Campagnolo Eurus 2way Zonda Shamalに隠れがちなチューブレスホイール


Campagnoloはイタリアのピュアオンロードバイクパーツブランドです。姉妹会社のFulcrumはオフロードパーツを手がけますが、Campagnoloはロード一筋を続けます。

 

変速機関連商品は最近のスポーツバイクのハイブリッド化からやや取り残されて、昔よりさらにコアな一部のファン向けのニッチアイテムになりつつありますね。

 

しかも、クランクが続々の4アーム化でシマノビジュアルに近づいて、ラグジュラリーさを失いました。見た目のしゅっとした感じはキャノンデールのホロウグラムクランクにすら及びません。

 

むしろ、革新のキャノンデールのロードバイクがフレームからクランクから本来の王道的なロードレーサーのエッセンスを色濃く残しますね。もはや貴重な骨太のロードです、キャノンデ。

 

Cannondale CAAD12 3 Ultegra 11 Road Bike
Cannondale CAAD12 3 Ultegra 11 Road Bike
定価 266230円
割引 9% = ¥26231円
特価 239999円

※2017/03/06 12:45:27のcyclingexpressの価格

 

ロードバイク界のドラクエですね。FFやペルソナやテイルズじゃない、ははは。げにキャノンデのロードは筋金ハードロックですね、ぶれない。

 

じゃあ、もうカンパニョーロ=ロードバイクホイール屋さんですね。カンパのドライブトレインのユーザーよりホイールユーザーのが多数派でしょうし。

 

街中でノイジーなハブの音が後ろから迫ってくると、だいたいカンパホイールのロードバイクですね。

 

売れっ子ZONDAとSHAMALの影で忘れられがちなEURUS

 

カンパニョーロのホイールは文句なしのいちばん人気です。そのなかのいちばんの売れっ子がゾンダですね。実売5万以下のホイールのベストロングセラーですね。

 

2017モデルからトレンドを反映して、C15からC17にワイドリム化しました。推奨タイヤサイズは25mm~ですね。フルクラム、マビックのホイールもこの流れになります。

 

で、人気二番手はアルミ最高モデルのシャマルウルトラですね。これは特別モデルのMilleですね。

 

Campagnolo Shamal Mille C17 Clincher Wheelset
Campagnolo Shamal Mille C17 Clincher Wheelset

定価 157255円
割引 39%
特価 95146円

※2017/03/06 13:02:47 のprobikekit.jpの価格

 

ブレーキ性能、使い勝手の良さ、予算のキリの良さを考えると、このクラスに落ち着きます。これ以上のもの=カーボンホイールはまだまだ発展途上です。アルミホイールはほぼほぼ枯れテクですね。

 

ゾンダより安いグレード、セミディープのシロッコ、エントリーモデルのVentoやKhamsinは完成車付きの純正ホイール、メーカーの安ホイールとどっこいどっこいです。

 

ホイール交換の体感の違いをそんなに感じられん! てことで人気と需要は薄くなります。カンパニョーロのアイコン、G3スポークレイアウトの見た目が決め手ですね。

 

ゾンダより上のグレードには二つの隠れモデルがあります。Neutron UltraとEURUSですね。Neutronはクラシカルなロードホイールです。ビジュアルがG3じゃない! てのが不人気です。

 

Eurusはシャマルとゾンダのちょうど中間のハイクラスホイールですね。ゾンダより軽量で、最上位のシャマルより重量です。が、シャマルとの差はせいぜい6gです。価格差は2万前後ですね。

 

お値段の違いはハブの違いですね。シャマルのハブはUSB、ウルトラスムーズベアリングです。Neutronはふつうのカップアンドコーンハブですね。

 

さらに2Way-Fitモデルがあります。Zonda 2017のモデルにはまだチューブレスレディモデルありません。つまり、現時点のカンパの2017最安チューブレスホイール=Eurus 2wayになります。

 

Eurusの2wayモデルは2010からですね。わりに昔からあります。この手の新テクノロジーの浸透度の遅さはロードバイク界のおはこですね、ははは。

 

2wayモデルのシャマル(1475g)とEurus(1485g)の重量差は10gです。かりにEURUSをチューブレス化すれば、前後で100g以上の軽量化を見込めます。カーボンクリンチャーの BORA ONEぐらいの軽さに匹敵しますね。

 

毎年恒例行事でゾンダとシャマルのシマノフリーモデルが真っ先に売れます。必然的にカンパフリーのモデルが通販サイトに溢れますね、ははは。

 

が、そこからEurusやNuetronにしてみようて選択肢はなぜかなかなか起こりません。性能と価格と拡張性を見ると、シャマルに引けを取りませんのに。

 

ハブをメンテで上方修正して、25cタイヤにして、チューブレスに挑戦しようて人はEurusを視野に入れてみましょう。Shaml Ultra C17 2wayの実売が高止まり中です。

 

Campagnolo Eurus 2-WayFit Wheelset - Black
Campagnolo Eurus 2-WayFit Wheelset – Black

定価 111793円
割引 33%
特価 74624円

※2017/03/06 13:31:35 のprobikekit.jpの価格

 

[ B4C75 ]の追加割引クーポン入力で68000円ですね。

 

チューブレスタイヤの選択肢が一年前より増えましたし、ずいぶんと値下がりしました。シュワルベプロワン、Vittoria Corsa speed G+とかが5000円前後ですね。

 

チューブレスの乗り心地のよさは明らかです。一手間を惜しまない人はこの期にロードバイクをチューブレス化しましょう。

 

プロショップがもっと「チューブレスタイヤ講座」みたいなのを率先的にやりませんかね~。あるのはクリンチャータイヤの交換とパンク修理講座ばっかりですわ。

 

啓蒙啓蒙! 発信発信! プロモプロモ! が肝心でしょうに。まあ、ちまたのパンク率が下がると、町のチャリ屋の実入りが減りますが、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share