まだ行ける! C15ナローリムのホイールを4大ブランドからピックアップ


2015年以降のロードバイクのホイール界のトレンドはワイドリムです。それまでの標準だったC15リムがすたれて、C17リムが支配的になりました。タイヤ幅は23mmから25mmへ。

 

ディスクブレーキ、スルーアクスル、チューブレスは移行の途上にありますが、ホイールないしリムはほぼ完全にワイド化しました。

 

 

23ed→25ing→28ill?

 

メーカーの思惑とユーザーの意識は必ずしも一致しませんが、トレンドはジャスティスです。規格は刻一刻と変化します。もはやC15リムはメジャーでなくマイナー、ノーマルでなくナローです。

 

ここから23mmタイヤへの大回帰は現実的じゃありません。むしろ、1モアワイドな28cタイヤが延長線上に浮かびあがります。

 

オンロードのトップレースが激しさを増す・・・てか、よりステージごとのメリハリが強くなります。坂はさらにきつくなり、道はさらに荒くなる。

 

ハードなクラシカルステージでは25mmタイヤさえも盤石じゃない。よりオフロードの機材に近い28mmのチューブレスがおのずと視野に入ります。

 

ロードのCX化ですか。シクロみたいなクリテ走、車体担ぎはなくとも、石畳のがたがたさはかくじつにオフロードです。

 

これは大阪-奈良の激坂国道『暗峠』のピークの石畳です。舗装路ではありますが、フラットではありません。衝撃が手首、ひじ、かたに来ます。

 

峠のゴールの茶屋前 奈良と大阪境界

峠のゴールの茶屋前 奈良と大阪境界

 

コースのメリハリが明確になれば、軽量、エンデュランス、エアロのロードのモデル差がより明確になります。

 

軽量は重量規定で頭打ちです。おのずとトレンドはエンデュランスとエアロに向かいます。UCIの規定改革が先かタイヤとホイールの28mm化が先か・・・

 

しかし、ながらくロードの主役を張った23cタイヤとナローリムホイールはたくさんの愛好者を持ちます。2015年以前にロードバイクを買った人はだいたいそうでしょう。

 

「23cタイヤの予備がまだまだあるぜ!」

 

て、人は少なくありません。お気にの靴下や下着をまとめ買いするタイプです。あなたのおうちの棚の中には予備のコンチネンタルGP4000S II 700x23cがごそっとありませんか? ははは。

 

そんな人たちのために現行モデルからナローリムのホイールをまとめましょう。

 

4大ホイールブランドのナローリム

 

カンパニョーロ、フルクラム、マビック、シマノがロードバイクのメジャーリーグ四天王です。初級者から上級者まで大半がこの4社のリストとにらめっこして、目ぼしいホイールを探します。

 

Campagonolo Neutron

 

一連のワイド化のながれのあおりでC15リムと23cタイヤの用途は通常モードからヒルクラモードへ押しやられました。おおよそ各社のロープロ、軽量モデル=ナローリムです。

 

イタリアの人気メーカーCampagnoloのナローリムモデルはNuetronです。ロープロのヒルクライム特化型の軽量アルミホイールです。

 

 Campagnolo Neutron Ultra (ニュートロンウルトラ) ロードホイールセット 2017
Campagnolo Neutron Ultra (ニュートロンウルトラ) ロードホイールセット 2017

定価 109054円
割引 40%
特価 65186円

※2017/11/13 12:48:24のchainreactioncycles.comの価格

 

そう、リアのスポークの構成がおはこの3×7のMega G3じゃありません。とたんにカンパぽさが薄れます。剛性アップのための補助スポークが原因です。

 

型番に”Ultra”の文字が踊りますが、Neutron Ultraはそのほかの上位のUltraモデルとちがって、ハブはふつうのカップアンドコーンのベアリングです。

 

カタログ外の無印Nuetronは1680gのカンパぽくないロープロナロークリンチャーてさんざんなものです。

 

ZONDA C15やShamal C15はすでに懐かしいレベです。デッドストックや売れ残りは単発にぽつぽつ来ますが、レギュラー在庫じゃありません。

 

Fulcrum RED WIND

 

FulcrumのナローリムホイールはRED WINDシリーズです。アルミカーボンコンポジットのディープホイールてヒトクセのモデルです。

 

現行のノーマルRED WIND、上位版のRED WIND XLRのいずれがETRTO C15です。が、50mm~のディープホイールで、ヒルクラム向きじゃありません。

 

Red Wind 2017モデルの仕様はまだ旧態です。2018モデルのワイド化の余地はあります。

 


Fulcrum Red Wind H.50 Clincher Wheelset
定価 144398円
割引 34%
通常 95211円
特価 89211円

※2017/11/13 13:03:37 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

ちまたのナローリムホイールの需要とはやや離れますね。アルミカーボンコンポジットもアナクロの域に入ります。いまはカボクリの時代ですから。

 

