チェーンセットOK

 

11速チェーンセットOK

11速チェーンセットOK

 

はい、OK牧場です。遊びはしませんね。そして、一目にピンのクオリティがダンチですね。ベリーグッドコスパ工具ですよ~。