キャノンデール下取りサービスが4月29日よりスタート でも、いろいろ微妙


CANNONDALEがあの手この手でユーザーの囲い込みにやっきです。CUSTOM LAB分割手数料無料キャンペーンに続いて、下取りキャンペーンがはじまります。

 

  • キャノンデール下取りサービス概要
    開始日: 2016年4月29日より
    下取り対象製品: ‐ 仮査定合計金額が20,000円以上であることが必須です。
  • STEP 2
    店頭にて仮査定申込書へ必要事項を記入。
    申込書記入後、買取り代行業者による仮査定(所要時間約10-20分)。
  • STEP 5
    キャノンデール正規販売店で、キャノンデール新車購入。
    5,000円のクーポンを利用して上手にお買い物!

 

てことです。

 

大阪市内の対象店舗はワイズロード大阪、キャノンデール心斎橋、住ノ江のAQUOSOことアクオードの3店舗だけです。

 

分割キャンペーンの対象店舗のラビットストリームは対象外ですね。あそこは系列MOON bikesでアウトレットをしていますからね。

 

気掛かりは下取りの手順です。もちろん、対象店舗が旧バイクを下取りするわけじゃありません。ワイズやキャノンデ心斎橋に古物の免許はないでしょう。査定するのは代行業者です。

 

はて、代行業者? どこの中古屋が来るの? サイクリー? バイチャリ? 良品会館とか? どこ~、めっちゃ気になるわ~。キャノンデールはそこをはっきりせえよ~。どこの買取屋とつるんでるんや~?

 

この正体不明の下取り業者の査定20000円以上と新車購入相談で5000円クーポンがプレゼントされます。でも、このクーポン、申し込み店舗限定で、31日間しか有効期限がありません。そして、キャノンデールの新車購入にしか使えない

 

と、制約がもりもりです。なんか手口がソフトバンクのiPhoneキャンペーンみたいです。お得のようでお得じゃない。まあ、キャンペーンやサービスのすべてがお得じゃありませんけどね。

 

しかし、キャノンデールの持ち出しはいくらだろう? クーポンの印刷代じゃない? とにかく、キャノンデ的にはローリスク、ローコストなキャンペーンでしょう。

 

ネットの利用規約を読まないような人がキャノンデールのネームバリューだけでなんとなく利用しちゃいます、きっと。ここらへんの手法やポリシーが頑固一徹のチャリ屋さんとかにディスられる理由でしょうね~。

 

頑固店主 「あこぎやわ、キャノンデ!」

 

てなもんですわ。

 

カノンデ 「いえ、うちは商売に熱心なだけですねん」

 

てなもんですけど、あはは。

 

現実問題、2万以上の下取り査定はエクストラハードです。高年式のミドルグレード以上、CAAD10からとかでしょうか。そんな人気モデルはふつうにヤフオクかフリマアプリで引く手あまたですけどねぇ。