Brand-X Ascend 15000円の無限段階の内装ケーブルのドロッパーポスト


激安の無限段階ドロッパーポストが登場

 

2010年以降でチャリ界最大の革新的なアイテムはなんでしょう? 電動コンポ? ファットバイク? KNOGのベル?

 

はい、間違いなくそれはドロッパーシートポストですね。アジャスタブルシートポストとも称されます。

 

KIND SHOCK ドロッパーポスト プロトタイプ(右奥)台北サイクルショーのプレス用資料より

KIND SHOCK ドロッパーポスト プロトタイプ(右奥)台北サイクルショーのプレス用資料より

 

台湾のサスメーカー、KIND SHOCKの社長が事務イスの上げ下げ機構からこれを思いつきました。天才だあ!

 

もともとの用途はレンタルサイクルのバイク用で、利用者ごとにサドル高を調整しなおす手間を省くための創作便利グッズでしたが、そっちよりオフロードバイクの世界にぶわっと広まりました。

 

下り、グラヴィティ系、パークのライドではサドルは邪魔です。腰はほぼずっと浮きっぱなしです。段差とかジャンプとかでがっつんするときサドルに腰掛けると、ケツ骨にてきめんのアッパーカットを食らいます。坐骨ペイン一直線です。

 

が、ゆるい上りや平地の走行ではシッティングポジションが楽ちんです。ずっと立ちこぎはハードタフネススタミナ削りラーですので。今度は膝ががくがくです。

 

ドロッパーポスト登場以前のMTBラーは場面や状況でいちいちサドルをしこしこ上げ下げ調整してました。

 

クイッククランプ緩めて、ポスト上げ下げして、サドルの左右角度直して、クイッククランプ締めて・・・んー、もすこし高くする?

 

が、ドロッパーシートポストのキラ星のごとき誕生はこのめんどうな工程をレバー一つの簡単操作にしちゃいました。

 

これはクリックリリース以来の超画期的な発明アイテムです。ライドの快適さが別次元にアップします。乗りながらベストポジションを調整できますしね。

 

オフロードチャリダーはKSの社長に足を向けて眠れません。いずれ、ロードバイクにもドロッパーポストは来ますね。

 

フラットロード乗りやクロス乗りはいっぺん使ってみましょう。便利ですよ~。

 

2万以上がざらだった無限段階ドロッパー

 

こんな便利なドロッパーですが、二つの重大な問題点を抱えます。重さとお値段です。油圧にしろバネコイルにしろエアコイルにしろ、500gは行きます。カーボンシートポストの2.5倍くらいの重さですね。

 

でも、ドロッパーの圧倒的な便利さがこのCONポイントを完全にリカバリーします。重さは問題じゃありません。気持ちで片付きます。

 

が、価格、お値段、おプライスはハートの問題でなく、財布の問題です。ない袖は振れません。

 

安いドロッパーポストはあります。8000円くらいです。うちのはこいつですね。TMARSのドロッパー。

 

TMARS ドロッパーシートポスト パッケージ

TMARS ドロッパーシートポスト パッケージ

 

これは悪くありません。が、レバーがちとチープです。

 

TMARS ドロッパーポスト リモートレバー

TMARS ドロッパーポスト リモートレバー

 

あと、段階が固定の3段階しかありません。

 

TMARS リモートワイヤーのストッパー

TMARS リモートワイヤーのストッパー

 

これのタイコみたいなストッパーがバネの力で押し出されて、ポストの穴にかっちり嵌ります。つまり、穴の数=段階数ですね。ドリルでむりやり穴を開ければ増やせます。

 

それから、ケーブルのルートがポストの後ろになって、すこしごちゃっとなります。ボトルケージと干渉コンタクトしますね。ついでにパーツパーツの赤アルマイトがちょっとうざく思えます。MARS=火星の赤か?

 

TMARS ドロッパーシートポスト クランプ

TMARS ドロッパーシートポスト クランプ

 

おや、けっこうな不満が出ますな、あはは。

 

旧来の無限段階のものは2万以上です。これの人気売れ筋はROCKSHOXのリバーブですね。マネーを出せるなら、THOMSON ELITEを買いますか。

 

 Thomson Elite Dropper Seatpost

Thomson Elite Dropper Seatpost

定価 46199円
割引 6%
特価 43311円

※2016/10/20 14:38:46のchainreactioncycles.comの価格

 

ヤグラのとこの加工精度がえげつない! うちのと換えて~。

 

しかも、貴重なポスト差し込み径27.2mmがあります。MTBの主流は30.9mm以上です。うちの愛チャリは30.4mmのマイナー企画です。

 

「でも、ポストに4万も出せん! 手頃な売れ筋のクランプは30.9mm以上や! うえーん」

 

で、TMARSとなったのです。でも、結局、クロスバイクに付け替えましたが。

 

そもそもぼくのドロッパーの用途は街乗りの足付き改善用です。スポーツバイクのサドルを高いポジションにすると、足を地面にぺったん着地できません。

 

信号待ちや低速時の爪先立ちは辛いものです。その改善のためにドロッパーを買いました。これは現在では異例ですが、むしろ、KSの試作ドロッパーの開発当時の本来のコンセプトに近い使い方だと思います。

 

15000円の無限段階インターナルドロッパー!

 

この無限段階のドロッパーポスト界にすごいのが来ました。550gの軽量で、無限段階で、インターナルで、15000円のグッドバリューです。

 

Brand X Ascend Dropper Seatpostです。

 

 Brand-X Ascend Dropper Seatpost

Brand-X Ascend Dropper Seatpost

定価 18479円
割引 18%
特価 15124円

※2016/10/20 14:11:52のchainreactioncycles.comの価格

 

はい、これですね。最大の問題の価格が解決しました。もうこれ一択です。ホビーからレースまでこれでOKです。

 

ただ、案の定、サイズは30.9mmからです、オーマイガー! うちの愛車のフレームには入りません。

 

もうフレームのチューブを削るかあ?! 0.5mmだけ均一にギャルギャル削るてゆう芸当がこのずぼらなぼくにできる?!!

 

できるわけがないッ!