Mavic R-SYS SLR

 

Mavicのナローリムは軽量アルミホイールの最高峰のR-SYS SLRです。2017モデルではKsyrium Pro SL系がナローリムでしたが、UST化の今季からきっちり25-32にワイド化しました。

 

R-SYSの立場ははっきりです。『最強の軽量アルミホイール』です。重量はその名に恥じません。へたなカボクリより軽量なペア1296gです。

 

Exalith2、ISM 4d、前後非対称リムハイト、WTS専用タイヤetcetc・・・て、マビックのアルミホイールテクノロジーの総決算的ホイールです。必然的に価格もオールスターです、ははは。

 

2018モデルから蛇足的な黄色のアクセントスポークがなくなって、いかつブラックな外観が復活しました。マビックはUSTをおしますけど、R-SYSはチューブレス化しません。

 

ところで、MavicのホイールはWTS=タイヤバンドルです。C15リムホイールの中に23cタイヤと25cタイヤのオプションがあります。

 

そして、23cオプションの在庫が・・・ええ、めっきり見当たりません。海外ストアの在庫は25cばっかりです。おまけにカンパフリーだよ。

 

2016モデルのCarnbone 40がほそぼそと売れ残ります。

 

Mavic Cosmic Carbon 40 Elite Wheelset
Mavic Cosmic Carbone 40 Elite WTS Wheelset – 2016

定価 155209
割引 24.5%
特価 117208円

※ 2017/11/13 13:12:34のmerilin cyclesの価格

 

これはナローリムよりさらにナローのC13リムのアルミカーボンセミディープです。推奨タイヤサイズは21mm~ですね。クリンチャーの21mmはレアです。仕様がRed Windより特殊ですね。

 

この特価在庫のタイヤはYksion Pro 23cです。バンドルします。手持ちの23cタイヤを消化するには使えないなあ・・・

 

Shimano RS500,RS700,R9100 C24

 

このC17の全盛の最中、われらのシマノはC15リムホイールを多彩に継続します。Ultegra WH-6800の後継の新型アルテWH-RS500 CLがC15です。

 

 

Ultegraロゴの喪失とRS落ちはざんねんですが、値段から仕様から用途から23cタイヤ派の心の支えです。

 

しかし、中身は先代からぜんぜん進化しません。名実ともにザ・Ultegraである6800の方が魅力的に映ります。少し前まで3万ちょいでしたし。

 

RS700は2ndグレードUltergaへの原点回帰的な新作です。実より名のホイールです。現行のRS81系に近くなります。700はアルミカーボン、770はフルカーボンのDISC版です。

 

R9100 C24はおなじみのDura Aceのヒルクラモデルです。

 

 Shimano Dura-Ace (デュラエース) R9100 C24 クリンチャーホイールセット
Shimano Dura-Ace (デュラエース) R9100 C24 クリンチャーホイールセット

定価 153999円
割引 40%
通常 93124円
特価 91124円

※2017/11/13 13:30:53のchainreactioncycles.comの価格。特価は割引コード [CLEAR2017] を適用した価格

 

これはDura Aceの看板を守り抜きました。ロゴから型番から正真正銘のデュラホイールです。

 

現代のチューブレスコンパチのフルカーボンクリンチャーのながれの中ではカーボンラミネートのピュアクリンチャーはインパクトに欠けます。しかし、旧来の23c派にはドストライクな一本でしょう。

 

発表から1年半が過ぎて、海外ストアの割引率が大きくなって、通販のメリットがようやく活き始めました。反対にR9000 C24の新古品やきれいなデッドストックはめっきり減りました。

 

型落ちのお古かシマノの新品か

 

結局、23c派の選択肢は非常に限られます。『カンパ、フルクラム、マビックの型落ちのお古を見つけるか、シマノのどれかを選ぶか』です。

 

大半の理想ホイールのZONDA C15やRacing 3 C15のラストモデルが2016や2015です。ピカピカの新品を手頃にゲットするのはむずかしいはなしでしょう。

 

4大ブランド以外のホイールメーカーはへんなこだわりをしませんから、はやばやチューブレス、ワイドリムを取り入れます。そして、上記のメジャーモデルたちより割安良コスパです。

 

最後の手段は手組ですね。そこまで回帰しないと、おニューの理想のC15にありつけません。トレンドのざんこくさです。

 

以上のことからC15はすでに気安い汎用品じゃありません。かわり者、こだわり屋、機材マニアのスタイル、派閥、流儀のひとつですね。

 

げにトレンド外のものを愛好するには相応の気構えと工夫をせねばなりません。

 

「デッドストックのきれいなZONDA C15が近所の店で3万円だあ?!」

 

夢のまた夢です。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share