Cannondale Synapse 2018 定番エンデューロにオールロードのSEが追加


Cannondale、キャノンデールはアメリカのコネチカットのヤンキーファンキーなチャリンコ屋さんですね。コネチカットといえばヤンキー、そして、キャノンデです。最大手トレック、最強スペシャライズドと並ぶアメリカ御三家の一角ですね。

 

キャノンデのアイコンは片持ちレフティフォークですね。BADBOYやSLATEに搭載されます。

 

が、メンテや予備パーツの調達のしにくさから2018モデルの本格MTB系のバイクからこれが消え去りました。レフティフォークの存続の危機です。ファッティフォークもこうして消えちゃいましたねー。

 

ロードバイクのステイタスはこんなですね。

 

  • チーム: Cannondaleドラパック
  • スタンダードモデル: SuperSix EVO
  • エアロモデル: N/A
  • エンデュランスモデル: Synapse
  • TTモデル: Slice
  • 通販: △

 

それから、アルミモデルのCAADシリーズが人気ですね。キャノンデ=アルミフレーム屋さんですから。

 

Cannondale CAAD12 105 11 Road Bike
Cannondale CAAD12 105 11 Road Bike
定価 199468円
VIP特価 139999円

※2017/07/10 22:38:08のcyclingexpressの価格

 

キャノンデのロードバイクのフレームは『ロック』ですね。ダブルトライアングルのホリゾンタルトップチューブです。金属フレーム時代からのおもかげを残しますね。

 

今日のカーボンフレーム全盛時代にはこのオーソドックスなビジュアルはセミ・クラシカルになりますね。自転車界のアメトラです。

 

今回、エンデュランスロードバイクのSynapse 2018モデルがおひろめされました。さっと見ましょう。

 

 

Cannondale Synapse 2018の特徴

 

新型シナプスのビジュアルはこんなですね。

 

 

こいつは事前告知のPVでちらと顔見せしましたが、案の定のダブルトライアングルフレームですね。若干、ステーが内側にしなって、シートチューブの下側がえぐれますね。このデザインは前モデルから大きく変わりません。

 

他社ブランドのデザインのトレンドはステーのオフセットとフレームの扁平ですね。後ろ三角は小さく、チューブはひらべっちゃくなります。古参ファンは「マンボウ」とヤユしますね。

 

キャノンデはこの二つの流れに全く乗りません。CAAD やSuperSixはロッケンロールですし、エンデュランスロードさえがこんなですし、エアロロードはN/A、該当ナシです。硬派路線です。キャノンデさんはがんこです。

 

SpecializedやWillierやPinarelloはエンデュランスロードのハイモデルにはサスペンションを組み込みます。ラピエールはゴムのかませのSATてものを仕込みます。いずれが石畳レースの衝撃用対策ですね。

 

キャノンデはギミックを入れずにフレームの工法で耐衝撃性を高めますね。SAVEてシステムです。ビアンキのカウンターヴェイルみたいなもんですね。

 

このSAVEのロゴがフレームやハンドルバーにずでーんと入りますね。語感がそんなにクールじゃないけど。

 

Synapse の重さ

 

新型Synapse HI-MODのフレーム重量は918g、フォーク重量は372gですね。サイズは56、塗装はなしです。塗装後の目安は950gですね。旧型から200gの軽量化です。

 

これで各社のエンデュランスモデルより軽量なフレームに仕上がりました。エンデュランスで900g台はそう多くありません。スペシャラルーベみたいに別途サスギミック入りが多くなりましたし。

 

スペシャライズドルーべコンプFuture Shock

スペシャライズドルーべコンプFuture Shock

 

廉価版の無印Synapse Carbonモデルは1100g/56ですね。こちらはふつうですね。

 

新型はディスクブレーキモデルのみ

 

新型シナプスの展開はディスクブレーキ仕様車のみです。エンデュランス系はオールロード系に近くなります。グラベルロード的な使い方が視野に入りますね。そのためにタイヤのクリアランスは広めです。推奨最大タイヤ幅32mm+αですね。

 

ディスクブレーキのマウント方式はフラットマウントタイプですね。ローターは160mmです。キャリパーに近い手応えにするなら、ローターを140mmにダウングレードすると、適度にマイルドにできますね。

 

フォークエンドは100 12mmのMaxle、フレームエンドは142 12mm Syntaceですね。MaxleはRockshox=スラム系統、Syntace=X12=DT Swiss系統ですね。シマノはE-thruです。

 

このリアのスルーアクスルのシャフト径は同じであっても、反レバー側のねじ切りのピッチがびみょうに異なります。

 

ですから、フォークとフレームのスルーアクスルの系統を事前にチェックしましょう。まあ、スルーアクスルはフォークとフレームの付属品です。単体で買うのはレアケースですけどねー。

 

男女のジオメトリが統合 トップチューブがサイズごとに最適化

 

