キャノンデール シナプス2017 ぱっと見エンデュランスぽくないエンデュランスバイク


このご時勢、ピュアな競技用ロードレーサーだけを手がけるブランドはまれです。だいたいのところがいろんなロードバイクをします。

 

スペシャライズド ルーべコンプ

スペシャライズド ルーべコンプ

 

おおまかなジャンル分けはつぎのようになります。

 

スタンダード

エアロ

TT(タイムトライアル)

エンデュランス

 

ですね。もちろん、この分類はブランドごとにまちまちです。スタンダードモデルがエアロだとか、エアロとTTが兼用だとか、そのモデルがN/A=該当なしだとします。が、大半はこの四つになります。

 

スペシャライズドとTREKで見てみましょうか。

 

スタンダードモデル: Tarmac
エアロモデル: Venge VIAS
エンデュランスモデル: Roubaix
TTモデル: Shiv

 

スタンダードモデル : Emonda
エアロモデル : Madone
エンデュランスモデル : Domane
TTモデル : Speed Concept

 

ですね。TREKの基本三種のネーミングはしろうとにはややこしいところですね。BMCはもっとごっちゃですが、ははは。

 

トレンドはエンデュランスとエアロ

 

最近のロードのトレンドはエアロとエンデュランスですね。各社が力を入れて、おもしろい要素を入れますね。もちろん、スタンダードロードが主力ですが、変化や進化が他モデルより控えめです。よく言えば普遍的、悪く言えば保守的ですね。

 

反面、エンデュランスはわりに自由です。エンデュランス=耐久走て意味ですが、ロードバイクの『エンデュランス』はよりロングライド、快適走行向けのコンセプトです。

 

このためにはじめてのロードバイク、一台目のスポバイ、クロスバイクからのバージョンアップに最適だといわれます。

 

たしかに一秒のタイム短縮にしのぎを削る、とか、空力を活かして50kmオーバー/1hを狙う、とかて用途はひとにぎりです。自分のペースでゆったりサイクル、てゆう多数派の満足を満たすバイクがエンデュランスですね。

 

といって、クロスバイクやグラベルほどにマイルドorワイルドじゃありません。快適、楽チンうんぬんの比較対象はスタンダードモデルロードバイクです。

 

Scottの三種のロードフレームのステータスはこんなですね。

 

Scottモデル別イメージグラフ

Scottモデル別イメージグラフ

 

Foil=エアロ、Addict=ノーマル、Solace=エンデュランスです。得意分野は違いますが、四角形の大枠は大きく崩れません。ロードバイク的なステータスです。

 

なので、もちろん、エンデュランスロードはグラベルやクロスバイクよりロード的なバイクですね、あたりまえか。平均速度、最高速、軽さ、そんなのは勝ちます。逆に走破性、利便性、気軽さは負けますね。

 

いわばマイルドロードバイクです。が、各社はこの分野に重点的に力を入れて、スタンダードやエアロの技術をもりもり盛り込みます。他社のスタンダードなみにばちばち走るエンデュランスバイクてゆうのも珍しくありませんね。

 

硬派エンデュランスのキャノンデールシナプス

 

キャノンデールはアメリカ自転車ビッグ3のひとつです。オフロード、オンロード、ストリートの各ジャンルに人気バイクを持ちます。CAAD、Scalpel、BADBOYなんかですね。

 

アルミフレームのレーシングモデルCAAD 12 Black Inc.を出すとか、オーダーサービスのCannondale Custom Labをするとかして通好みの販売方針をしますが、ここのロードバイクのスタイルはコンサバですね。

 

ライバルの数多のエアロとエンデュランスを尻目にしつつ、SuperSixやCAADシリーズのクラシカルなビジュアルを固持します。こんなですね。

 

キャノンデフレーム

キャノンデフレーム

 

エアロモデルはN/Aです。TTバイクのSliceのみが例外的な形状ですね。しかし、よその近未来的なTTバイクよりぜんぜん大人しめです。

 

 

ことさらにキャノンデールはフレームのダブルトライアングルのギャップを嫌いますね。対照的にスイスのBMCなんかは全バイクにこれを採用しますね。iSCがそれですね。

 

ISCオフセットシートステー

ISCシートステー

 

前三角と後三角のトップがずれます。エンデュランスやエアロのフレームはたいていこれをしますね。しかし、キャノンデールのシナプスはこんなです。

 

Cannondale Synapse 3 Ultegra 11 Carbon Road Bike
Cannondale Synapse 3 Ultegra 11 Carbon Road Bike
定価 414995円
割引 37% = ¥155581円
特価 259414円

※2017/04/09 17:34:50のcyclingexpressの価格

 

ごらんのとおりに前後三角のトップはずれません。ステーの軽い曲がりがビジュアル上のエンデュランス要素ですね。

 

このビジュアルはすでにクラシカルなものですね。ぱっと見はふつうのダブルトライアングルのスタンダードロードフレームに見えちゃいます。が、シートステーやフォークの細さ、ヘッド角なんかはザ・エンデュランスバイクです。

 

このシナプスの2017モデルの国内正規品は1割ほど値下がりしました。が、このサイクリングエクスプレスのVIP価格199999円には届きませんね。

 

Ultegraグレードの完成車からクランクがキャノンデホログラムの上位モデルになります。軽量でスタイリッシュですね。音鳴りはご愛嬌ですが、ははは。

 

これとCAAD12SuperSix EVOの3択が悩みどころですね。CAADのアルミフレームの気軽さは魅力的ですし、ハードボイルドなSuperSix EVOも気がかりです。デザインが大きく変わりませんからねー。色と在庫と価格ですか、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share