カンパニョーロのゾンダ2017がProbikekitで37000円!


細タイヤ派のロードチャリダーのみなさんにはバッド悲報ニュース、その他の自転車乗りにはニュートラルふつニュースです。

 

今期のカンパニョーロのゾンダが発表されますが、25Cと28Cには両対応ですが、23Cには非対応です。

 

ZONDA MY17

ZONDA MY17

 

型番のMY17てのは2017と17mmのリム幅の語呂合わせです。うえーんとなるロードチャリダーさんはわりに多数派でしょうか?

 

とにかく、人気のカンパが定番ラインを25C以上にしましたので、23Cはリムブレーキと共にぞくに終わったコンテンツ、おわコンになりました。PS4のでっかい初期モデルです。かび臭いロートル規格です。ナウくありません。

 

手元にあるのを使うのはOKですが、これから買うのはNGです。無意味な無根拠なコダワリです。あさはかな素人考えのインプレッションファンタジーです。卒業しましょう

 

あと、C15ホイールに25CタイヤはNGです。空気の流れのイメージがこんなです。

 

C17とC15リムに25Cタイヤをつけたときの空気の流れ

C17とC15リムに25Cタイヤをつけたときの空気の流れ

 

リムとタイヤのギャップで余計な空気抵抗が生まれます。メーカーの言い分ですが。ほんまかいさ?

 

でも、個人的にリムとタイヤのワイド化は納得の理論です。25C以下のタイヤは圧倒的にきゃしゃです。トラックやコースで走る専用ですね。

 

ツーリング、ロードレース、街乗り、いずれの用途にも28Cくらいが気楽でベストです。

 

たとえば、大阪市の排水溝の蓋の隙間は平均26mmですし、一般的なグレーチングの幅は24mmですので。

 

大阪市内道路排水溝蓋

大阪市内道路排水溝蓋

 

23Cが廃れるのは自明の理です。メリット小、デメリット大です。

 

そもそも23Cがベストだて考え方はここ数年の短期的なものでしょう。23Cはクリンチャータイヤの進歩の一通過点に過ぎません。

 

Windows XPみたいなもんでしょうね。名ソフトですが、さすがに旧式です。メーカーサポートはしれっとフェードアウトしますね。ロードタイヤは30Cまでとんとん拍子で進みますね、きっと。

 

VittoriaのコルサGのグラフェンみたいな新マテリアルがどしどし出てきますし。PBKの2本買い10%オフがお買い得です。

 

Vittoria Corsa G+ Clincher Graphene Road Tyre

Vittoria Corsa G+ Clincher Graphene Road Tyre

定価 7399円
割引 39%
特価 4512円

※2016/10/31 03:18:53 のprobikekit.jpの価格

 

で、タイヤの性能は基本的に下がりませんし、歴史的に細くなりませんし、元気な嫁さんのごとく年毎にどんどんぶっとくなります。

 

ばくだいな予算でかっちかちに整備した道路が津々浦々にあるのは日本くらいです。海外チャリダーはグリップ力、パンク耐性、その他のアクシデントなもろもろを考えると、必然的に太めタイヤをチョイスせざるを得ません。

 

で、タイヤはホイール基準です。23C対応のホイールが減れば、23Cの生産量が減ります、あたりまえです。おそらく今年の生産量がピークでしょう。あとはジリ貧です。そして、あるタイミングでざくっと一気に廃れます。

 

この状況はMTBの26インチと全く同じ運命です。「23Cタイヤがベストだ!」てのは「26インチは不滅だ!」てののデジャビューです。

 

「長らく愛用された規格がそう易々と廃れるものかよ!」

 

廃れます。26インチは瞬く間に廃れました。だって、タイヤ屋とホイール屋がそんなふうに画策すれば、ユーザーは追従するしかできません。

 

「日本の道路状況では23Cのが有利だ!」

 

一理ですね。しかし、MTBの27.5が出始めたころにも、

 

「小柄な日本人には26インチのがベターだ!」

 

て声がありました。さて、26インチのMTBはどうなりました? はい、オワコンですね。これがオワコンでないなら、なにがオワコンでしょう? 堂々の清清しきザ・オワコンです。

 

そもそもメーカーがだんぜん25C推しです。あっちの都合で23Cを旧規格にできます。現代のスポーツバイクのトレンドはストイックレーシングでなく、アドベンチャー、グラベル系ですから。

 

極東の一部のストイックな汗臭いロードチャリダーがわいわい騒いでも、グローバルなトレンドはさっぱり変わりません。日本はチャリ界の中心でも前線でも多数派でもありませんしね。

 

技術は進歩して、規格は古びます。ジエンドオブ23C、そのファーストターニングポイントカウントダウンがこの新ゾンダの発表です。

 

・・・て、ここまで読んでムカッとする人こそはコンサバの23C派ですね。23Cタイヤ、キャリパーブレーキ、ホリゾンタルトップチューブ、デュラエース=ロードバイクて紋切り型のコダワリ派チャリダーでしょう。

 

このスタイルはすでにプチ前時代的です。チャリへのアプローチが2010年頃のちょい古のスタイルですね。トレンドはエンデュランス、コンフォート、ハイブリッド、E-bikeです。

 

現実問題、ここまでの文章のところどころは挑発的ですが、大部分はチャリ界の既成事実です。23Cがこの状態から盛り返すのはまれでしょうね~。

 

ShamalもMilleもワイドリム化です。

 

Campagnolo Shamal Ultra C17 Clincher Wheelset

Campagnolo Shamal Ultra C17 Clincher Wheelset

定価 123518円
割引 25%
特価 92703円

※2016/10/20 16:56:39 のprobikekit.jpの価格

 

つぎはエンデュランス、コンフォートブームです。スポチャリのマイルド化、マイルドロードですね。

 

かんじんのゾンダ2017モデルはまだまだお安くなりませんね。

 

 Campagnolo Zonda C17 Road Clincher Wheelset 2017

Campagnolo Zonda C17 Road Clincher Wheelset 2017

定価 58079-58607円
割引 6%
特価 54448-54999円

※2016/10/31 03:22:10のchainreactioncycles.comの価格

 

同じ金額で100g以上も軽いNeutronを買えちゃいます。

 

Campagnolo Neutron Ultra Wheelset

Campagnolo Neutron Ultra Wheelset

定価 91139円
割引 42%
特価 52450円

※2016/10/31 03:24:50 のprobikekit.jpの価格

 

軽量ローハイトリムのニュートロンだけは23Cを継続するかあ? クロモリの細身のフレームにはこっちのが合いますね。

 

が、なぜかフルクラムのC17は安めです。

 

 Fulcrum Racing 3 Road Wheelset 2017

Fulcrum Racing 3 Road Wheelset 2017

定価 59399円
割引 31%
特価 41248円

※2016/11/02 19:46:04のchainreactioncycles.comの価格

 

2017モデルのシャマルとレーゼロの実売価格差も1万くらいです。性能はほぼイーブンでしょうに~。これでフルクラム派が一気に増えるかなー?

 

zonda 2017でついに3万円台に!

 

一時の高止まりが嘘みたいにゾンダの値崩れが始まりました。PBKで38000円です。

 

Campagnolo Zonda C17 Clincher Wheelset - Black

Campagnolo Zonda C17 Clincher Wheelset – Black

定価 65737円
割引 41%
特価 38642円

※2016/12/06 08:09:20 のprobikekit.jpの価格

 

クーポンコード [B4C5] で追加5%オフの36900円ですね。これでおすすめロードバイクのおすすめホイールナンバーワンがゾンダに返り咲きましたね~。