自転車ボルトのサビ実験 実際にチタン、アルミ、鉄のどれが錆びやすい?


悩みの種のボルトのサビ

 

外置きの自転車の悩みはサビですね。素材のむき出しのチェーン、ボルトは真っ先に錆びます。

 

外置き・野晒しの宿命を持つママチャリのチェーンとエンドはだいたいこんなふうになりますね。

 

ママチャリチェーンとエンド

ママチャリチェーンとエンド

 

また、ボルトのネジ穴はいちばんに錆びます。雨がここに溜まると、なかなか乾きません。

 

これは室内保管のマイチャリのボルトです。にわか雨の仕業ですね。

 

リアショックボルトのサビ浮き

リアショックボルトのサビ浮き

 

じゃあ、ここのサビはなかなか落ちません。トイレ洗剤のサンポールで落とせますが、必要なコーティングまで剥離しちゃいます。そして、この無地のボルトはより一層に錆びやすくなります。

 

サンポールにどぶ付け

サンポールにどぶ付け

 

ベストの解決策はチタンボルトですね。チタンは常温で自然湿度でほぼ腐食しません。

 

これはマイクロスバイクのリアのVブレーキです。手前の青ピカがチタンボルトです。同時期に交換した奥のVブレーキのバナナはすでにサビサビですが、このチタンはぜんぜんへっちゃらです。

 

チタンボルト

チタンボルト

 

アルミは同様に錆びませんが、強度の不安を抱えます。ブレーキのワイヤーの留めに使うのは精神衛生的にNGです。

 

チタンの弱点は値段ですね。あと、色が限定的です。こうゆう青みのプリズムぽい色はありますが、きっかりの赤系、黄系は見あたりません。チタンの特性でしょうか?

 

素の色はやや黄色めのシルバーですね。チタン色ですか。

 

シャフトのねじ山にグリスを忘れない

チタンシャフトのねじ山にグリスを忘れない

 

で、今回、このチタンの実力を明らかにします。ボルトのサビ実験です。

 

ピュアウォーターででサビ実験

 

この実験のためにジャンク箱をがさがさして、各種のボルトを用意しました。

 

今大会の主役のチタイン・ボルト選手です。

 

チタンボルト

チタンボルト

 

つぎがアルミのアルマイトボルトコンビです。

 

アルミボルト

アルミボルト

 

三番手は鉄系の安ボルト兄弟です。左は安いハイテン、右はクロモリかステンでしょうか?

 

鉄ボトル

鉄ボトル

 

最後が無地じゃない鉄系ボルトです。

 

ペイントボルト

ペイントボルト

 

左・非鉄系 右・鉄系

左・非鉄系 右・鉄系 でっかいワッシャ付きは棄権

 

ついでに硬貨がゲスト参戦しました。1円=アルミ、5円=真鍮、10円=赤銅ですね。

 

各種ボルト

各種ボルト

 

左からチタン、アルミ、アルミ、鉄、鉄、鉄です。TAATTT、タトゥー!

 

サビの触媒はこんなです。ザ・北摂の天然の雨水。

 

北摂ナチュラル天然水溜りウォーター

北摂ナチュラル天然水

 

外置き野晒しの条件に近づけます。これを霧吹きに注入して、出場選手たちにシュッシュします。ひまなときに加水しまして、サビの発生を見ましょう。

 

一週間後

 

で、一週間後です。さあ、サビはどうなる?

 

一週間後

一週間後

 

あれえ、変化がありません? 錆びやすい銅の10円玉さえが不変です。これは実験失敗だあ!

 

ここですこしげんなりしましたが、水をパワーアップさせて、再チャレンジします。天然水に塩を加えて、ドーピングしちゃいました、ぐへへへ!

 

これをシュポシュポ降り掛けて、アサガオの観察日記のようにいそいそと確認します。しかし、変化は訪れません。濃度が希薄だあ?

 

で、実験をあきらめて、すっかり忘れて、一ヶ月ほど放置しました。で、ひさびさにふと見ると・・・

 

結果

結果

 

サビた! サビッたよ! ワーイワーイ!!

 

10円玉はすっかり青銅化しましたね。もう立派なブロンズセイントです。5円玉にも青サビが出ました。ブーツの鳩目とか財布のボタンのふちに出来るのと同じものですね。

 

 

硬貨さび

硬貨さび

 

チタンボルトは磐石です。新品のようにまっさらピカチュウです。むき出しアルミの1円、アルミ合金アルマイト処理のボルトはぜんぜんぴかぴかです。アルミ、アルミ合金の耐水、耐塩力は優秀ですね。

 

非鉄ボルト

非鉄ボルト

 

こちらは鉄系の着順です。鉄系の右端の長いのが大健闘ですね。これはステンレス型のやつでしょうか?

 

鉄ボルト 右のは健闘

鉄ボルト 右のは健闘

 

無地の安ボルト、ペイント黒ボルトはともにおじゃんです。塩が表面に吹いて、それが触媒になって、酸化がおうせいになって、サビが満開になりますね。

 

つまり、錆びにくさ=表面の汚れの付きにくさ、のような結果です。金属の表面に汚れが残ると、それが結晶の核、サビの種みたいになって、酸化がはかどるようですわ。

 

今回の入手アイテム

 

神錆びたる古鉄の螺旋 x 2 ☆

ボルト x 4

16円

 

でした。

 

おすすめの防錆オイルは大阪のしにせのグリス屋のAZのものですね。

 

 

ホームセンターにはなっかなか見当たりません。KUREの防サビオイルや100円均一のはぜんぜんだめです。このAZ長期防錆が圧倒的にいちばんです。別に自転車専用じゃなくて汎用オイルですしね。