サイズ展開は男女共に同一ですね。44、48、51、54、56、58、61の7サイズです。女子は44-54ですね。

 

また、サイズで剛性の最適化が計られまして、トップチューブが大きさごとに異なりますね。44、48は1 1/8のOSストレート、51、54は1 1/4のふつテーパー、56、58、61は1 3/8のちょいでかテーパーです。

 

ヘッドセットの交換がめんどくなりそう、ははは。1 3/8テーパーがくせものですね。汎用はFSAですかねー。1.5じゃないしな。

 

Synapse Hi-MODの価格

 

スポーツバイクの現地価格はそんなに目安になりません。EU価格にはぜいたく税のVATが乗りますし、アメリカではSRAMの価格が適正値ですね。そもそも為替が分からない。

 

Synapse Hi-modのShimano 9170 Dura Ace Di2の完成車価格は10000ドル/10000ユーロですね。国内は1050000円です。

 

BBは安定と信頼のBB30aですね、やった!

 

ホイールがキャノンデのオリジナルブランドのHollowgram SLホイールの新作ですね。リアのスルーアクスルがDT Swiss系のSyntace X12です。案の定、中身はDT Swiss製ですね。

 

1450gの19mm内径の35mmディープのチューブレス互換のカーボンホイールですね。内径だけはクロスバイクのホイールみたいですね。

 

リムのサイズ記載

リムのサイズ記載

 

月とすっぽんですが、ははは。

 

eTapモデルが8000ドル、機械式デュラエースが6500ドルですね。じゃあ、フレームは30万前後でしょうかあ?

 

フロントシングルSYNAPSE SEコレクションが登場

 

海外ではオールロード系の新ジャンルが活況です。各社が意欲的なモデルをどしどし投入しますね。

 

最注目はSpecialized Diverge S-worksですね。ルーベのステム内蔵コイルショックスFuture shockと35mmトラベルのステルスドロッパーポストCommand Post XCPを採用します。ドロハンにドロッパーですよ?!

 

キャノンデールはSEコレクションと銘打ちます。2017モデルのSLATE、レフィティのドロハンのオールロードバイクに続くキャノンデの新カテゴリですね。

 

おなじみCAAD由来のCAAD X、シクロ系由来のCannondale SuperX SEがさきにデビューしまして、エンデュランス由来のSynapse SEがこれに加わりますね。

 

2xのアルテより1xアペックス

 

フラッグシップはULTEGRA R8000モデル・・・ですが、これは新ジャンルでは亜流ですね。

 

「フロントディレイラーlol」

 

て笑われますね。APEXモデルの1xバイクがメインです。実測32mm幅のWTB Exposure 30を搭載するフロントシングル機ですね。もちろん、チューブレスです

 

WTBが積極的にチューブレスのロードプラスタイヤをぞくぞく出します。SchwalbeとWTBがグラベルタイヤのけん引役ですね。

 

シナプスSEは泥除け用とキャリア用のマウントを持ちます。パニエバッグをつければ、バイクパッキング用のイマドキツーリングにできますね。

 

ランドナーみたいなレトロなビジュアルを残しつつ、トレンディーな要素を盛り込めますね。じゃあ、キャノンデールのロードの強みがクラシカルなビジュアルだけみたいに聞こえますけど、ははは。

 

Synapse Carbon Apex 1xモデルは2500ドルです。手頃なオールロードですね。この系統に2xや3xはないよ~。アルテモデルは売れませんね、きっと。

 

なのに、日本版はクロスレシオのフロントダブルしかないてゆうていたらくです、おいおい。105の11-32Tみたいなのはニューロードじゃない~。MTB系パーツを使えよ~。

 

30mmチューブレスタイヤとロード系クロスレシオはディスクロードに毛が生えたようなものですから、がっつんジャリジャリグラベルはちょっと無理ゲーですね。

 

河川敷のダートや草ゾーンを走るのがベストですね。理想はこんなですね。

 

武庫川サイクルロードのダートゾーン

武庫川サイクルロードのダートゾーン

 

もちろん、チャリ通には大活躍です。全天型のアーバンコミューター+週末お出かけにサイコーの一台ですね。ドロヨケをつけられるし。カゴをつけると、あら、モンスターお買い物バイクに!

 

ロード→学校→グラベル→スーパー→グラベル→おうち

 

みたいな夢のはしごが現実のものになりますね!

 

旧アルテの旧シナは台湾の自転車通販サイトのサイクリングエクスプレスにありますね。

 

Cannondale Synapse 3 Ultegra 11 Carbon Road Bike
Cannondale Synapse 3 Ultegra 11 Carbon Road Bike
定価 414995円
割引 37% = ¥155581円
特価 259414円
VIP特価194999円

※2017/07/11 03:44:02のcyclingexpressの価格

 

ホログラムSiクランクとマビックアクシウムでこの価格はまあまあのお値打ちですね~。青黒がきれいですが、在庫は白黒ですね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share