自転車ボルトのサビ取り再チャレンジ! ラッカーで塗装も


外置きチャリのM6ボルトがさびるさびる

 

うちのお買い物用のGINATのクロスバイクは屋外雨さらしチャリです。

 

GIANT ROAM3 カスタムver5

GIANT ROAM3 カスタムver5

 

以前、こいつのVブレーキボルトをサンポールできれいにして、ガスコンロで焼き入れをしました。

 

焼入れボルト

焼入れボルト

 

が、その後の数日でこんなです。

 

数日でもとのサビボルトに

数日でもとのサビボルトに

 

きっちりサビとるがな!

 

せっかくの苦労が水のあわです、はーあ、おもんな。

 

しょぼんとへこみましたが、気を取り直しました。サビ除去&ペイント塗装でリベンジアベンジャーズしましょう。

 

といっても、手法は相変わらずの手持ちアイテムオンリーで、二度目のサンポールと毎度のウレタン用ラッカーの力を借ります。

 

サンポール

サンポール

 

この際、メインチャリのボルトも一緒に洗浄しちゃいます。結果的にこんだけのサビパーツが集まりました。

 

各パーツのM6ボルトなど

各パーツのM6ボルトなど

 

M6ボルトばっかりですね。ねじ頭の六角のくぼみに雨が残ると、即効でサビが出ちゃいます。

 

室内保管してるミニベルのボルトさえがこんなざまですわ。

 

リアショックボルトのサビ浮き

リアショックボルトのサビ浮き

 

これらをサンポールにぶちこんで、しばらく放置して、ちょくちょくかき混ぜます。頃合いに水揚げして、中性洗剤やせっけん水でボルトの表面の酸化反応を中和します。

 

この中和作業をおこたると、近日中のサビ復活劇を見ることになります。しっかりめにやります。

 

せっけん水すすぎ後のボルト

せっけん水すすぎ後のボルト

 

もちろん、用済みのサンポールをそのまま廃棄せず、トイレやバスルームにふりまいて、しつこい汚れをお掃除しましょう。サンポールが浮かばれますし、奥さんがにっこりします。

 

何気に右に見切れたベルのサビが最強でした。

 

 

Vブレーキのパッドをメンテ

 

さあ、ペイントしましょう・・・の前にVブレーキのパッドを見ましょう。リムはピカールでピカピカピカチュウになりましたが、シューはスルーでした。

 

Vブレーキシュー

Vブレーキシュー

 

異物の付着はありませんが、パッドの削れ方がいびつです。ちなみにメーカーはジャグワイヤですから、うん、そんなに悪いパッドじゃないな。

 

これのメンテはかんたんです。アスファルトかコンクリの平らな所でごりごり削ります、包丁研ぎみたいな感じで。

 

今度こそボルト塗装

 

いよいよボルトの塗装に着手します。てきとうなダンボール箱を用意して、ボルトを裏側にばすばすぶっ刺します。

 

ボルトをダンボ箱にセット

ボルトをダンボ箱にセット

 

アマゾンの空き箱です。カスタムにはまると、もれなく空き箱まみれになりません?

 

この状態でパツクリをさーっと吹いて、油分や汚れを落とします。ボルトやワッシャーを寄せ目にすると、スプレー量をけちれます。パツクリももらいもんです。もう一本プリーズ、マイフレンドー!

 

仕上げです。

 

ペイント完了

ペイント完了

 

塗りのきれいさより厚さを意識して、たっぷりスプレーしました。締め付けするときにどうしても削ってしまいますので。

 

念のためにグリスを綿棒でうすくぬって、保護膜を厚くしましょうか。こちらはミニベロのリアショックですが。

 

綿棒でボルトヘッドをグリス塗り

綿棒でボルトヘッドをグリス塗り

 

OKOK グッドジョブりんこです。

 

やっぱり、無地のシルバーのボルトよりこっちがクールですね。でも、むき出しの真っ黒リアショックはすこしいかつすぎますな。

 

FOXかROCKSHOXのステッカーを探しますかね。本体はKSのやすいエアサスですけど、ははは。

 

さて、これがうまくいかなかったら、ぼくのカスタムスピリッツがほんとに今度こそフェードアウトしますよ。やから、ボルトはん、雨にも風にも負けんといてや!

 

本格的な防錆にはAZの長期防錆オイルてのがベストですね。

こちらの検証記事がダントツです。

 

 巷に溢れかえる「防錆剤」、その性能は本物?

 

定番のクレ556が防錆にぜんぜんへっぽこだてのが何気に衝撃大です。今度、ぼくはAZ長期防錆オイルを買いますね。ヤフオクストアのAZ直販品は送料無料ですしね。なにわのメーカーはさすがですわ。