シャマルC17 ワイドリム化した2017モデルのチューブレス用が83000円


Campagnolo Shamal Ultraはカンパのアルミロードホイールの最高級モデルです。これより上の実売10万円以上のクラスは基本的にカーボンホイールになります。

 

また、特別ブラックカラーバージョンのシャマルミレてモデルがあります。ユニコーンガンダムとバンシィみたいな関係でしょうか。カラパタもそんな感じですね。

 

価格はカーボンホイールに劣りますが、性能は勝るとも劣らず・・・てか、エントリーモデルのカーボンクリンチャーは発展途上のテクノロジーです。今後の伸び代はありますが、完成しきったアルミホイールにはなにかと比較されますね。

 

おそらくチャリ屋さんや競技レベルのプレーヤー、熱心なアマチュアなどなどにシャマルorボーラワンクリンチャーの二択を仕掛けたら、圧倒的多数で「シャマル」といわれます、即答で。

 

で、シャマルを選ばないなら、ゾンダを選びますし、ゾンダを選ばないなら、ホイール交換を延期して、お小遣いを貯めますね。

 

純正→ゾンダ→シャマルてのは磐石のステップアップ踏み台です。ドムのような安定感ですね。鉄下駄→レーシング3→レーゼロもグッド三拍子です。

 

EurusとかNeutronとかのクラス分けはロード乗りにもちょっと難題ですね。Eurusはアルミのセカンドグレードで、Neutronは非G3組みのクラシカルモデルです。

 

いずれがグッドホイールですが、ゾンダとシャマルの人気の煽りを受けて、相対的に不人気ホイールの烙印を押されちゃいますね。げんにインプレッションや購入記録はがくんと減ります。

 

Eurusはシャマルと10gぐらいしか変わらんのに!

 



ワイドリムシャマルのチューブレスレディ

 

カンパの人気ナンバーワンのゾンダより上のクラスにはスタンダードなクリンチャーモデルと2WayFitモデルがありますね。2WayFitはカンパとフルクラムの商標で、チューブレス互換のモデルになります。

 

初心者はチューブラーと混同しますが、チューブラーとチューブレスは別物です。断面図はこんなですね。

 

左・チューブラー 中・クリンチャー 右・チューブレス断面図

 

この3種ではチューブラーが最古参になります。自転車草創期からの伝統の規格ですね。ごらんのように構造が単純です。ホイールの溝に丸い筒状のタイヤをテープや接着剤でくっつけます。100年前の技術で作れます。

 

クリンチャーは現在の一般的な自転車タイヤですね。ママチャリからロードまで広く使われます。ホイールとタイヤの嵌め込み部(クリンチ)のところがチューブラーよりだんぜん複雑ですね。

 

で、これの発展型がチューブレスですね。ミドルクラス以上のオフロードバイクのタイヤとホイールはだいたいこれです。あと、バイクや自動車のタイヤが全般的にチューブレスですね。

 

ホイールとタイヤで空気を密閉します。つまり、ホイールとタイヤの精密さがクリンチャーより重要です。そのために溝の端の部分がクリンチャーより平らになります。

 

定説ではこのタイヤとリムの密着が左みたいにルーズだと、カーカスてタイヤの心材を伝って、エアが漏れます。

クリンチャーとチューブレス

クリンチャーとチューブレス

 

ですから、クリンチャータイヤとホイールをチューブレス化するのは基本的に非推奨ですね。不可能じゃありませんが、空気圧が半日くらいしか持ちません。実際にぼくはミニベロでむりやりチューブレスを試しましたし、ははは。

 

ですから、各社から専用にチューブレスイージー、チューブレスレディタイヤ・ホイールがぞくぞく出ますね。どっちかがチューブレス用じゃないと、実使用がままなりませんわ。

 

つまり、クリンチャーホイール x クリンチャータイヤはチューブレスインポッシブルじゃありませんが、チューブレスエクストラハードですね。ミニベロの451のチューブレスタイヤが出ないかな~。

 

で、シャマルのワイドリムのチューブレス用が出ました。

 

Campagnolo Shamal Ultra C17 2-WayFit Wheelset - Bright Label
Campagnolo Shamal Ultra C17 2-WayFit Wheelset – Bright Label

定価 132976円
割引 33%
通常 89609円
特価 83609円

※2017/04/06 18:18:56 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

SRAM・SHIMANOフリー用の価格です。[B4C75]のコード入力で83000円ですね。2wayがここまで値下がりするのは初ですね。

 

ワイドリム化して、C15モデルより重くなったシャマルやゾンダもチューブレス化で一気にチューブドカーボンなみの軽さに迫れますね。しかも、リムテープ要らずです。

 

ノーマルシャマルC17のリムもスポーク穴なしののっぺらぼうですが、リムのサイド部分が上記のなだらかルーズタイプです。これのチューブレス化はメーカー非推奨ですね。

 

2wayタイプの価格はノーマルより高くなりますが、このセール品はノーマルとイーブンかワンモア割安ですね。

 

シマノ/SRAM分の在庫が消えないうちにチューブレス希望者・愛好者はぽっチンしましょう。ここのところの円高でまたイギリス通販ストアが元気になり出しましたねー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share