BIKE24でSRAMコンポを購入 使い勝手、評判、配送日数、関税のメモ


ドイツの自転車パーツ通販サイトBIKE24

 

一時の大円安時代が終わったので、相対的に海外ネットがお買い得になりました。といっても、数年前のスーパーセール価格にはまだまだ程遠いですが、はは。

 

そんなわけでドイツのBIKE24でパーツを物色して、2万ほど買い込んでしまいました。

 

BIKE24 ドイツ自転車用品販売ストア

BIKE24 ドイツ自転車用品販売ストア

 

今回、ユーロ決済で支払いました。

 

Shipping and Handling 19,95 EUR
Total sum (inc. 0,00 EUR taxes) 159,11 EUR

 

商品代金140ユーロの送料19.95ユーロの159ユーロで、今月のクレカには19800円くらいで請求が来ました。1ユーロ123円くらいのレートです。多分、ぺイパルより割安です。

 

配送業者は不安なDHL!

 

BIKE24はドイツのストアです。となれば、必然的に配送業者はドイツの業者です。そう、悪名高きDHLです。

 

DHL 評判」の検索結果のネガティブパワーは「西濃 評判」のそれに匹敵します。配送に西濃運輸を使うネットストアて手が止まりません? ぼくは少しなやんじゃいます、うう~んと。

 

しかし、多少のトラブルを覚悟しましたが、カートインから七日ですんなりと受け取れました。

 

DHL-日本郵政追跡記録

DHL-日本郵政追跡記録

 

ドイツ内の輸送はDHLで、日本内の輸送は郵便局です。荷物の種類は一般的な国際小包です。もちろん、対面引き渡しでサイン必須です。

 

「保税運送中」てのは課税対象の荷物が担当地域の関税センターに移動されるときのステータスです。

 

これは飛行機の関係で川崎に着いたものの、そこで通関されずに関空の国際交換局まで輸送されて、そこであらためてチェックされました。

 

この区分はまだお役所の区分で、郵便局の範囲じゃありませんので、アイテムが近くまで来ていても、郵便局の配送の日数はあてになりません。

 

場合によって、ここから通関審査終了まで数日がかかります。高額アイテムは要注意ですね。

 

ちなみに、この保税運送中のステータスが出ると、たいてい関税がかかります。今回は700円でした。

 

159ユーロで関税700円手数料200円

159ユーロで関税700円手数料200円

 

159ユーロ×60%=96ユーロの5~6%? 内訳がよくわかりません。

 

ちなみに手数料は配送業者で変ります。郵政は200円と良心的ですが、ヤマトはふつう、ほかは1000円とかのぼったくりもあります。

 

到着の日数の加減はドイツ側の配送状況によります。空港で1週間放置された、税関から動かない、とかは日常茶飯事です。

 

でも、海外の郵送も数年前より少しましになりましたよ。ゆうちょのてんこもりのじゃぶじゃぶの余剰資金でごっりごっりに整備された日本の郵便網より劣るのは当然ですけど。

 

ここらへんは特定財源のどっさり予算でかっちかちに整備された道路網と同じですわ。インフラのすっごいやつです、マハインフラダインです。

 

円安ドル高ユーロ高で海外通販の冬の時代が長く続いてましたから、wiggleやCRCなんかの大手ストアー以外の購入記事や情報がめっきりなくなってましたけど、雪解けの時期はじんわり近づいてますね~。

 

ものが一週間前後で安定して届くなら、欧州の中小ストアは充分に候補になります。

 

結局、国内のストアのやつも取り寄せやメーカー在庫確認やでなかなか発送してくれません。やっぱり、一週間コースです。